« 初夏の陽気(2005/05/01) | トップページ | のこいのこ(2005/05/03) »

プレゼンテーション(2005/05/02)

人のものを見てアラが見えてくるのに、自分のものは完璧だと思っているものの一つに、プレゼンテーションがあるような気がします。最近はいろんな人のプレゼンテーションを見たり、逆に自分のプレゼンテーションを見てもらったりしているため、そんな感想を抱きました。
難しいからこそ、その手の本もたくさん出版されているのですね。要は、いかに人にわかりやすく伝えるかということを主眼に作っていけばいいのですが、何分、自分はその中身について知っているために、相手が知らない事という前提が抜け落ちてしまう事が多々あり、それがプレゼンテーションの良し悪しにつながってしまう事も多いようです。
また、発表の練習をしていて気付いたのですが、いかに素晴らしいスライドを作ったとしても、発表の場でぎこちなかったり、うまく話せなかったりすると、その発表の価値はぐんと下がってしまうのですね。カツゼツの良い発表を心がけたいです。
カツゼツの良さといえば、のこいのこさんでしょう。彼女の歌を聴いたときは、ある意味で耳を疑いました(笑)日本語ってここまではっきりしゃべれるものなのかと。その話題はまた後日。

|

« 初夏の陽気(2005/05/01) | トップページ | のこいのこ(2005/05/03) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレゼンテーション(2005/05/02):

« 初夏の陽気(2005/05/01) | トップページ | のこいのこ(2005/05/03) »