« D902iレビュー~まず使ってみて…(2005/11/16) | トップページ | 番号ポータビリティ(MNP)始動に向けて(2005/11/23) »

D902iレビュー~その2(2005/11/19)

前回に引き続き、D902iを使ってみての雑感をいくつか。
基本的に電話機としての性能は十分。使い勝手も問題ないレベルに仕上がっている。
どちらかというと、細かい点について「かゆいところに手が届くか」という観点から読んでいただけると幸いである。

・ちょっと変わっていると思ったのが、バイブの音。通常なら、「ブー…ブー…」といった感じなのだが、D902iは「キュィーン…」という感じ。何と言ったらいいのか、バイブの動き始めは、ドリルが回転する時の音に似ている。SH900iに比べてかなり気合が入った音が出るので、明らかに震えたなというのが、音を聞いてわかる(^^ ;)

・iチャネルは、ボーダフォンのステーションに酷似している。発想としては同じだろう。情報をプッシュ配信し、そのリンクからインターネットアクセスに誘導する形だ。しかし、その情報量はボーダフォンに軍配があがる。詳しくは、また別の記事で書くことにするが、アクセス先がフラッシュでできているので、パケットを稼ぐためにあえてグラフィカルにしているのかと勘繰ってしまう。

・スライド型のため、ボタンがむきだしになっている。閉じた状態では、上手くいけば(?)2回の誤動作で誰かに電話がかかってしまう。その対策か、左側面には誤動作防止キーがついている。これを設定することで、電源キーを押すことによる画面表示以外の操作を一切受け付けなくなる。ところが、何らかの操作中に端末を閉じた時は、この機能は有効にならない。つまり、操作中に閉じても誤動作防止機能が動作しない。この点はちょっと不便だ。操作の途中でそのままにしておいておきたいときもあるだろう。折りたたみ型では閉じれば済むことだが、D902iの場合はそうもいかないので、ここは不満点だ。

・アラームについて。1分鳴ってその4分後に再動作という5分クールのスヌーズ動作になっている。デフォルトでスヌーズになっているところは、目覚ましに使っている人には便利だろう。しかし、スヌーズ動作の詳細設定(スヌーズの間隔)や、鳴動時間の設定ができないのはマイナスポイント。

・デコメールのテンプレートが多いので、デコメールを多用する人は重宝するかも。アレンジ次第でいくらでも使えるので、これは評価できるかもしれない。F902iも多いが、もしかしたらシリーズ中最大のテンプレート数なのではないだろうか。

今日はこんなところでしょうか。気づいたところがあったらまた書きます。

|

« D902iレビュー~まず使ってみて…(2005/11/16) | トップページ | 番号ポータビリティ(MNP)始動に向けて(2005/11/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D902iレビュー~その2(2005/11/19):

« D902iレビュー~まず使ってみて…(2005/11/16) | トップページ | 番号ポータビリティ(MNP)始動に向けて(2005/11/23) »