« ボーダフォン調べ ケータイと恋愛の法則~その7(2006/03/08) | トップページ | パスネット埋めた(2006/03/13) »

大手3社でくりこし(2006/03/09)

ずいぶん前に発表されたネタであるが、ついにauが2005年8月1日から「3ヶ月くりこし」を開始する。これで、2000年11月にボーダフォンが初めて導入して以来、大手3社全てで、くりこしサービスが受けられることになる。
しかし、中身を見てみると、そのくりこし内容はさまざま。

くりこし制度の導入順に、繰越可能期間が延びているのも面白い。先発のボーダフォンは1ヶ月、次発のドコモは2ヶ月、最後発のauは3ヶ月となっている。

auが詳細を決定するまでは何とも言えないが、現時点では、ドコモが最もくりこし制度としてはユーザーメリットがある。
パケットパック(パケット料金割引オプション。定額制は除く)の無料通信分を繰り越しでき、途中で料金プランを変更しても繰り越し分は消滅しない。さらに、2ヶ月繰り越してもなお余ってしまった分は家族間で共有できる。
繰り越し可能期間が2ヶ月いうことを除けば、ボーダフォンとauのいいとこどりと言えるだろう。

さて、サービスの詳細が発表されたら、また一覧表にしておこうと思うので、乞ご期待。

|

« ボーダフォン調べ ケータイと恋愛の法則~その7(2006/03/08) | トップページ | パスネット埋めた(2006/03/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大手3社でくりこし(2006/03/09):

« ボーダフォン調べ ケータイと恋愛の法則~その7(2006/03/08) | トップページ | パスネット埋めた(2006/03/13) »