« ボーダフォンが動いた(2005/10/12) | トップページ | auの低料金プラン(2005/10/15) »

ボーダフォンがFeliCa携帯導入(2005/10/13)

昨日、いいニュースを流したそばからまたちょっと批判をしてしまうのだが…。これも愛着があるが故ということで(笑)

ついにボーダフォンからもFeliCa携帯が導入される。サービス名も「おサイフケータイ」と、先行するドコモやauと合わせた格好だ。業界全体で普及させたいという方針のようで、こういうことはユーザーにとっても歓迎できる流れではないだろうか。
…純粋にニュースとしてはここまではいい。
ニュースの内容をそのまま書き移すだけならブログの意味が全くないので、いつものように私見をつらつらと書いていくことにする。そういうのを書き出すとまたボーダフォン叩きだと言われそうだが、そう言わず読んでほしい(笑)

確かに、FeliCaを導入したのはいいのだが、ここまでインフラがある程度普及している現在、あえて3Gのスタンダード機種である703SHfにのみ搭載してきたのはいかがなものだろうか。同時期にはV604SHも発売される。2Gという制約があったのかもしれないし、3Gを普及させるという方針もあるために実現しなかったのかもしれないが、この1機種のラインナップというのはちょっと貧弱ではないだろうか。

もちろん、ドコモのFeliCa携帯を導入したときは506iシリーズであり、ハイエンドの900iシリーズに搭載されたのはF900iCからである。その時は、FeliCa携帯を使いたいというユーザーはまず選択肢がなかったと思う。しかし、サービス導入直後に飛びつくのは一部の先進的なユーザーだけである。その時期ならそれでもいいかもしれない。が、現在はどうであろうか。社会的インフラも整いつつあり「おサイフケータイ」という言葉自体も浸透してきた。その中でわずか1機種というのはちょっと貧弱と言わざるを得ない。
今秋にFeliCa携帯を投入したauでさえ、2機種用意してきた。703SHfのようなマイナーチェンジの際にFeliCa機能を搭載しているのとは違い、新規開発機種である。この違いも大きいのではないだろうか。

この点を考えても、まだまだボーダフォンのおサイフケータイは普及に時間がかかるだろう。ぜひ、ラインナップを充実させて、ユーザーに「選んでもらえる」ようにしていただきたい。

|

« ボーダフォンが動いた(2005/10/12) | トップページ | auの低料金プラン(2005/10/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボーダフォンがFeliCa携帯導入(2005/10/13):

« ボーダフォンが動いた(2005/10/12) | トップページ | auの低料金プラン(2005/10/15) »