« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

携帯ショップの張り紙 その3(2005/09/27)

携帯ショップの張り紙を発端にかなり書いてしまったが、最後に、販売店がここまで必死になっている短期解約について、ちょっと違う視点で考えてみたい。ちょっとした特集のようになってしまったが、私が常々思っていたことなのでこれを機会に最後まで書いてみようと思う。

さて、ここからの話では「短期解約」とは、新規に契約してすぐに解約し、その端末を持ち込み機種変更用に再利用することを指すものとする。以下「新規即解」と呼ぶ。

そもそも、なぜ新規即解ということが行われるのだろうか。主に次の2つが挙げられる。

一つは、新規契約と機種変更の価格が違うので、機種変更を安く上げるのに価格の安い新規で契約するためだ。そしてすぐに解約してから持ち込み機種変更をするというプロセスを辿る。そうすれば、電話番号も変わることなく利用できる。
もう一つは、機種変更優遇期間に達していないため、これも安い新規契約をしてすぐに解約するパターンである。

いずれにしても、機種変更という手続きが絡んでくる(厳密に言うと、USIMカードを使うFOMAやvodafone 3G、最近の一部のau端末には「機種変更」という概念が存在しないが、便宜的にそう言うものとする)ことは共通している。
つまり、機種変更の方が高いから、新規で契約してそれを解約し、持ち込み機種変更をすれば、もろもろの事務手数料を含んでも安い場合に行われる。新規と機種変更の価格差がある(新規が値崩れしやすい)vodafoneやau端末は比較的よく見られるだろう。

さて、この即解であるが、キャリアや販売店は如何に阻止するか躍起になっている。キャリアは、短期に(概ね半年未満であるが、キャリアによって異なるようだ)解約されれば、販売店からペナルティとして一旦支払った報奨金を回収することが出来赤字幅は比較的小さいものの、販売店側としてはキャリアに回収されてしまうので、たまったものではない。前回書いたように、販売店はその報奨金分を見込んだ額をすでに値引きして売っているので、そうなると大損失となってしまう。
そんなこともあり、特に価格をぎりぎりまで下げている激安店では、短期解約のペナルティで、何回線も販売した利益分をごっそりもっていかれることもあるだろう。そのような事態を避けるためにも、できるだけ短期解約を阻止しなければならない。
そんな事情があって、先日行った販売店では、短期に解約する場合は店に連絡するようにとの張り紙がしてあったのだろう。

さて、本題の「新規即解の是非」については、さまざまな立場があると思うので、ユーザー、販売店、キャリアの立場で考えてみたい。私はユーザー視点なので、少しバイアス(偏り)がかかるかもしれないが、その点も考慮に入れていただき、お読みいただきたい。

それではまた後日、続きをアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯ショップの張り紙 その2(2005/09/25)

昨日は一人で勝手に盛り上がってしまった…(^^;)

さて、機種変更と新規契約の値段が違うということを提起して終わったんだった。
最近はこういう値段設定も一般の人に浸透し、もうそういうものだと思っている方も多いことだろう。

でも、ちょっと知っておいて欲しい。そうなってしまった経緯を。そして、その販売形態について自分なりの考えを持っていただきたい。ナンバーポータビリティ開始を前にして、この販売形態の賛否についてユーザーが明確に意思表示する時期に来ているのではないだろうか。
実際に業界内でも、またネット上でも賛否両論、激しい議論が展開されているのを見かける。


では話に入ろう。


かなりおおまかに携帯端末の販売ルートを示すと…

携帯キャリア――→(卸売業者など)――→小売店――→ユーザー
                     卸値(4~6万円)  販売(タダ~4万円)
となる。
注目して欲しいのは、小売店への卸値。これだけを見ると、明らかに小売店は赤字。一体どうやって儲けているのだろうか。
小売店は、携帯を販売するごとに、携帯キャリアから販売報奨金をもらっているのだ。この額は数万円が相場となっており、各社・端末によって変わってくる。携帯キャリアの系列ショップに行くことがあれば、店員のカウンターを覗いてみるといい。運がよければ、カウンターに置いてある通達の書類の中に、報奨金に関する情報が見えるかもしれない。私も何度か目にしたことがある。また、各キャリアの記者会見等で報奨金について公開されることもあるので、興味がある方は見てみるといいだろう。

話がそれてしまったが、小売店はその販売報奨金を見越して値引きして売っているのである。
では、キャリアは報奨金を出したので、その分、元をとらなければいけない。数万円というのはかなりの額である。
それはどこから回収するのか。

…そう、われわれユーザーの通話料や基本料から回収しているのだ。
ユーザーの月あたりの支払い料金は、平均して6000~8000円とされている。ここから逆算して、元が取れるのはだいたい6ヶ月くらいだろうと試算しているわけである。
ということは、6ヶ月利用してもらわないと携帯キャリアは赤字になってしまうので、それを防ぐために、販売店に支払った販売報奨金をペナルティとして回収している。

結果として、短期解約されると損をするのは販売店なのだ。キャリアが痛手を負うことはあまりないと言っていいだろう。
だから、短期解約を防ぐために販売店は必死になっている。特にインターネットのショップの注意書きを見ていただくとよくわかる。あらゆるリクツを振りかざして短期解約阻止に躍起になっている。


そもそもなぜこのような販売形態になったのだろうか。
それは1994年の携帯販売自由化に端を発する。

携帯電話が従来のレンタル制から、買い上げ制に変わったのである。つまり、携帯端末をユーザーが購入する形になったのだ。また、NCC(ツーカーグループ、デジタルホングループ(現ボーダフォン))が相次いで参入し、PHSの普及も相まって、各社は価格競争を余儀なくされた。PHSが街頭で1円販売されていた光景を目にした方も多いことだろう。

この頃から、携帯電話はPHSの後追いをするように普及していく。
これから伸びていくであろう携帯・PHS業界は、まず顧客の獲得が最優先課題であった。そのためにはどうしたらいいか。…そう、入り口を広げたのである。つまり、1円という破格でまず契約者を増やし、後々、基本料や通話料で回収していくビジネスモデルを作り出した。

この手法は見事にヒットし、携帯電話契約数は爆発的に増加していく。しかし、21世紀に入り、契約者は飽和状態へ。すると必然的に新規契約者は減り、機種変更ユーザーが多くなる。

それは何を意味するのか。新規契約者は少なくとも基本料分の収入増加が見込めるが、機種変更ユーザーは基本的にキャリアの収入には影響しない。機種を変えたらパケットを多く使うようになった――程度の変化はあるかもしれないが、それは劇的な変化ではない。
ということは、機種変更に対しては報奨金を多く出すわけにはいかないし、基本料や通話料から報奨金の分を回収するにはある程度の期間使ってもらわなきゃいけない。前述したように、報奨金はユーザーの基本料や通話料から捻出しているのだから。機種変更の優遇価格が10ヶ月以上だとか、1年以上だとか決められているのもそのためである。報奨金分を回収できるのはそのくらいの期間が必要という判断をしているのだろう。


以上のような経緯があり、機種変更と新規契約の価格差ができ、新規契約の解約制限や機種変更価格優遇期間なるものが存在するのである。


本来ならば、携帯電話の基本料はまだ下がる余地がある。しかし、下げられないのはなぜか。そう、報奨金制度があるからだ。報奨金分をユーザーの基本料や通話料から確保するという体制が変わらない限り、これ以上料金を下げるのは非常に苦しいと言わざるを得ない。


じゃぁ、そんな変な制度なくしちゃえばいいじゃん。と思った方は、もう一つの側面を見てほしい。
こんな話がある。


――海外の携帯端末は、数万円が基本。ベーシックモデルでさえ2~3万することはざらで、高機能なフラッグシップモデルとなると10万を越えることもある。


海外では、端末の販売と、回線の契約は別個に行われている。つまり、携帯キャリアからの販売報奨金制度など存在しない。翻すと、これが本来の携帯電話の価格なのである。


読者の皆様には、前半のこまごました説明よりも、この部分について自分なりの考えを持っていただきたい。

つまり、極端な話…

1)通話料や基本料が多少高くても最新携帯が3~4万で買えるシステム
2)携帯端末が数万円、時には10万円を越えるような値段になったとしても、通話料や基本料がもっと安くなるシステム

どちらがいいかを、この機会に考えていただけたらと思う。
私の印象としては、1)が多いようだ。


携帯電話という機械は、本当は4~6万もするようなものだと思うと、もう少し丁寧に扱ってもらえるんじゃないだろうか(^^ ;)
実際、パソコンやPDAを雑に扱うようなことはしませんよね。

あ、こんな話になってしまったのは、短期解約についての話題だったからですね。
では、短期解約という行為そのものの是非についてはまた後日、書くことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯ショップの張り紙 その1(2005/09/24)

昨日、ふと立ち寄った小さな携帯ショップにて。店頭、チラシにも価格を提示しないいわゆる激安店。
モック棚に張ってあった小さな張り紙の文が気になったのでその趣旨を…

「7ヶ月以内の短期解約はしないでください。もしする時でも事前に店に連絡してください。また、短期解約するとすべての電話会社と契約できなくなることがあります」

ん、どういうことだ?
前半部分はわかる。インセンティブが入らなくなるから、短期解約は阻止したいということだ。恐らく、事前に連絡させるのは、その時にどうにかしてやめるよう説得するか、追加料金を請求したりするのだろう。…後者だったらちょっと問題ではあるが。


気になったのは後半部分。「すべての電話会社」とある。
大体、店側の魂胆はわかっていたのだが、あまりにも気になったので何も知らないふりして店員に聞いてみる。


私「あの~、これってどういうことですかぁ??」とモック棚の張り紙を指差して聞いてみた。
店「…ん~、個人情報保護法が始まって、その関係で契約できないようになったんですよ」

全く意味不明な回答。髪の毛をいじりながら答えていて、私は返答に困ってますよというサインを自ら発している。個人情報保護法が関係しているのならば、むしろ会社間での契約者の情報共有があってはならないのではないか。全然わかっていない。

私「携帯会社の約款にはそのようなこと(他社との短期解約者情報の共有)は書いてないですよね?キャリアが解約を制限することはできないはずですが」
店「…実際に契約できなくなった方がいるんですよ」

本当にそうなのか?
よくあるセールストーク「他にそういう人がいるんですよ」ってわけだ。
だからと言って、短期解約が原因だったということにはならないだろう。確かに、ドコモの約款には「業務遂行上、損害を与える恐れがある場合、契約を拒否できる」という趣旨の文があり、現在はアラジンに悪質な短期解約者情報を蓄積しており、新規契約審査の時にヒットするようになっている。しかし、それは社内での対応であって、それがキャリア間で共有されているわけではない。


店「オレオレ詐欺(振り込め詐欺)もありましたし、使ってそのまま払わない(未払い)方が多いので…」
私「そうですか、お金払わなかったら契約できませんからね」
店「そういうことですね…。ただこれはお客さんと電話会社との関係ですから、私たち販売店にはよくわかりません」

なんだ、結局そういうことなんじゃん。
店員が言ってたのは、未払い契約者のキャリア間共有のことだ。短期解約が原因ではない。全てのキャリアの新規契約が出来なくなるのは未払いブラックのみである。
繰り返しになるが、短期解約者のキャリア間共有など現時点ではありえない。社内ではたとえあったとしても、業界内でのリスト共有など普通の感覚としてあってはならない。なぜかは明日のブログで詳しく書くことにする。そもそもこのような行動をさせるビジネスモデルを作ったのは携帯キャリアだからだ。

