« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

TUBEアルバム2005「TUBE」勝手きままなレビュー ~SKY HIGH(2005/07/31)

TUBE2005年のシングルであるSKY HIGH。もちろんアルバムにも収録されており、また競艇のイメージソングとして、各テレビ局でオンエアされている。
出だしは音数も少なく、ゆったりめの大きなノリで始まるが、だんだんと疾走感が出てくる。はじめゆっくり走っていたものが、次第に加速していき、最後は全力疾走で駆け巡る!といったイメージだろうか。
私の経験上、アルバムで収録されている曲は、シングルが一押しになることはまずない。こういうことを言っていいものなのかわからないが、まぁ10曲以上収録されている中で、シングルの曲が一押しになる確率の方が単純に考えても低いのであるが。
…と、なんだかんだ言っても、TUBEらしさを感じる疾走感、爽快感のあるナンバーである。

普段の日常に、自分の心にくすぶるモヤモヤがあり、誰かのせいかと思っている。
だからこそ、真夏の風になり大空を自由に飛び回りたいと感じている。
大空で遭遇する嵐に飲み込まれても、愛の気持ちはそう簡単には折れない。
それでも、失恋する事もある。そんな涙も、波や散る花のように勇気に変えなきゃ、そして、高く舞い上がりたい。

と、自分の気持ちの飛躍を、風や翼に例えている。
そう、大地よりもはるかに自由な大空を飛びまわり、いままでの枠組みから外れて、大いなる世界へ身を捧げてみようというような気持ちが伝わってくる。
…空、飛んでみたいですよねぇ。大地を歩くという二次元的なものではなく、大空を自由に飛び回るという遥かに自由な振る舞い。夢の中ではたまに見るが、それって深層心理的に言うとあまりイイモノではなかったんでしたっけ?(笑)
この曲、シングルになっただけあって、認知度もそれなりのものだ。最近のTUBE人気が下降気味ではないかという心配をしているのだが、まだまだなんとかやっていけそうである。オリコンの記録も更新中のようなので、これからの活動にもぜひ期待したいところだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TUBEアルバム2005「TUBE」勝手きままなレビュー ~CANAL WAYS(2005/07/30)

いかにもTUBEサウンドという感じの、透明感ある爽やかなナンバー。これぞTUBEサウンドだという方も少なくないだろう。かく言う私も、今のところアルバム中一押しの曲だ。
それほどアップテンポでもなく、かと言ってゆったりでもない、曲に乗ってありのままに聴く事ができるという印象。言うならば、「夏を抱きしめて」や「ひまわり」に近いイメージだろうか。コーラスが程よくマッチし、流れるような曲調だ。半そで短パンに、ビーサンをひっかけて、海へ繰り出したくなるような爽やかさを感じさせる。
しかし、詩は前田さんお得意の「恋というものは…」という感じの、励ましがんばれ系。比喩を活かした印象的なセリフが散りばめられている。

canal way―つまり、「運河」という意味であるが、実際はどのようなものを運河に例えたのだろうか。その大きなバックグラウンドがあって、この曲のイメージを成しているものと思う。
恋している気持ちは、きっとどぎまぎとしていて、恋も何もしていないときの状態(いわゆる何もない→済んだ気持ち)よりも鮮やかだと。確かにそうだ、恋をして、いろいろと思い巡らせている時の気持ちの方が鮮やかに見えるものであろう。
空や海もガラクタになってしまうほどの恋をして、その思いは、海よりも深い。
胸の海原という自分の気持ちの中を泳いで、汗もべそもかいて進んでいこう。そんな一途な恋に向けてがんばっていこうというメッセージが込められているようだ。
そして、時には激しい嵐に巻き込まれ、強い風に折れてしまう事もあるかもしれないけれど、その苦しさはきっと自分の宝物になってくれるだろう。
胸の扉―自分の思いというものは、「君」つまり恋人にしか開けることができない。だけど、未来はひとつじゃない、いくらでも自分で変えていける、泣いても笑っても、突き進んでいこうというある種の決意のようなものも感じられる。
そして最後のフレーズには、夢の帆に風を受けて、虹色に輝く運河を進もうというメッセージが。

この曲の持つ爽やかさの中に、これからの恋や夢に向かってがんばっていこうという言葉が込められているのではないだろうか。
曲調でも一押しだが、込められたメッセージもグッと胸を打つ、そんな一曲である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TUBEアルバム2005「TUBE」勝手きままなレビュー ~ジラされて熱帯(2005/07/28)

さてさて、今日からはTUBE20周年のアルバム「TUBE」より、筆者の勝手なレビューを特集していきます。
…ホントに勝手きままなので、「絶対前田さんはそんな意図で作ってない!!(`´)」というのはナシでお願いしますね(笑)
ほら、国語の時間に習った「詩」にも、読み手によって幾通りにも解釈できるアレですよ。
ということで(?)早速いってみましょうか。
今日はTrack1の「ジラされて熱帯」から。

TUBEらしさの伝わる、ビーチでの男と女の駆け引きを歌ったナンバー。
これから13曲、TUBEサウンドが始まるぞ、というスタートダッシュならぬ勢いを感じさせる一曲になっている。
ビーチの恋を題材にした作品は、アルバムには必ずと言っていいいほど歌われているが、この手の曲は80年代のアルバムに多かったのではないかという印象。それだけ、ビーチの恋というのは、若さあふれるエネルギッシュな勢いに乗せるにはいい題材だったのではないだろうか。

偶然の出会いというものを罠に例え、見事に引っかかってしまった自分がいる。さらに、その行く末を握っているのは、相手の手の内。つまり事の行く末を決めるトランプのジョーカーである。
そのジョーカーを出すか出すまいか、迷う相手の指先にどきまぎする心境。
そんな風に、じらされるほど燃えてしまう、まさに恋愛ゲーム。いつになったら結論が見えるのかというもどかしさ、自分は勝手に運命と感じてしまうこの気持ち。
そして、シルク→つまりベッドで一緒に泳ぎたいという願望がかけめぐる。
彼女には元彼の残した傷もあるが、それを許してでも、騙されてでも彼女が欲しい。
そして、夜が明ける前に、君と決着をつけようじゃないかという気持ち。

…ビーチでありそうなシチュエーション。まさに、男と女の駆け引きである。
これから「夏」が始まるぞ!というそんな気分にさせてくれる一曲で、今年のアルバムは始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前田さん…マジっすか(2005/07/26)

TUBEのアルバムが発売して間もない先週の土曜日、何気なくヤフーニュースを見ていたら…何とトピックスに、TUBEのボーカル前田さんが暴力団関係者のパーティーに出席していたというのだ。TUBEは神奈川県主催の全国豊かな海づくり大会に楽曲提供をしている関係で、その曲の採用と、グループの式典の出席をキャンセルされてしまったというのだ。
報道によると、前田さんは暴力団幹部とは知らずに出席してしまったということですが、やはり軽率だったといわざるを得ない。しかし一方で、知人のパーティーがまさか暴力団関係者のパーティーだとは、普段の生活の中で考えもしないことではないだろうか。

先日、TUBEのアルバムの題名にも書きましたが、この事件をきっかけにグループの活動が縮小してしまったり、不仲になってしまうのではないかと危惧しています。制作費は県に請求しないという方針だそうで、約350万円がかかっていたらしい。
厚木のライブは予定通り実行されるようですが、果たしてこの先どうなっていくのか非常に心配…。
本当に、「TUBE」が最後のアルバムになりませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TUBEアルバム発売(2005/07/25)

去る7月20日に、今年のTUBEアルバムが発売された。
発売直前になってもタイトル未定となっていたので、一体どんなタイトルで来るのだろうと期待しつつ、当日CDショップへ駆け込む。
…ん、タイトルは何??と思ったら、「TUBE」というタイトルらしい。通常、タイトルとアーティスト名が併記されているので、一瞬何かと思ってしまった。というのも、TUBE、TUBE…としか書いてなかったので、タイトルはどこに??と探してしまった。
こういう、アーティスト名がアルバム等のタイトルになることもあるので、特に変…というわけでもないんだけれども。過去には、モーニング娘。から派生したタンポポというグループが、「たんぽぽ」というシングルを出してますね。←グループ名がカタカナだっけ?どっちだったか失念。
しかし、この最終兵器とも思えるようなタイトルを今使ってしまっていいのだろうか。20周年という長きに渡って活動してきたグループのグループ名を、アルバムのタイトルにしてしまうのはいかがなものかと、ちょっと余計な心配をしてしまう。この先30年、40年と続いていく事をきっとファンは期待しているはず。その時、本当に解散(できればあって欲しくないと思うのがファンの心境だと思うが)の年の最後のアルバムにつけてほしかった。長く活動しているグループがアルバムのタイトルにグループ名を持ってくるのは、そのような意味があるだろうと勝手に思っている私としては、もうそろそろ解散してしまうのではないかという余計な心配までしてしまうのである。
…まぁそれに関しては考え過ぎというのが大方の見解ではないかと思う。もしかしたら、節目ということで、もう一度原点に帰ってTUBEを見つめなおしたということなのだろうか。その真意はTUBEのみぞ知るというところだと思うので、ここで一ファンが何と言ったところでどうってわけではないのでしょうが。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マンゴー以来(2005/07/24)

最近ちょっと本にハマってしまい、電車の中では専ら読書に励んでいる今日この頃。というわけで、ブログのネタを書く時間が必然的に減ってしまい、最近はこのような半分放置状態になってしまっていました。
というわけで、久しぶりにパソコンを持ち出してパチパチ打っているのでこの際まとめて書いてしまおうと思っております。
たぶん、いつものように1週間か2週間分くらいまとめてアップされていくことでしょう。でもちゃんと1日ずつ小出しにしますよ(笑)
ボーナス商戦も終わってしまい、お得意の携帯電話についてもあまり目新しいニュースが入ってこないので、ちょっとネタ切れ??と思われるような感じがしますが、別のネタを提供していきたいと思っています。
あ、そうそう、夏といえば旅行ですねぇ。このブログにはないんですが、私の携帯のホームページから、旅行のサイトへリンクを貼っていますので、もしよかったら覗いていってみてください。今年の夏も、一大プロジェクトを計画中なので、自転車旅行に興味のある方は、ぜひ訪れてみてください。「まるの自転車旅行記」というタイトルなので、よろしくです。あ、ここからリンクを貼ればいいんですね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国産マンゴー(2005/07/16)

マンゴーには国産品があるらしい。
日テレ系、所さんの目がテンにて放送されていた。
いやぁ、意外ですわ。トロピカルフルーツ=外国産という思い込みがあったので。
しかし、やっぱり高い…。栽培にはかなり手間がかかってる様子。

詳しくはこちらへ。

ところでこの番組、オトナになってもなかなか興味深い内容を放送しているので、面白いですね。
小さい頃に、日曜の朝にふと発見してからというもの、毎週のように録画しては、楽しく見ています。
サザエさんを毎週欠かさずに見るような感じでしょうか。なんとなく習慣になってしまっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯の充電器(2005/07/14)

旅行の時や緊急時など、AC電源が利用できないときに用いる携帯の充電器はさまざまなものがある。
最近は安く手に入れようと、例によってヤフオクをさまよっているのだが、これまたいろんな種類の充電器が存在する。
…といっても、それほどのものでもなく、大きく分けて二つのタイプがあるだろうか。
一つは、ソーラー発電。もう一つは手動発電。
私が気になったのは、やはりソーラー発電だ。太陽が出ていないと使い物にならないが、蓄電方式を採用しているものもあり、蓄電池にしっかりと電力を蓄えた後に携帯へ出力できるため、電圧が安定していて、手動式に比較して携帯のバッテリーを痛めることも少ない。
ただ、手動式にも長所がある。そう、いつでもどこでも充電を行うことができる。夜間、急に携帯を使いたいが、あいにくバッテリーがなくなってしまった…そんな状況でも対応する事ができる。つまり、緊急回避的に使用する目的で使われる。実際、パッケージにも、携帯内部のデータの保障はしないという旨の表示もあり、やはり手動での充電にはある程度のリスクを伴うものであるようだ。
結局どっちを使えばいいのか。まぁ充電器の用途にもよるので一概には言えないが…
たくさん充電したければソーラー式、緊急時のみ、必要なだけの充電がしたければ手動式といった感じだろうか。まぁ世の中の多くのものがそうであるが、用途によって選びたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行機の影に…(2005/07/10)

この間、自転車で走っていたときのこと。ゴー…という轟音とともに、米軍の飛行機が飛び去っていきました。ちょうどそのときです、目の前を大きな影が通り過ぎていきました。一瞬何のことかと思いましたが、すぐに飛行機の影だということに気付きました。
しかし、なかなかできない体験をしました。いくら飛行機の機体が大きいとはいえ、広い空を自由に飛び回っている飛行機の影に入ったかと思うと、少し幸せな気分になってしまった。…またちっぽけなことで幸せを感じてるおめでたい奴だと言われてしまいそうですが(笑)
そんなささやかな出来事を書いてみたくなってしまった今日の出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ワルの本」が売れているらしい(2005/07/09)

世の中を生き抜くために、ワルの知恵を少しでも活用していこうというコンセプトの、門昌央著「ワル」シリーズが書店でもそれなりのスペースを割かれている。まぁそれなりの人気があるという表れでしょうか。
私も書店で発見し、ちょっと手にとって読んでみたところ、心理学的な発想に通ずるところがあり、かなり興味をそそられた。価格も1冊500円を切っていたので、シリーズを2冊その場で購入してしまった…。実用書(というジャンルなのか、図書に無知な私にはそれが適当かはわからないが)が昼食一回分程度の値段の本はなかなかないので、これはかなりお買い得と言えるでしょう。
で、このシリーズ、「ワルの知恵本」に始まり、数冊出版されているようです。私は3冊ほど買いましたが、なかなか面白かったですわ。実生活でも遭遇するような実例もそこそこあり、また単純に読み物としても興味のある内容でした。
いつものようにひねくれたレビューを書くとしたら…たぶんこんな事を言ってしまっては、ワルの本に書かれている「正論を吐く人」みたいな感じで返り討ちにあってしまいそうですが(^^;)
物書きであるがゆえの宿命かもしれませんが、本の中であれだけバカな人の例をあげ、その対処方法を書いていたのですが、さて当の筆者はすべての事例について自分にはあてはまらない自信があるのでしょうか。アレだけ多くの人の例について詳しく書いてあるにもかかわらず、当の本人は思いっきり該当していたってことがあったらちょっと笑ってしまいます。
でも、人生それなりにやってきて、人間と言うものは矛盾を抱えている動物だということも言えると思うんですよね。いろいろと理屈を並べる人は多いですが、果たしてそれを全て実行していると言われれば、必ずしもそうではないと思います。というよりも、自分の言動に矛盾なく生きていくなんてのは往々にして不可能な事であり、ある種の開き直りも必要なのかもしれません。
物書きという仕事上、そういう割り切りで仕事を処理していかなければならないという事情も、テレビのコメンテーターがありきたりな理論を言うのと同じようなことでしょうか。
本を読んだり、テレビのコメンテーターの話を聞くときには、そのような背景があることもちょっと考えてみると、また違って見えてくるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの自転車(2005/07/08)

春になって、暖かくなってきた今日この頃。以前も、この季節が一番自転車にとって走りやすい時期だということを語りましたが、先日少し走ってきました。
予定では朝から丸一日かけて走るつもりだったのですが、なにせ平日の疲れがたまっていて、起きたのが午後になってしまいました。
そんな関係もあり、午後だけで軽くポタリングでもすることにしました。50km程度のコースを考え、即出発。
さわやかな風を切りながら、海岸線を走っていきました。途中、友人宅を訪ねてみることにし、コースの途中でしたが、寄ってみました。
その後さらにカラオケへ行くことに。久しぶりのカラオケもまたいいものですね。それが終わると、空はすっかり闇に包まれていました。
友人と別れ、家までの道のりを走っていきました。さすがに春といえども、夜になれば気温も下がります。半袖ではじっとしていると肌寒いくらいです。
初めは少し飛ばして走り、体が暖まってきた頃に、通常通りの走行で帰っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボタン確認音(2005/07/06)

よく、電車内でピコピコと音を鳴らしながら携帯電話を操っている人をみかけますが、これって、必要なのでしょうか。目が見えない等の理由で、どうしても音が出ないといけないというやむを得ない理由がある場合はもちろん別ですが。先日、相手の立場に立って考える…みたいな偉そうなことを書いた手前、とんちんかんなことをここで書いて、本当に「口だけで実を伴わない」と言われてしまいそうですが、こればっかりはちょっと疑問に思っています。
電車の中でピコピコと音を鳴らされるのって、意外と気になってしまうんですよね。これは、電子音の周波数に関係しているようです。
人間の耳には、聞こえやすい周波数帯があり、一般的に1000kHz付近だと言われています。この周波数帯は、赤ちゃんの鳴き声や女性の悲鳴が該当するようです。つまり、人間の本能的に、守らなければならないもの(赤ちゃんや女性)のサインが聞こえやすいようにできているという説もあります。
これが何の関係があるのかと言うと、携帯の確認音が1000kHz付近の周波数であるために、どうも耳につくようになってしまうようなのです。電子音が妙に耳につくというのも、それが影響している様子。
…人間の本能というものが、現代社会を生きていく上でこのような形となって現れてくるなんて、なんだか皮肉な感じがしますね。このボタン確認音に限らず、他にもいろいろなことがあると思います。電車の中でということであれば、携帯電話の通話でしょうか(またまた電車内のマナーの問題になってしまいますが)。まぁこれを話し出すとまたとりとめのない冗長な日記になってしまうので、この辺でやめときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TUBEの季節がやってきた(2005/07/04)

さてさて、今月7月はいよいよデビュー20周年を迎えたTUBEのアルバムが発売されます。アルバムと同日には、ファンからのリクエストを元に選曲した、過去のTUBE作品のDVDも発売されます。
95年からTUBEを聴き続けて、私もちょうど10年。TUBEの歴史に比べればまだ半分ですが、過去の楽曲も含めて、そのほとんどを聴いています。
ライブはたまーに行く程度で、ほとんどはCD等から曲を聴いているというあまり活動しないファンですが、節目の今年は何か活動しようかなとも考えています。地元神奈川では、横浜スタジアムがよく会場として使われます。私自身、棲家から近いので、日程が合えば行ってみたいとチケットを狙っているのですが、果たしてどうなるでしょうかね。ちなみに、今年は前田さんの地元である厚木でもライブが行われるそうです。厚木市民のための優先枠もあるらしく、厚木に住んでいる人はうらやましいですねぇ。
ちなみに、前回のライブは2004年に行われた「冬でごめんね」ツアー、最終日の横浜アリーナでした。例によってヤフーオークションでチケットを手に入れて行ってきました。ステージ真横のスタンド席だったので、どうなるかちょっと不安でしたが、これが意外と近くでよかったです。下手にアリーナ(立ち席)の後方になるよりはよっぽどいい席だったんですが、ただ、ステージの背景が見えないくらい真横だったので、それはちょっと残念でしたね。
そんなエピソードもありますが、やっぱりライブの雰囲気って好きです。なんだか、会場が一体になって音楽を楽しんでいるという感じがいいですね。まさに「音を楽しむ」とでも言いましょうか。今年の夏は、そんなライブに、また足を運んでみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FOMA700iSが続々通過(2005/07/03)

FOMA700iSシリーズが、続々とJATEを通過している。一般的に、JATEを通過すれば発売は間もないと言う予想をたてられるので、そろそろの発売となるに違いない。
…さて、Fを皮切りに、今回はSHと…なんとSA700iSという型番が掲載されていた。過去の型番から行くと、SAは三洋電機に割り当てられおり、また三洋がFOMAを開発していることも報道されているので、間違いないだろう。
さて、このFOMA、一体どんな機能を搭載してくるのだろうか。三洋といえば、過去のビジネスショウなどでも、地上デジタル放送の受信機能についてかなり積極的に展開していく方針を打ち出している。auでは、FMラジオ機能をいち早く提供し、さらに2005年の夏モデルでは、オーディオビジュアルのauを代表する端末を提供してきた三洋なだけに、FOMAではどのような戦略でくるのか、非常に楽しみでもある。
ただ一つ気になるのが、700番台であること。FOMAのフラッグシップである900番台ではなく、あえて700番台に端末を投入してきた事についても、いろいろと思い巡らせることができるのではないだろうか。
ただ、900番台では端末のコンセプトが他のシリーズと比べてはっきりとしている印象だ。つまり、良く言うと、シリーズ内での標準化がある程度決まっているが、悪く言うと横並びという感じだろうか。特に、かなりFOMAへ移行する人が増えているmovaはその傾向が強く、もはや端末ラインナップを引っ張っていく役割を終えたmovaは個性化へと歩き出している。
ドコモでも、これからは個性派端末も提供していく方針を打ち出しており、もしかしたら700番台にもその役目を果たす時がいつかくるかもしれない。そう、movaが現在そうなっているように。
最新機能は900番、エントリー・個性派ユーザーは700番台と、700iの登場時に指摘されていた住み分けの問題が、今後解決に向かうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »