« のんべぇ(2005/03/13) | トップページ | 最も数字が動く月(2005/03/15) »

名言の話(2005/03/14)


巷には、有名人、偉人の名言をつらつらと表示するスクリーンセーバーがあるようで、それが設定されているパソコンの前にいる機会があったので、ボーっと眺めていたら、いろいろと面白いものや、へーっと思ってしまうようなものもありました。
おまえのものはおれのもの。おれのものもおれのもの。
…ひらがなで書くと、すもももももももものうち、みたいに見えてしまいますが、これ、ドラえもんに登場するジャイアンの名言ですね。こんなのも入っています。
↑っていうのはうそです(笑)実は後で自分で入力できるので、気に入った名言を自分で入力してやればいいわけですね。
また話が逸れてしまった。そのスクリーンセーバーを眺めていたら、こんな名言が出てきました。

フランスの哲学者、ヴォーグナルグの名言です。
”生まれつき確固たる物を持ち、反省によって柔軟になるのはよいことである”
と。
まさにそう思います。
生まれつき…というのはどうしようもないところもあって、何とも言えませんが、確固たる物を持つというのはつまり、自分の基準を持つということ。全ての物事の判断は自分の中のものさしによって決められる事がほとんどでしょう。…たまには人の助言に従う事もありますが、それに従うかどうか決めるのも、自分の確固たるものさしに照らし合わせて、適切だと思ったから採択したと解釈できるでしょう。
そして、柔軟な考えを持っていること、つまり柔らかい頭をもっているということですね。某学習塾に言わせると、マルイ頭とでも言いましょうか。結果から反省点を見出し、柔軟に対応していくということは、常に向上していくことにつながると思います。
しかし、いくら確固たる物を持っているといっても、それに柔軟性がなければただの頑固なカタブツになってしまいますし、外からの刺激に何の抵抗もなく受け入れていたら、ただその場に流されるだけになってしまいます。
ちょうどいいところがいいということも、大切ですね。どちらかに偏っても、いい結果は得られない、まさにシーソーのような関係とでも言えましょう。
哲学者は、人間をよく見ていますね。人から起きる全てのコトに目を向けて、その本質を突いているような気がしてなりません。

|

« のんべぇ(2005/03/13) | トップページ | 最も数字が動く月(2005/03/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名言の話(2005/03/14):

« のんべぇ(2005/03/13) | トップページ | 最も数字が動く月(2005/03/15) »