« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

自転車に乗って(2005/06/30)

以前、平日の朝に40km走っていますと書きましたが、夏の長期旅行のための体力強化が一つの目的でもあります。往復すると80km程度ですね。
こちらの姉妹ページに自転車旅行記を掲載してありますが、今年も旅に出たいと思い、前々からある程度自転車に乗って慣れておこうかなと思っています。
…普段から自転車には乗っているのですが、最寄駅までの10分間を猛ダッシュしている状態なので、とても体力を維持できません。毎日、あえて坂道を通っていくようにもしているのですが、それでも体力低下は否めません。というのも、平日は専らデスクワークが中心なので、とても満足に運動できるものではありません。…糖尿病や高血圧の方が、運動療法に苦労しているのもわかる気がします。
そんな事情もあり、旅行のシチュエーション(一日80~150kmの走行)を想定して、事前に走り慣れておくことは重要だと考え、週に1回程度のペースで走っています。少しは成果が出てきたのか、いつも坂道で測っているタイムも、少しずつよくなってきています。真夏のガンガンに照りつける日差しの中で走るという環境は、今よりも自転車にしては劣悪なコンディションになりますが、それにも耐えられるように今のうちから体力をつけておきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

データベース~その3(2005/06/29)

さて、そのデータベースの中身で勝負ということで前回は書きましたが、何の勝負だ?と気になる事も多いかと思います。
ここで詳しく言うことはできないのですが、医療関係情報…とだけ申し上げておきます。
そんなものを作っているわけですが、相手が自分の知っている事を知らない、ということを把握するのもなかなか大変です。しかし、そこが人に物事を教えるときの得手不得手につながってくるように思うのですが、心理的に「自分が知っている=当然相手も知っているだろう」的な発想は、普段日常でも多い事でしょう。しかし、専門的な内容を一般の人に伝えるという作業は、簡単なようで難しいですね。同業者ではあたりまえとなってしまっている認識でも、一般の人たちにとってはまったく知らないことであったりするわけです。
さらには、異なった認識を持っていることもよくあります。つまり、前提が違うわけですね。それがどの程度のものなのか、さらに、どういった認識をもっているのか、さらには、その認識にはかなりのレベルのばらつきがみられますので、どのような分布になっているのかまで把握できれば、かなりの指針になると思うのですが、実際問題としてそこまで調査するわけにもいきませんので、製作者がどれだけ想定できるかというスキルにかかっているのではないでしょうか。そこに、教える事の上手さが隠れていると思います、きっと。

世の中には、専門用語を羅列して、物事を意図的に難しく言う人もいますが、本当に相手に対して理解してもらいたいと思っているのであれば、そんな話し方はしないはずです。結局、そのような人は、難しく言うことで相手の理解を抑え、自分が心理的に優位に立ちたいという自己欲求にのみ支配されていると言っても過言ではないでしょう。
と、偉そうなことを書いてみましたが、口だけで実を伴わないと言われないように、普段から気を付けている…つもりです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

データベース~その2(2005/06/27)

Linuxと格闘しつつ、さらにMySQLとphpを使って、データベースを構築しています。現在は数レコードで、基本となる骨格を作っている段階です。
サーバーサイドのプログラムとして、以前CGIに触れたことがあり、掲示板やアクセスカウンタに採用しています。今回はphpを採用してみることにしました。CGIでもできるらしいのですが、MySQLとの組み合わせを多く見かけることと、オブジェクト指向のプログラミングができるという点からも、JAVAを扱ったことのある筆者にとってはとっつきやすい言語でした。
実際には、いろいろなサンプルプログラムを参照にして、とってきて改良して張り付けるといった作業なので、実際に一からプログラムを書いてみろと言われると全くできませんが、組み立てることなら問題ありません。…英語の並び替え問題は出来るけど、記述式はできないといった感覚でしょうか(^^;)
そんなこんなで、いろいろなことにあっさりとつまずいている状態です。
システム構築が本題ではなく、そのデータベースの内容で勝負をかけているので、難しい部分は専門家のアドバイスをもらえばいいのでしょうが、自分である程度できる部分については、やっていきたいですね。完成した後も、メンテナンスが必要ですから。
…コンピュータって難しいですね。ホント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

