« くりすます(2005/12/25) | トップページ | 年末お遊びモード(2005/12/29) »

ドコモも本格的に音楽へ(2005/12/27)

ついに出ました。Music Porterの第2弾、Music PorterIIが。
型番はD701iWMで、FOMAであることがわかる。
旧機種はD253iWMだったので、iアプリに対応していないなど、携帯電話に搭載される標準的な機能としての制約が少なからずあった。
今回はFOMAのエントリーレンジである70Xシリーズでの発売となっている。

この機種、特筆すべきはその連続再生時間である。
いままでの携帯電話での音楽再生時間は、概ね5~6時間というレベルであったが、このMusic PorterIIは、約20時間の再生が可能になっている。
まさに音楽にフォーカスをあてた携帯としての命とも言える、連続再生時間を大幅に伸ばしてきたことは評価できる。
携帯電話とポータブルオーディオが一体化した場合の問題点の一つとして、両機能が同じバッテリーを共有しているところにある。いくらオーディオ機能を優先的に扱っていても、いざという時に電話機としての本質的な機能が使えなくなってしまうのでは意味がない。
…ただ、従来の再生時間でも、1日のうちにそれだけの時間を音楽に費やすかというとそうでもないのだが、やはり音楽になるべく電池を使わないようにするにこしたことはない。

さて、70Xシリーズということで、比較的安価で販売されているが、付属品にも注目したい。他の機種でも同様にACアダプタや卓上ホルダは別売となっているが、この機種にはマイク付リモコン、ステレオイヤホン、USB接続ケーブル、さらにはメモリースティックPro Duo 128MBが同梱されている。付属品の価値を差し引いたら、本体はかなりの安価になってしまうのではないだろうか。そんな視点で見てみると、かなりお買い得な機種か!?

最近はiPodをはじめとしたシリコンポータブルオーディオがかなり普及してきたが、それほど音楽にはこだわりなく、携帯電話と同じ筐体に音楽機能が入ってさえいればいいという人は、かなりの「買い」ではないだろうか。もちろん、ドコモが宣伝しているように、902iシリーズ他でも音楽再生に対応しているが、やはり音楽機能ありきで開発されたMusic PorterIIには使い勝手などいろいろな面で分がある。当然であるが、音楽機能にどれだけ魅力を感じたかというところが、検討すべきポイントであろう。

|

« くりすます(2005/12/25) | トップページ | 年末お遊びモード(2005/12/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドコモも本格的に音楽へ(2005/12/27):

» Music Porter II(三菱:携帯電話) [ブログで情報収集!Blog-Headline/life]
「Music Porter II(三菱:携帯電話)」に関連するブログ記事から興... [続きを読む]

受信: 2006/01/06 20:20

» Music Porter II(三菱:携帯電話) [ブログで情報収集!Blog-Headline/life]
「Music Porter II(三菱:携帯電話)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =200... [続きを読む]

受信: 2006/11/22 22:40

« くりすます(2005/12/25) | トップページ | 年末お遊びモード(2005/12/29) »