« auパケット料金改定その2(2005/03/29) | トップページ | 年度末(2005/03/31) »

何で携帯2台なの??(2005/03/30)

…って人に聞かれたとき(本当は2台じゃないですが)、最近はもっともらしい理由がみあたらなくなってしまったので、「趣味です」と答える事にしています。でも、そういうと、怪しいとか、闇取引をしてるとか、二股かけてるとか、あらぬコトを言われるわけです。…困ったもんですねぇ。
さてさて、昔はどう答えていたかというと、「料金の節約」と答えていました。主にそれは、メール料金です。現在は、メールはパケット通信になり、システムは3Gに変わり、パケット単価が非常に安くなっているので、いくらメールを気合入れて打ったとしても、そんなに料金が跳ね上がるということはありません。しかし、携帯電話でメールができるようになった当初、先進的に導入してきた当時のJ-フォンは、Eメールを受信できるようにするだけで、受信料こそ無料であれ、月額700円が必要でした。しかも、スカイメール×3の容量での受信量だったため、PCからなのにわざわざ短いメールにして送ってもらったりもしていました。
さて、昔話はそのくらいにして、iモードも普及し始め、インターネットメールが徐々に浸透してきた頃、当初からメール受信無料を謳ってきたJ-フォンを受信専用にし、送信はドコモシティフォンのショートメールとしたのです。メイン回線はJ-フォンなので、サブとしてシティフォンを契約しました。そうすると、J-フォンで1往復すると5円のところを、シティフォンで送信し、J-フォンへ返してもらえば、1往復2円ですむわけです。つまり、1通3円浮くわけですね。そして、月に1000通でも送れば3000円にもなってしまうので、十分に元がとれる計算になります。
シティフォンで送信というと、文字数こそ制限がありますが、若者のメール(私も若かった(笑))は短い文面を頻回に送るスタイルでしたので、1通○円という料金体系だった当時のメール料金はばかにならない金額でした。
そして、通話料の安い方から発信すればよいので、さらに料金を浮かす事ができますね。
まぁ、個人的な使い方にたまたまマッチしただけですので、ここで詳しく説明したら恐ろしい文面になってしまうので、簡略して紹介しましたが、……ん、これを書き始めたのはそんなことを紹介するためではなかったですね。つまり、最近は2台持っても、割引サービスが充実しているので、2台分の基本料金等を相殺するためには、よほどの事情がない限りありえなくなってきてしまっているということですね。結論はそれです(笑)

|

« auパケット料金改定その2(2005/03/29) | トップページ | 年度末(2005/03/31) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何で携帯2台なの??(2005/03/30):

« auパケット料金改定その2(2005/03/29) | トップページ | 年度末(2005/03/31) »