« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

ドコモPHSから撤退(2005/02/28)

ドコモがPHS事業から撤退の方向で検討しているとの報道がありました。
ついに、赤字事業であるPHS部門を切り離すことにしたようです。
数年前から携帯電話に取って代わられ、早期にデータ通信に特化したウィルコム(前DDIポケット)がわずかに加入者数を伸ばしている以外は、縮小傾向にありました。アステルグループは早くも解散が始まり、サービス終了が相次いでいます。
来月で新規受付を終了し、2年を目処にサービス終了という予定でいるそうですが、まだ確定ではありません。
私もドコモPHSがありますが、いい機会なので、停波までつかってみようかとも思っています。さらに、携帯電話への契約変更の優遇措置などありそうですので、少し期待しています。
PHSでのオトクなファミリー割引を組めなくなるのは、ヘビーユーザーにとって少しマイナスになってしまうでしょうか。…でも、最近は家族でドコモを使っている人はかなり多いようですので、あえてPHSでファミリーを組まなければならない状況にある人が少なくなってしまっているのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

V603SHその2(2005/02/23)

昨日の雪辱を晴らし(笑)、無事に機種変更の手続きを完了し、早速初期設定を兼ねて触ってみました。
ん~、これはすごい。某サイト(2ちゃ○ねる)風に言わせていただくと、「神機」ということでしょうか。あまり期待していなかったテレビ機能も、東京都内であれば、普通の視聴に耐えうる受信状況でした。
携帯いじったのが公共の場だったため、音の出る関係のものはまったく確認していませんが、これから期待しつつ、いろいろといじくってみようと思います。
久しぶりの主力機種の変更のため、慣れるまでに時間がかかりそうですが、これからまた長い付き合いになりそうなので、大切に使っていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ケータイキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!(2005/02/22)

…興奮しすぎです(笑)
ついにボーダフォンのV603SHが宅配されてきました。帰宅してすかさず開封。中身を確認し、いざ開通!しようと思ったら、開通ダイヤルが21時まで。。。すでにその時間は過ぎていました。
しかも今日は一年に一度の特別な日なのに、そんな日にちょうど機種変更だなんてステキー…と思っていたら、こんな結末ですか(´`)
こんなところでボーダフォンの気が利かないサービスを痛感してしまった。今日くらいは気持ちよく過ごしたかったのにぃ。でも22:22にメールしてみたら見事成功した。…え、何でかって、そりゃ画面に2が並ぶからです(笑)
今日は変なテンションになってきましたので、この辺でブログを終わらせていただきます。また明日。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V603SH(2005/02/17)

ボーダフォン期待の2G、V603SHがいよいよ明日発売になるようです。
…しかし、今回は異例とでも言いましょうか、ニュースサイトにて発売確定の報道がまったくなかったのです。
ショップや代理店は、18日から発売開始との情報がいっているようですが、われわれ一般人の耳には入ってきません。ということは、この機種の発売日を知っているのは、携帯に興味を持っているか、この機種を狙って下調べをしている人くらいではないでしょうか。
ボーダフォンのSHシリーズというと、発売直後に機種変更用在庫が一気に売れ、その後しばらくは在庫が無い状態が続くというのが恒例です。2003年6月に、ドコモのD505iよりも早くJ-SH53を発売し、業界初の100万画素カメラ付携帯を発売した時は醜い状態でした。とにかく「初」にこだわったがために、生産体制がままならないままの見切り発車となってしまったために、その後の機種変更用在庫がまったく無い状態に。その後ある程度は改善されましたが、SHシリーズのハイエンド機が発売されるたびに、発売直後は予約を入れないと買えないといった異常現象が各地で頻発するようになりました。まるで、ボーダフォンがおかしくなり始めたのと比例するような感じさえ受けてしまいます。
そんな心配もあり、私も前日にショップに行き、手配をしてもらいました。行きつけの代理店での手続きだったために発売日ではなく、後日郵送という形になってしまいますが、これからの付き合いもあるので出来るだけ行きつけのショップで手続きを行いました。どうせ同じ値段なら、気持ちよく買えるところがいいですよね。
手元に届くのは週明けになってしまいますが、まさか配送センターの在庫までなくなってしまうほどの状況ではないことを祈りつつ、到着を待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしや…(2005/02/15)

中学校以来の友達に会ってきました。
もうこの年になると、飲みに行くくらいしか時間が取れないのが現状ですが、短い時間の中でも楽しく過ごすことが出来ました。
面影はあるけれども、特に女の子はキレイになっててわからなくなったりもしてしまいます^^;
近況を聞きつつ、最近の面白い話をいろいろと聞いてきました。性格からか、いつもは聞き手に回ってしまうので、自分の近況はあまり語ることも無く終わってしまいましたが、まぁいつものことなのでよしとしましょう(笑)
地元で飲んだのですが、こんなお店もあったんだぁという感じで、また新しい発見と懐かしい人に会い、明日からまた日常をがんばっていこうと思った今夜のまるでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドコモダケ(2005/02/14)

従来からのファミリー割引の拡充と、2ヶ月くりこしの家族内分配により、ファミリー割引のメリットが業界ではトップになりました。これを受けてか、ドコモのCMではイメージ戦略に乗り出しています。そう、記者会見のシーンで、「ドコモダケ」というキャラクターを発表するという設定のCMです。「ドコモダケ」というフレーズをCM内に頻繁に使う事によって、「このサービスはドコモにしかありません」といったイメージを持って持たせるような戦略なのでしょう。
ところがこのドコモダケ、キャラクターのかわいさもあってか、巷の評判はなかなかよいようです。ドコモグッズとしてドコモショップあたりで売っても、それなりに売れそうな、そんな予感がします。
さて、肝心のファミリー割引の内容は、ちょっと調べてみましたに掲載する予定ですので、よろしければご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スキーってきました(2005/02/12)

今シーズン初のスキーにいってきました。長野戸狩へ。
夜行バスでのツアーで行きましたが、やはりシートでの睡眠は慣れないもので、翌日は腰の痛みを眠気を残すことになりました。
…そんなこともありましたが、いざ滑り出すと忘れてしまうものですね。まだまだスキーはうまくないので、いつか機会があったらしっかりと教えてもらいたいな。
スキー場のコンディションは最高で、夜~朝にかけて雪が降り、昼間には止んでいました。朝方には新雪が積もり、気持ちよく滑ることができました。コブのコースもひざくらいまで積もっていたので、うっかりコケたときには埋まってしまい苦しかったです。
大学時代の友達と予定を合わせて行ってきましたが、これからますます集まる機会もなくなってきそうなので、こんな時間を大切にしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FOMA700i(2005/02/09)

ドコモはここへきて新機種ラッシュです。3月は年度末ということもあり、契約者が大きく動く月でもあります。それを見据えてか、FOMAの廉価モデル、700iを投入してきました。一月前から発売するのも、市場への浸透期間を見越した早めの対策ということも見えてくるような気がします。最近はauも勢いがあるので、それに押されないためにも、端末ラインナップを拡充して、年度末商戦に挑みたいというドコモの思惑もあるのでしょう。さて、他勢力であるauやボーダフォンはどう出てくるでしょうか。これからも携帯電話業界の動向から目が離せません。

ところでこの型番、末尾が0からですね。FOMA900シリーズの時は、「0」からのスタートという気持ちで、あえて901としなかったらしいのですが、今回700シリーズも、0から型番を振っていくようです。これにはどんな意味がこめられているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fって在庫が薄い!?(2005/02/08)

いきつけのショップの店員さんから聞いた話ですが、Fの端末はキャリアにかかわらず、…というか、富士通はドコモにしか携帯端末を供給していませんね…そのF、ショップに来るファクスには常に在庫薄、または入荷未定となっていて、品薄が続いているようです。ちまたの話ではFがバカ売れっていうことは聞いた事が無いので(Fの関係者の方々、すみません…)、生産数を厳しく管理しているのでしょうか。確かに、あまり売れないのに大量に作ってしまったら、すぐに値下がりしてしまうのは目に見えています。ただでさえ、日本の携帯端末の価格は異常なまでに安いので、これ以上値崩れを起こされてはたまらないというのが端末メーカーを含む業界関係者の本音ではないでしょうか。…大人の事情って難しいです。
(おそらく、大型店ではそれなりの在庫があるかと思われます。あくまで、他の端末に対して「比較的」在庫が薄いということをお伝えしたかったということを御理解ください。小さいお店なので、何かとあるようですが…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TCA1月(2005/02/07)

ついに大幅純減。月間純増数では業界最下位のマイナス58700契約という大惨事を招いた先月のボーダフォン。1月はツーカーも純増を続け、携帯電話キャリアでは唯一の大幅純減に転落してしまいました。
12月からCEOに就任した津田氏の退任もTCA発表日と同時に報道され、今日の携帯業界の話題をさらっています。
しかし、いくらなんでも体勢が変わりすぎではないでしょうか。いまいち会社としての方針が見えてこないのが率直な感想です。また、いつもの記者会見の時には、「これから出る端末が出揃えば良くなる…」といつも言っておきながら、ふたを開けてみればそれほどの結果が出ていないという印象です。現に、今冬の3G端末が出てくれば、状況は変わってくるとしていたのですが、1月のこの結果です。散々でした。世界共通のスケールメリットを強調するのもいいと思いますが、あまりに固執しすぎているような気がしてなりません。英国本社の技術水準にあわせて日本の端末もダウングレードになってしまっているとさえ思ってしまいます。結果として、英国本社はコストメリットを享受できそうですが、かたや日本では、少しは安いだろうけど全く違う操作体系の異国情緒漂う端末を売り出し、果たしてマスを相手に十分に満足させられるかというと、そうではない気がします。
本社に振り回されてはいないと言っていますが、コストメリットだけのために、日本で培われ多くのユーザーに浸透している操作体系をわざわざ捨ててまで、ボーダフォングループ共通の端末を開発することは、果たして日本のユーザーにとってどれだけプラスに働くのか全く見えてきません。むしろ、操作感がわからない、直感的に操作できないetc.デメリットの方が大きいように感じます。
ようやくPDCの新端末発売という少し明るいニュースも飛び込んできた矢先の出来事ですが、まだまだ厳しい道のりが待っていそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

異常事態ですよ、機種変更(2005/02/07)

最近、携帯ショップで端末を購入する機会があったので、その間に店員さんからいろいろと情報をいただきました。どうやら、ボーダフォンの機種変更がほとんど滞っている状態だというのです。いわゆる機種変更センターのようなところが、あまり機能していないのでしょう。…こう書くとかなり語弊がありそうですが、実際のところ、PDC端末はわずか1機種、多くて3機種しか選べない状態になっているとのこと。3Gへの変更はUSIMの関係からか、キャリアショップへ行かないといけないようで、これでは一般の代理店がボーダフォンを勧める理由が見当たらなくなってしまいます。
実際、ボーダフォンで家族割引を組んでいた家族が、機種変更に訪れたけれども、端末の選択肢の少なさに家族ごとauへ移っていったという笑えない話も聞きました。
このボーダフォンの機種変更のシステムって、未だにわかりません。業界関係者なら知っているのでしょうが、消費者からみてみれば、どこの代理店へ行っても同じ価格で拘束されているあのやり方は、いかがなものでしょうか。…確か、昔に公正取引委員会の指導が入ったような気がしないでもないんですが。
まぁ何にせよ、機種変更の端末をろくに用意できないようでは、契約者数が伸びないのも当然です。むしろ、既存のユーザーが離れていってしまうのではないでしょうか。新しく契約する人がいても、結局、機種変更の時にキャリア変えを行ってしまうのであれば、意味がありません。ラインナップも対応もまさに”冬場”を迎えていますが、ラインナップの少なさを反省して機種数を増やした過去の教訓が全く活かされていないような気がしてなりません。そう、まだグリーン社長だったころ、ボーダフォンのブランド化を図るために、1円端末をなくす方針が出されました。どうすれば1円端末をなくせるか、それは、不良在庫を残さないようにすることです。つまりどういうことかというと、不人気機種を作らず、少数精鋭でいく戦略でした。しかし、結果として端末バリエーションの少なさが仇となり、その施策は失敗に終わったという経緯があります。
歴史は繰り返されるのでしょうか…。この先ボーダフォンに春が来るのを、Jフォン時代からのファンとしては心待ちにしています。いや、いっそのこと、ボーダフォンから開放される日を願った方が早いのでしょうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vodafoneが減っている(2005/02/06)

最近の携帯電話純増数を見ていても、ボーダフォンの低調振りがはっきりとうかがえます。
12月に至っては、純減を続けていたツーカーが復活の兆しを見せ、同時にボーダフォンが純増数を大幅に減らし、ついには月間純増数4位転落という惨事を招いてしまいました。
集計上では、ボーダフォンも純減にはなっていないのですが、インターネット対応端末が減っています。つまり、通常契約の解約台数をプリペイドの純増数で補填しているといった状況。これはかなり厳しいものがあるでしょう。契約台数が飽和してきているとはいえ、まだまだ成長の余地がある携帯電話業界で、しかも3Gを展開しているキャリアがここまで失速していていいのでしょうか。
3Gの話が出てきましたが、ボーダフォンは3Gでは”後発組”に入るでしょう。いわゆる2強であるドコモとauがリードしている状況です。ボーダフォンはあえてサービスインを遅らせてまで3Gの規格を最新のものとしてサービスを開始したのですが、今になってさえ、ドコモの初期の頃とあまり電波状況が変わらないといった声も聞こえてきます。ドコモがN2002やP2101Vで苦戦していたときの環境とあまり変わっていないのではないでしょうか。
”後発組の利点”を十分に生かしきれていないという印象さえ受けてしまいます。ボーダフォンという全世界的キャリアだからこそ、外国と同じような方針で固めてしまっているため、日本では成功していないのではないでしょうか。営業方針は基本的に英国本社が握っているという話をよく聞きます。ある程度の裁量は認められているのでしょうが、今回発売になった3G端末をみても、世界標準の操作系に統一されているようで、われわれ日本の端末を使い慣れたものにとって見ればまさに異国の端末のように見えてしまいます。
イマイチ方針がはっきりしないボーダフォンですが、auとドコモが激戦を繰り広げている中、取り残されないようにがんばって欲しいものです。J-PHONEとauがシェアを取り合っていたあの時の勢いは、今はありません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

au入れ替え(2005/02/01)

今日、ちょうど年割が1年になったので、auを解約してきました。実際はメインで使っているわけではないので、電話番号が変わっても支障はありません。そんなわけで、今度は先日購入したA5406CAで、やっていきたいと思います。業界最高の320万画素の実力をみてみたいですね。…それが目的ならいいかげんデジカメ買えよと言われそうですが。いやいや、携帯についているということがいいんですよ。意味わからないですね。まぁ趣味というのは一般の人から見てみると意味わからないことも多々あるということなので(笑)

ボーダフォンもV603SH発売するしドコモも901シリーズが出たので、もしかしたら前代未聞、ひと月で3社一気に機種が入れ替わるかもしれません。
…いろんな意味で大変だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »