« 名言の話(2005/03/14) | トップページ | 問題な日本語(2005/03/16) »

最も数字が動く月(2005/03/15)

さて、毎度の事ですが、あっという間に一年は過ぎてしまいます。車業界もそうですが、年度末というのは決算のときでもあるので、数字が関係してくるところでは、追い込みの時期かと思います。携帯業界とて例外ではありません。毎年、3月は多くの契約者数が見込まれます。
年度変わりということで、新生活を始める人、進学する人etc.生活環境が大きく変わる時期でもあります。そんなきっかけで、新しい携帯を買う人、キャリアを変える人が多くなるのです。
さて、そんな3月ですが、私はまだ業界の人と接触していないので、現在のところの状況はよくわかりませんが、私の予想では、ドコモが逃げ切るのではないかと考えています。
最近勢いのあるauも大幅な純増を稼いでくると思われますが、2月からのラインナップの充実を図ったドコモが、多くの客層から新規契約を獲得するのではないかと読んでいます。…もはやツーカーやボーダフォンは純増数争いに食い込めるような状況ではなくなってしまったような感があります。
今でこそauのブランド力も上がってきて、NTTだから安心といった理由でドコモを選ぶような人は少なくなってきたようです。2006年に導入予定のナンバーポータビリティを占うような動きになるのではないかと、今月の契約者の動きに注目していきたいと思います。

|

« 名言の話(2005/03/14) | トップページ | 問題な日本語(2005/03/16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最も数字が動く月(2005/03/15):

« 名言の話(2005/03/14) | トップページ | 問題な日本語(2005/03/16) »