« vodafoneが減っている(2005/02/06) | トップページ | TCA1月(2005/02/07) »

異常事態ですよ、機種変更(2005/02/07)

最近、携帯ショップで端末を購入する機会があったので、その間に店員さんからいろいろと情報をいただきました。どうやら、ボーダフォンの機種変更がほとんど滞っている状態だというのです。いわゆる機種変更センターのようなところが、あまり機能していないのでしょう。…こう書くとかなり語弊がありそうですが、実際のところ、PDC端末はわずか1機種、多くて3機種しか選べない状態になっているとのこと。3Gへの変更はUSIMの関係からか、キャリアショップへ行かないといけないようで、これでは一般の代理店がボーダフォンを勧める理由が見当たらなくなってしまいます。
実際、ボーダフォンで家族割引を組んでいた家族が、機種変更に訪れたけれども、端末の選択肢の少なさに家族ごとauへ移っていったという笑えない話も聞きました。
このボーダフォンの機種変更のシステムって、未だにわかりません。業界関係者なら知っているのでしょうが、消費者からみてみれば、どこの代理店へ行っても同じ価格で拘束されているあのやり方は、いかがなものでしょうか。…確か、昔に公正取引委員会の指導が入ったような気がしないでもないんですが。
まぁ何にせよ、機種変更の端末をろくに用意できないようでは、契約者数が伸びないのも当然です。むしろ、既存のユーザーが離れていってしまうのではないでしょうか。新しく契約する人がいても、結局、機種変更の時にキャリア変えを行ってしまうのであれば、意味がありません。ラインナップも対応もまさに”冬場”を迎えていますが、ラインナップの少なさを反省して機種数を増やした過去の教訓が全く活かされていないような気がしてなりません。そう、まだグリーン社長だったころ、ボーダフォンのブランド化を図るために、1円端末をなくす方針が出されました。どうすれば1円端末をなくせるか、それは、不良在庫を残さないようにすることです。つまりどういうことかというと、不人気機種を作らず、少数精鋭でいく戦略でした。しかし、結果として端末バリエーションの少なさが仇となり、その施策は失敗に終わったという経緯があります。
歴史は繰り返されるのでしょうか…。この先ボーダフォンに春が来るのを、Jフォン時代からのファンとしては心待ちにしています。いや、いっそのこと、ボーダフォンから開放される日を願った方が早いのでしょうか(笑)

|

« vodafoneが減っている(2005/02/06) | トップページ | TCA1月(2005/02/07) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異常事態ですよ、機種変更(2005/02/07):

« vodafoneが減っている(2005/02/06) | トップページ | TCA1月(2005/02/07) »