« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

終わってしまうのか…(2004/12/30)

今年もあっというまに過ぎ去ってしまいました。
…定番のコメントですが、そんな感じを毎年毎年、繰り返していくのでしょうね。
これから、一年を振り返ってみようと思います。一日一日、何気なく過ぎ去っていったことの中から、また新たな発見があるかもしれません。
ちょっと時間の流れがゆっくりになる年の瀬、じっくりと自分の歩んできた2004年を振り返る機会を持とうと、そんな気分にもなりますね。
最後の一日、大切に過ごしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車にて(2004/12/06)

電車の中での出来事。
網棚に置いたカバンを取ろうとして、カバンに手をかけ、引き寄せたその時…。
カバンの上を奥にして網棚において、取ろうとした時にそのまま引っ張ったのですが、なんとバランスを崩し、手元でカバンがひっくり返ってしまいました。

これだけだったら別段なんともないのですが、なんとカバンのポケットに入れておいた小物類がいっせいに飛び出したのです。そう、逆さまになったために、マジックテープで閉じていたカバンのポケットのふたが重さに耐え切れなくなったのです。
かなり音をたててあたりに飛び散ったため、周囲にいた他の乗客はいっせいに注目。なかなか恥ずかしかった。…しかし、何よりもよかったのは見られて恥ずかしいものが入ってなかったことですね。

いや、別に普段変なものが入っているというわけではありませんので念のため(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月に夏日(2004/12/05)

珍しく台風が12月に沖縄に接近しました。その影響で、首都圏にも暖かく湿った空気が流れ込み、猛烈な雨と風をもたらしました。
宵のうちには風雨がピークに達し、明け方にも影響を及ぼし、交通機関が一時的に麻痺しました。さて、その台風がもたらしたのはそれだけではなく、なんと温かい風も運んできました。
昼間になっても風は止まず、温かい風を運んできました。12月にもかかわらず、なんと気温は20℃を裕に超え、半袖でも十分にすごせる一日でした。…とは言っても、さすがに夕方になってくると気温が下がり、そこは冬らしい姿をみせてくれました。
12月の観測史上最高の気温だったようで、最近の異常気象ぶりを感じさせる一日にもなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懺悔(2004/12/03)

今日の朝の電車での出来事。
あぁ眠いなぁと思いつつ乗車。いつものように荷物を網棚にのせる。
私のバッグは、底に重いものを入れている関係上、そのまま網棚に放り投げると、ちょうど重いおしりの部分が手前にはみだす格好になってしまいます。
ですが、今までは特に何事もなかったので、気にはしていたものの、特に何も対策はしていませんでした。
ところが今日、事件は起こったのです。

2駅すぎたころでしょうか、ふと電車の揺れと同時に、何か影が目の前を上から下へ通過していったのです。
一瞬何が起こったのかわかりませんでしたが、足元を見ると、自分の荷物と本が…。
そう、私の荷物が落ちて、さらに前の座席に座って本を読んでいた人の手元を直撃してしまったのです。

あわてて本を拾い、謝りました。自分の荷物は幸いにも少しポケットから飛び出たくらいで、その時は特に問題ありませんでした。…が、何駅かして、他のお客さんが、携帯が落ちていると教えてくれました。それはまさに私のもので、バッグのポケットに入れておいたのですが、全く落としていたことに気づきませんでした。

今日は朝から肝を冷やす…というか、本当に冷やしたのですが、そんな出来事がありました。不幸にして私からの迷惑を被ってしまった方へ、この場を借りて謝ります…。穏便な方でよかったです、その後は特に何もありませんでした。いつものように、電車を乗り継いで目的地へ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »