« 902iシリーズ発表(2005/10/19) | トップページ | ひさびさ40km(2005/10/23) »

902i特集~N902i(2005/10/20)

まだまだ詳細なスペックが公表されていないということもあるが、ここまでの情報でいろいろと書いてみたいと思う。
私自身、902iシリーズは「買い」ということでいるので、何らかの端末を購入する予定である。大金をはたいて購入するので、細かいところまで追求していくかもしれない。
ということで、久しぶりに深く吟味しながらの端末評価となる。…だからといって、前回の901iS特集は適当だったというわけじゃないですよ、念のため。

さて、今日から端末を見ていくことにしよう。少ない情報からの意見なので、間違っていることもあるかもしれないが、誰かの端末選定の参考になればという気持ちで、いつものように私見をつらつらと書いていく。

初回はN902iから。
折りたたみ型端末として一世を風靡した…いや、今もしているNシリーズだが、ここへきて再びPに追い込まれているという印象があるだろうか。それでも、街中で見る端末はNが依然として多い。やはり、折りたたみの老舗がそう簡単に潰れるはずはないだろう。
Nというと、保守的でキープコンセプト…というイメージがある。これはおそらく、一番売れているがゆえにこうなってしまっているのだろう。端末をたくさん売るには、奇抜で突拍子も無いものを採用するより、万人受けする無難なものがいい。しかしそれが、代を重ねてもあまり変わり栄えしないという状況を作り出してしまった。501iから506iまでの端末を並べてみても、端末コンセプトやデザイン、操作系は一連の流れを踏襲していることが感じられる。

さて、過去の話はこの辺にして、901iSで今までのFOMAのNから一新したデザインを採用したが、N902iもそれを継承している。
アークラインを強調してきた従来のFOMA Nとは異なり、一般的なデザインとなったように感じる。

デバイス面では、カメラがシリーズ最高の記録400万画素を誇る。Nと同じスーパーCCDハニカムを搭載したDとFも記録400万画素である。
相当な画素数になってきたが、Nのカメラ機能で注目したいのは、デジタル手ぶれ補正がきくようになったこと。携帯電話のような軽い筐体では、手ブレが起きることも少なくない。構造的な関係でデジタル補正になってしまっているが、これは携帯で綺麗な写真を取りたいというニーズに十分応えられるのではないだろうか。

LinuxOS、ニューロポインタ、フルブラウザといったところは従来機種のN901iSと同じ。
また、「3」キーの長押しで電話帳などのPIMロックができるのはなかなかの機能ではないだろうか。携帯電話はセキュリティが重要であるが、反面、それを重視しすぎると使い勝手が落ちる。キーの長押しでロックできるというアプローチはなかなかいいものではないかと思う。
Fの指紋認証のような堅牢さはないが、手軽にすぐロックできるという点は評価できる。

あと、デコメールが面白くなった。
書いた文面から判断して自動的にデコメールを作成する機能が搭載されている。デコメールは、作る楽しみもある反面、作成に時間がかかり面倒なところもある。これは相反する要素なのでどうしようもできないが、自動でデコメールを作成してくれるという機能は、テキストだけでは物足りないけど、デコメールを一から作るのは面倒だというちょっとわがままなニーズを満たしてくれる便利な機能だ。

正常進化系ともいえるN902iだが、買って損はしない堅実な端末に仕上がっている印象。
あとは、実機をじっくり触ってからの評価次第で最終的に判断したいが、スペックを見ても万人にオススメできる一台と言えるだろう。

|

« 902iシリーズ発表(2005/10/19) | トップページ | ひさびさ40km(2005/10/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 902i特集~N902i(2005/10/20):

« 902iシリーズ発表(2005/10/19) | トップページ | ひさびさ40km(2005/10/23) »