店員さんにあえて聞いたのはちょっとイジワルなように見えるが、携帯販売店のインセンティブ確保のためにユーザーにそのような説明をしているとすればそれは許せない。結局は携帯キャリアとユーザーとの関係だからと話をまとめられてしまったが、今後の契約が出来なくなるかもしれないという半ば脅しのような文面を用いて、利益確保のために短期解約を阻止するというやり方には、私は納得できない。短期解約を繰り返したら全てのキャリアと契約できなくなるというのは間違いであり、たまたま短期解約をしたユーザーが未払いで全キャリア契約不可能だったということを、短期解約=全キャリア契約不可と誤認しただけである。
しかし、そのように書かれてしまえば、何も知らないユーザーは1回でも短期解約をしたら全てのキャリアと契約できなくなってしまう可能性があるのではないかという恐怖を感じてしまう。この様な文面を掲示して短期解約防止にすることは、業界の印象を悪くするだけであり、やめていただきたい。


では、短期解約が横行するのはなぜだろうか。
機種変更よりも新規契約の方が安いことがポイントである。消費者心理から、その結果どうなるかは火を見るより明らかであるが、その背景にも注目してみたい。

携帯販売のビジネスモデルを含め、続きはまた明日書くことにします…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々図書館(2005/09/23)

久しぶりに、図書館へ行ってみた。地元の大きな図書館へ。
休日を丸一日すごすというちょっと贅沢な時間の使い方をしてみた。ん~いいねぇ。

視聴覚コーナーが空いていたので、ドラえもんを見る。作品は、のび太の宇宙小戦争。ドラえもんの演出は突っ込み所満載なので面白い。…悪い意味じゃなくて、そのナチュラル具合がイイのだ。
しかも、今日の視聴覚コーナーはちょうど次の予約が入ってたので、終了20分前にて終了。これからクライマックスで面白い所で終了になってしまった。
まさに究極の消化不良だった(笑)視聴覚コーナーでは受付の所で操作しているらしく、こちらで早送り等ができないので、次回見るときはまた最初から見なければいけない。だがそんな暇はないので…というか同じ部分を観ても仕方ないので、今度はレンタルで借りるかと考え中。

初期のドラえもん、意外と観ていない作品が多いので、これを機会にいろいろ観てみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう、携帯会社なんて関係ない!?(2005/09/22)

ボーダフォンにはちょっとユニークな料金割引サービス、「メール定額」というのがある。そう、月額800円でメールにかかるパケット料が定額になるというサービスのこと。
そのサービスをCMで宣伝しているわけだが、ボーダフォンなら、相手がどんな携帯会社かなんて関係なくメールが定額! …という趣旨の文言でCMを流している。

まぁ確かに間違ってはいないのだが、よーく考えると、他社のパケット定額制でも同じではないか。他社のメールも大部分がパケット通信であるため、必然的にパケット定額制の対象となる。
だから、理屈としては「ボーダフォンなら、相手の携帯会社は関係なくメールが定額で楽しめる」ということにはならない。それは、他社の携帯でも同じこと。

では、そこにどんなアドバンテージがあるかというと、800円という料金ではないだろうか。
パケット定額制の定額料はドコモの3900円が最安。メールをたくさんやりたいがためにパケット定額にする人にとっては、ボーダフォンのメール定額には大きなメリットがある。
だが、なぜボーダフォンはそこを宣伝しないのだろうか。料金のことについては、CMではほとんど触れられていない。その安さを強調せず、他社にも出来ることをあえて、「ボーダフォンなら」という明らかに他社を意識したイメージ戦略をとっているように感じる。MNPを視野に入れたブランド力の確立という大きな課題を抱えているのはわかるが、どうもまだユーザーニーズがつかめていないように思う。

…メール定額は、パケット割引とは併用できないということもちゃんと説明してね、ボーダフォンさん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行記速報版(2005/09/20)

姉妹サイト「まるの自転車旅行記」に、北海道旅行の走行データを掲載しました。
とりあえず速報版ということで、データだけは見られるようにしておきました。

こちらから、北海道旅行記の欄に飛んでください。

肝心の旅行記の方ですが、まず自分用の日記を書いております。
今のところ3日分は書き終わっているので、ウェブサイト用に写真や文章を編集して順次アップしていきます。

ご期待ください~♪
…というか、旅行記の方は検索サイトにもあまり引っかからないという秘境的存在になってしまっているので、どれだけの方がこの速報版のご利益にあずかれるかは微妙なところではありますが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MDコンポ(2005/09/19)

部屋のMDコンポ、そろそろ買い換えようかと検討中。
かれこれもう8年以上稼動している。しかし、その間にもカセットテープが壊れ、CDチェンジャーが回らなくなって実質1枚しか再生できなくなったり、MDの録音が故障したり(こればかりは修理に出した)、スピーカーの片方が出なくなったりと、もはや限界を感じていた。…ここまで来ちゃうとコンポとしての機能は半分以下になってしまっている感がありますが(^^ ; )

ということで、今日は街に出たついでに、家電量販店へ。
現在狙っているのは、アイワのXR-MJ10。なかなかの評判らしい。

そもそものきっかけが、本屋で何気なく立ち読みした雑誌だったのだ。その本の中で、MDコンポの人気モデルを紹介していたのだ。
もともと、私はMDコンポに関しては、MD、CD、カセット、ラジオが聴ければなんでもいいので、とにかく安いのを探す。本当はSDやDVDが使えるものでもいいのだが、パソコンで代用してしまえばそれまでなので、とりあえず付加機能は省いて、最低限必要なものだけにする。

というわけで、見つけましたよ。…今日見に行った店では売り切れでしたが(笑)
かなり対抗価格で販売していたので、価格.comの最低価格を下回る値段だった。とりあえずはまだその値段でやっているそうなので、即決せず、もう少し考えてみることに。

数日後にはこのブログで「MDコンポ買っちゃった~」って言ってるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お~いウーロン茶!?(2005/09/18)

休日ということで、久々に外出してみた。
某JRの駅前にて、こんなのを発見。

DVC00030


最初は特に違和感はなかったのだが、よーく見てみると…ウーロン茶って書いてある!!
右側の「お~いお茶」のウーロン茶版ということなのか。
…伊藤園ってウーロン茶やってたっけ?という疑問も抱きつつ、ちょっと気になったので撮ってみた。

ポップな感じがしつつも古臭さを感じさせる字体、なんともいえませんな(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我が家の水槽(2005/09/14)

最近は旅行記をまとめるので精一杯で、ブログのネタを書いている暇がなくなってしまった。
いつもは暇ぁ~な行き帰りの電車の時間を使っているのだが、暇ではないことが多いのであまり書けない。
…とは言っても、暇じゃない→楽しいからいいんですけどね(^^ )

さて、今日は我が家の水槽について。
旅行のブログにて写真の投稿をしてみたらなかなかよかったので、置いてみます。

立ち上げてから2年くらい経っているんで、水草がかなり元気いいですよ。そのため、水量をだんだん減らしていき、今のようなアクアテラ状態になってしまいました。
ついでに、照明もメタルハライドランプを使って、ちょっと贅沢な水槽になっています。

…メンテにあまり手間もかからないんで、楽です^^;

005_06_30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は選挙(2005/09/11)

いろいろなブログで、意見や批判などが繰り広げられていると思いますので、私は特に書きません(笑)

で、一応行ってきました、投票に。

全然私たちの選挙区には関係ないですが、北海道のムネオ人気ってすごいですね。旅行中にもムネオカーに遭遇しましたが、やはり地元ではかなりの支持を得ている様子。

そういえば今日は911。もう4年前になってしまっているということもあるかもしれませんが、選挙の報道に隠れてしまってほとんど目にすることはありませんでした。ニュースはタイミングっていうのを感じますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事に帰宅しました(2005/09/08)

とりあえず、無事に帰ってきました。
旅行の中継記録はこちらに残してありますので、気になる方はご覧ください(笑)

あとは、いろいろと資料を整理してからまたアップしていきますので、ご期待ください。

ひとまず、帰宅報告ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »