« 駆け込み乗車(2005/06/17) | トップページ | 平日朝に40km(2005/06/20) »

車掌さんお怒りです(2005/06/18)

先日、JRの車掌さんが駆け込み乗車に対してお怒りの車内放送を流したことについて、記事にしてみました。たまたまその日、私が乗った私鉄列車でも、同じようなお怒りの車内放送がありました。
電車が停車駅に入り、これから減速しようとしていた時のこと、突然警笛を鳴らしながら電車は急ブレーキをかけました。「急停車します、おつかまりください」との自動放送が流れ(最近の新型車両は、急ブレーキをかけると自動的に放送がかかるようになっているらしいです。私もはじめて聞きましたが)、その後ブレーキは緩み、所定の位置に停車しました。
どうやら、電車到着時に、ホームで待っていた客が、白線を越えていたために、運転士が急ブレーキをかけたようです。
何事もなく扉が開きましたが、その直後に、車掌さんからの車内放送がありました。

電車到着前に白線の外側に出ることは大変危険だということ、また急ブレーキにより車内の客が転棟するなどの危険が生じること、急ブレーキをかけたことに対して車内の乗客へのお詫び、の旨の放送をかなり強い口調で言っていました。

最後の一文は、ホームで白線を越えていた客へのあてつけのように言っていた感がありましたが、これくらい強く言わないと、乗客はわからないのだと思います。このようなお怒りの放送は初めて聞きましたが、最近の鉄道事故のこともあってか、安全対策にはピリピリしているのかもしれません。
JRの駆け込み乗車の件も含めて、やはり乗客の認識がまだ甘いのではないかと感じました。駆け込み乗車や白線の外側にいることの危険性をどれだけ認識しているのでしょうか。これで事故が起こった場合でも、まず初めに鉄道会社の安全管理に矛先がいくでしょう。利用者が文句を言うのは簡単です。しかし、鉄道会社側が、毎日どれほどの苦労をして安全運行に努力しているかを知っていれば、そんな行動はできないはずです。もう少し、モラルのある行動をとってほしいものです。

|

« 駆け込み乗車(2005/06/17) | トップページ | 平日朝に40km(2005/06/20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車掌さんお怒りです(2005/06/18):

« 駆け込み乗車(2005/06/17) | トップページ | 平日朝に40km(2005/06/20) »