« 営業方針(04/06/19) | トップページ | 事の本質(2004/06/27)  »

ビジネスモデル(2004/06/21)

さてさて、ビジネスモデルの話をするのでしたね。現在、多くの携帯電話ショップでは、価格競争が過熱し、いかに安く売るかを競っています。そんな中、価格はそこそこに、アドバイスやアフターサービスで勝負しているという今の情勢では少し珍しいお店が存在します。
例えるなら…なんでしょうね、東急ハンズみたいなものでしょうか。値段で勝負したら絶対に負けると思います。ところが、何がいいかというとその幅広い品揃えです。コンビニにも同じような事が言えるかもしれません。深夜に物が買えるという利便性を売っているのですね。
まぁ前置きはこの位にして、本題に入りましょうか。携帯電話というハードだけではなく、アフターサービスやアドバイスといったソフト面で他店との差別化を図っています。事前に、電波状況を詳しく説明する、料金システムを解説し、お客さん個々の使用スタイルに合ったプランを提案する、決してオプションは強要しないなど、お客さんが納得して満足してもらえるように努めているそうです。ただ販売価格を値引きする為に、大して使いもしないオプションやパケット割引に加入させる店とは方針が違っていることがわかります。
また、このお店には、他のお客さんがいなければ基本的にオーナーが雑談など携帯話に付き合ってくれます。電話機の操作方法なども快く教えてくれ、年配の方がメモりダイヤルの登録をして欲しいと何回も来店したときも、しっかりと対応していたそうです。
一見、直接は利益に結びつかないと思いがちですが、このようなお客さん第一の対応が、口コミで伝わり、お客さんがお客さんを呼ぶ好循環に結びつくのです。事務所系の小さな携帯ショップですが、遠いところを電車に乗ってわざわざ来店するお客さんもいるとか。やはり、口コミほど強力な宣伝はないと思います。日々の努力が実を結んで、今があるのだと感じました。最近、近所に新しく携帯ショップができるそうですが、オーナーは堂々と構えています。口コミで広がったお客さんのネットワークが、このような自信につながっているのかと思います。こんな商売ができたら、幸せですね。私も、ちゃんと携帯を買うとき(!?)は、このショップにお世話になろうかな。

|

« 営業方針(04/06/19) | トップページ | 事の本質(2004/06/27)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスモデル(2004/06/21):

« 営業方針(04/06/19) | トップページ | 事の本質(2004/06/27)  »