データベース~その1(2005/06/24)

最近、データベースを構築しています。
現在は、データそのものの構築というよりも、その前段階である、システム構成(専門用語では何と言うのでしょうか…)を立ち上げています。
組み合わせは、現在のデータベースのメジャーラインとも言われる、Linux+MySQL+phpです。
筆者自身、初めてコンピュータを触ったのがWindows95であったので、そんな人間にとってLinuxというのはまさにまったく別の機械に見えてしまいます。そもそもアプリケーションのインストールという作業ですら、どうやったらいいのかわからず、また、サーバーとしての細かい設定がたくさんあり、セキュリティに関してもかなりの知識が必要になるのではないかと感じました。…これじゃインターネットでこま切れの情報を探すよりは、何か専門書一冊買って、それに従った方が早いような、そんな気さえしてきました。
Windows関係でつまずいたときは、ネットを探せば多くの情報があり理解もできるのですが、ことLinuxとなるとちんぷんかんぷんです。書いてある内容をさらに調べ、その先でもまた調べ…と繰り返しているうちに本題から大幅にそれてしまったりと、とりとめのない状態になることもしばしばです。
と、そんないらぬ苦労をしながら(いや、いらぬってわけじゃないですね。これが積もり積もってスキルとなっていくのですが…)、日々LinuxというOSと格闘しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このブログについて(2005/06/22)

ふと疑問に思ったこと。
一応、このブログのタイトルは「まるの不定期更新日記」となっています。つまり、呼んで字の如く日記なわけですね。5月の中頃は携帯の発表があり、HPを開設している関係で、特集を組んでみました。その頃からアクセス数がかなり上がってきました。…2ちゃんねるからのリンクがあったので、その関係もあるかと思いますが…携帯電話関係の情報にはニーズがあるようです。そんなことを改めて言われなくても当然のことですね(^^;)どこの誰だかわからない人の日常の1ページなんてあまり興味のない人のほうが、どちらかというとマジョリティーだと思いますので。。。
と、またいつものようにとりとめのない話題をブログに撒き散らしてしまっているわけで、ブックマークからいつも来てくださっている方々に申し訳ないですね。貴重な時間を割いて見ていただいていますので、その価値があるような記事も書いていかなければならないなぁと、また改めて気を引き締めていかなきゃいけません。
で、結局何が書きたかったかと言うと、携帯関係の情報のニーズがある程度あるということなので、携帯関係の情報を今まで以上に積極的に採用していこうかと思うのですが、読者の方々はどのように思われているのでしょうか。
コメントでも、メールでも、何かご意見が頂けたら、筆者としても嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平日朝に40km(2005/06/20)

夏の旅行に向けて、ちょっと体力をつけようかと、週1回くらい、自転車で通うことにしています。普段は電車なのですが、朝1時間くらい早めに出て、さわやかな朝の日差しを受けながら、自転車に乗っています。
普段、時間に追われながら過ごしている平日の朝ですが、なんだか贅沢な気分になりますね。いつもは聴くことのないFMラジオを聴きながら自転車に乗っています。地元では有名なラジオ局を聴いていますが、午前中に聴く機会はほとんどありませんでした。ここ最近は何回か聴くようになり、番組の流れもわかってきてかなり楽しめるようになりました。
また、ニュースや天気、占いなど、朝忙しくて新聞やテレビを見る暇がなかったとしても、ラジオからいろいろな情報が入ってくるので、そういう意味でも重宝します。
MDやCDを聴くのもいいですが、たまにはラジオを聴いてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車掌さんお怒りです(2005/06/18)

先日、JRの車掌さんが駆け込み乗車に対してお怒りの車内放送を流したことについて、記事にしてみました。たまたまその日、私が乗った私鉄列車でも、同じようなお怒りの車内放送がありました。
電車が停車駅に入り、これから減速しようとしていた時のこと、突然警笛を鳴らしながら電車は急ブレーキをかけました。「急停車します、おつかまりください」との自動放送が流れ(最近の新型車両は、急ブレーキをかけると自動的に放送がかかるようになっているらしいです。私もはじめて聞きましたが)、その後ブレーキは緩み、所定の位置に停車しました。
どうやら、電車到着時に、ホームで待っていた客が、白線を越えていたために、運転士が急ブレーキをかけたようです。
何事もなく扉が開きましたが、その直後に、車掌さんからの車内放送がありました。

電車到着前に白線の外側に出ることは大変危険だということ、また急ブレーキにより車内の客が転棟するなどの危険が生じること、急ブレーキをかけたことに対して車内の乗客へのお詫び、の旨の放送をかなり強い口調で言っていました。

最後の一文は、ホームで白線を越えていた客へのあてつけのように言っていた感がありましたが、これくらい強く言わないと、乗客はわからないのだと思います。このようなお怒りの放送は初めて聞きましたが、最近の鉄道事故のこともあってか、安全対策にはピリピリしているのかもしれません。
JRの駆け込み乗車の件も含めて、やはり乗客の認識がまだ甘いのではないかと感じました。駆け込み乗車や白線の外側にいることの危険性をどれだけ認識しているのでしょうか。これで事故が起こった場合でも、まず初めに鉄道会社の安全管理に矛先がいくでしょう。利用者が文句を言うのは簡単です。しかし、鉄道会社側が、毎日どれほどの苦労をして安全運行に努力しているかを知っていれば、そんな行動はできないはずです。もう少し、モラルのある行動をとってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駆け込み乗車(2005/06/17)

JR中央線の車掌さんが怒った…。
というのは、駆け込み乗車をした乗客に対し、「駆け込み乗車は危険です。大けがをすることになります。それで大けがをしても、そちら(乗客)の責任です」(読売新聞より抜粋)と車内アナウンスしたようです。
記事によると(ヤフーニュースへのリンクだから切れてるかもしれません…)、車掌さんの方には指導が入ったらしいのですが、あまり厳しい処罰にならないことを祈ってます。
車掌さんの物言いも、サービス業に携わる人にとって適切とはいいがたい部分があったかも知れません。しかし、見せしめのように、駆け込み乗車をした人に対して車内放送で注意するのは、私は良いと思っています。駆け込み乗車をしても何も言われないのであれば、得をするのは駆け込んだ人ですよね。誰にも注意されることもなければ、人間心理からしても、次もまた同じことをするでしょう。今回の件では、利用者が自らの態度を省みてほしいものです。

私自身も、朝のラッシュにのまれながら電車に乗っていますが、時折、駆け込み乗車等で無理をして、電車の発着時間を遅らせてしまっているところをみかけます。首都圏の朝ラッシュのダイヤは路線容量ぎりぎりで運行していることが多く、まさに一時の余裕もありません。そんな状態で、駆け込み乗車によって何度もドアの開け閉めを強いられるような状況を作ってしまっては、遅延が発生し、ひいては利用者全体の迷惑となってしまいます。利用者側も、もう少し配慮のある行動をしなければならないですね。

かけこみ乗車ではないのですが、「車掌さんの少し感情的なアナウンス」という意味で、今日同じような場面に遭遇したのでそれを書こうと思ったのですが、長くなってしまうので、また後日書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

902への期待?(2005/06/13)

901iSシリーズの特集を書き終わってから、突如としてアクセス数が増加したので驚きました。どのページにアクセスが集中しているのかと思ったら、901iSシリーズから今後の展望を語ったページでした。やはり皆さん、今の901iSだけではなく、視線はその先を見据えているのだなと感じました。さすがに、現在の携帯電話の価格を考えると、1年ごとの機種変更ではかなり経済的にも負担になってしまいます。そのためか、一歩先の端末リリースも考えて、いつ機種変更をするのかを判断しているのではないかと感じました。
インターネットで携帯電話の情報を検索するのは、一般の人に比べれば、少なからず興味があってのことと思います。あえて901よりも902と検索をかけているのも、先の端末への期待の現われだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クールビズ(2005/06/10)

政治家が積極的に推進しているのが、ノーネクタイ、ノー上着のいわゆる「クールビズ」ですね。
今年、そんなネーミングを冠して、政府は普及に努めているそうです。
ところがこの運動に対し、父の日の売り上げ減を憂いたネクタイ業界から要望書の提出があったようです。

各メディアの報道の仕方にもよるかもしれませんが、私の見た限りでは、クールビズに対してネクタイ業界が反発しているという趣旨ではないかと受け取れてしまいました。父の日があるために、売り上げ減を警戒しているというインタビューが流れていましたので、クールビズ自体には反対ではないという印象を受けました。…真意は、後者ですよね。

しかし、ノーネクタイということをおおっぴらに言われてしまうと、ネクタイの売り上げにも影響してくることは否めません。しかし、もともとクールビズの根本にあるものは何かというと、地球温暖化の防止であることを忘れてはならないでしょう。
特定の商品を名指しにして排除しようとしているということを主張していますが、まるで筋違いだと思います。夏のオフィスでは軽装をして、冷房の温度を上げましょう=環境負荷を軽減しましょう という本来の目的を無視し、自分達の既得権のためだけに時代の流れに逆行するかのような動きには、甚だ疑問を抱かざるを得ません。ここへきてもなお、「夏にはネクタイを締めて暑い格好をして冷房を強くしましょう」とでも言い続けるのでしょうか。
朝のニュースでこの記事を見ましたが、かなり驚いてしまいましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

au夏モデル特集~果たして「買い」か?(2005/06/08)

さて、ドコモに続いて、auの夏モデルについての記事をたくさん書いてきましたが、最後に「買い」かどうかをみてみることにしましょう。
今後のauの端末リリースについては、明確な発表はされていませんが、ドコモと同じく、2006年のナンバーポータビリティが視野に入っている事はまず間違いありません。しかし、それに対して特に技術を集約してくるというわけでもなく、その時点の最高の端末を投入してくるものと思われます。
従って、au夏モデルは、今回から搭載された新サービスの魅力というところに注目して判断する事にします。
つまり、新サービスである「アナログテレビ」、「聴かせて検索」、「安心ナビ」のこれらの機能が使いたいのであれば、間違いなく「買い」と言えるでしょう。auの端末群は、新サービスが全端末で共通して搭載されることはまずないため、自分がどの機能を使いたいのか…というところを見ていく必要があると思います。
アナログテレビならW32SA、A5501T
聴かせて検索ならW32SA、W31T、A5511T
安心ナビならW32SA、W31T、A5512CA
フルブラウザならW31CA、W31Tとなってくるでしょう。
表にすると一目瞭然なのですが、これは他のサイトに比較表が載っていると思いますので割愛します。
以上から、au夏モデルは、新サービスの魅力によって選んでみるのがいいのではないでしょうか。筆者としては、「買い」とのジャッジです。…実際に購入できるかどうかはかなり微妙ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

au夏モデル特集~安心ナビ(2005/06/06)

安心ナビというサービスとして、3つのサービスが提供されます。
基本的に、自分以外の人の場所を確認するというのがコンセプト。今までは、EZナビウォークに代表されるように、GPS機能といえば、自分の居場所を確認するために主に使われていました。今回はその機能を拡張し、家族や子供の居場所を確認するため等にサービスの的を絞っているようです。「位置確認メール」、「いつでも位置確認」、「安心ナビ エリア通知」が提供されます。
「位置確認メール」は相手に位置確認のメールを送信し、相手が同意すれば、相手の居場所が通知される仕組み。いわゆるオンデマンド位置確認とでも言いましょうか。
「いつでも位置確認」は、前もって登録した相手を自動で位置確認するサービスです。こちらは検索する側に月額使用料がかかりますが、自動的に位置確認できるので、かなり便利な機能ですね。
「安心ナビ エリア通知」は、あらかじめ設定したエリアに出入りしたときに、特定の端末に通知する機能です。利用場面と言うと、子供が塾や学校へ行くときが想定されます。エリアとして設定した塾や学校に到着したとき、また出たときに、特定の端末にメッセージが入るようになっています。
まさにこれらの機能が、GPS搭載端末に求められているのではないでしょうか。今までの「自分のためのGPS」から、「大切な人のためのGPS」へと新たな機能を纏うことになり、さらに期待できるサービスにブラッシュアップされたと言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

au夏モデル特集~端末は?その2(2005/06/05)

先日に引き続き、au夏モデルの端末について見てみることにしましょう。今日は、CDMA 1Xの端末2機種についてお送りします。
A5511T-CDMA 1X端末で唯一、テレビ機能を搭載した端末です。また、メールの添付サイズも拡張され、280kバイトまでの送信を可能にしています。しかし、同時期に発売されるであろうW31Tと直接比べてしまうと、少々魅力がないような気がするのは私だけでしょうか。
A5512CA-カシオからはもう一つ、CDMA 1X向け端末がリリースされます。W31CAとは趣が異なり、エントリーユーザーにフォーカスを当てた端末という印象です。一番の目玉機能は、「ホットブザー」ではないでしょうか。0キーの長押しで、80dBのブザーが鳴るという機能です。いわゆる防犯ブザーとしての役割を担っていると言えるでしょう。この解除には暗証番号が必要になっていることからも、防犯ブザーとしての需要を見越して搭載されたものでしょう。また、この端末はデザインや配色もかわいらしく、中高生や女性に好まれるような印象です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1000アクセス(2005/06/04)

まるえもんの不定期更新日記も、おかげさまで1000アクセスを達成いたしました。
私見をつらつらと並べているだけのブログになってしまっていますが、ひとえに、マメに訪問してくださっている方、また記事に興味を持っていらっしゃる方など、たくさんの方々のご支援の結果だと思っています。
今後も、携帯だけに限らず、幅広いネタでお送りしていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

au夏モデル特集~端末は?その1(2005/06/03)

auの特徴として、発表された端末群での整合性…つまり、シリーズとしての明確な特徴がないということが挙げられると思います。ん、よくよく考えてみれば、シリーズとして特徴づけて発表しているのはドコモだけですので、このような表現はいささか不適切ですね。
その各端末でそれぞれ特徴を持っていると思いますが、端末に関しては、それぞれ筆者的観点で特徴を挙げるとすれば、以下のようになるのではないでしょうか。今日は、WIN端末について見てみることにします。
W31CA-カメラがグレードアップし、A5406CAと同等の320万画素カメラと、全モデルであるW21CA讓りのフルブラウザを搭載しています。また、液晶ディスプレイも大型の2.6インチを採用し、フルブラウザを少しでも快適に使えるようになっています。また、SH90xiでおなじみのPCドキュメントビューアを内蔵していますので、WordやExcelのファイルを携帯端末上で閲覧する事ができます。
W32SA-エンターテインメント全部入り端末で、テレビの視聴をはじめ、ラジオ聴取や録音、FMトランスミッターまで備え、さらにはICレコーダー機能も搭載しています。まさに、「オーディオビジュアル」のauを堪能するのには最適な端末に仕上がっているのではないでしょうか。夏の新サービス、アナログテレビ、聴かせて検索、安心ナビのすべてのサービスに唯一対応しています。また、この端末の特徴として、背面ディスプレイに有機EL液晶を搭載しています。最近では、ドコモのFシリーズの背面ディスプレイに採用されていますが、今夏のモデルでは、ドコモのP901iSに採用されたりと、少しずつ搭載端末が増えてきているようです。独特の発色が特徴の有機ELディスプレイ、ぜひ一度ご覧ください。
W31T-アナログテレビ非搭載という面を除けば、聴かせて検索、安心ナビにも対応し、さらにフルブラウザまで搭載したモデルです。機能面以外にも、注目すべきは端末の薄さですね。最近の端末は25mmを越える厚さのものが多いのですが、このW31Tはなんと20mmを実現し、WIN端末では圧倒的な薄さを実現しています。機能も欲しいけど携帯性も捨てがたい…そんなニーズに応えてくれるのが、W31Tではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

au夏モデル特集~フルブラウザ搭載(2005/06/02)

W21CAに搭載され、業界の話題をさらったフルブラウザですが、夏モデルでも引き続き、W31CAとW31Tの2機種に搭載されます。
今回の夏モデルもOperaを搭載しています。現在のところ、ドコモではjigブラウザをはじめ、数種類のフルブラウザがリリースされていて、各ユーザーが自由に好みのフルブラウザをダウンロードして使うことができます。
一方、auサイドはブラウザを指定して搭載してきました。この動きに関してはどう見るべきなのでしょうか。コメントでは、まだその時期ではないとしているのですが、それではどの時期になると適当なのか、いまいち私には見えてこないのです。…この辺の見解は、より詳しい人にお譲りします。
さて、フルブラウザの搭載によって、トラフィックは増えているようですね。さすがに、同じページを見るにあたっても、もともとデータ量が携帯版とPC版では違うために、データ量は必然的に大きくなってくるでしょう。そのような要素も加味して、トラフィックは判断しなければならないかもしれません。しかしながら、フルブラウザ使用時のパケット料金についても定額制が採用され、ますますフルブラウザの敷居が下がったのは確かに言えることでしょう。
携帯電話も、フルブラウザ化の波が徐々に押し寄せてきそうな感じがしてきました。2006年には、かなりの数が普及しているのではないかと思います。auにとっても、2006年の「戦い」への武器を着々と準備している気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

au夏モデル特集~聴かせて検索(2005/06/01)

ちょっと変わったサービスがauから開始されます。携帯に音楽を聴かせて、その曲を特定するというサービスです。もちろんそれだけにとどまらず、検索結果から着うたをダウンロードできるようにしてあるなど、ネットワークコンテンツとの連携も欠かしていません。
この機能は、通常の通話を経由して検索するようです。つまり、検索先に電話をかけ、楽曲を聴かせる。そして、サーバー側から結果を返し、曲名や着うたダウンロードへのリンクも提供されます。ただ検索するだけにとどまらないのが最近のauの特徴ですね。
何でも、CD音源に準拠しているらしく、口ずさみや通常の着信メロディ、カラオケなどは検索にひっかかってこないようです。以前、口ずさんだメロディから検索結果を返すサービスがありましたが、それとはちょっと違うようですね。完全な音源が必要という点では、こちらの使い勝手はどうかと思われますが、99%という的中率からみると、かなりの精度を誇っているものと思います。これも、CD音源に限定して検索をかけているためではないかと私は思います。
筆者個人的な観点から行くと、ちょっと使う場面がかなり限られてきそうな印象です。また、使用料も月額210円で提供されるということですので、そのための対価として妥当なのかどうかというところは、個人的に疑問に思ってしまうところではあります。
曲の検索というのは、ある意味では究極のあいまい検索なのではないかと思います。今回はCD音源ということになっていますが、これが着信メロディやカラオケとなってくると、さすがに機械での検索にはかなりの技術が必要なのではないでしょうか。その点では、ある程度融通の利く人間が得意とするところではないのかなと、素人的観点から考えてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »