« 702iシリーズも同時に発表(2006/05/14) | トップページ | 902iS特集~P902iS(2006/05/16) »

902iS特集~D902iS(2006/05/15)

今回も、発表にあわせて、ファーストインプレッションをお届けしよう。
例によって個人的な評価の塊なので、一歩引いて読んでいただけると幸いである(笑)

まず初日は、D902iSから見てみることにしよう。
D902iまでブラッシュアップされてきたスライド型スタイルを継承し、さらに磨きがかかっている。
「スピードセレクター」という、従来の十字キーではなく、SO505iSやSO506iCに搭載されていたものと似ている回転型のキーが採用されている。これは、くるくる回すだけで上下のスクロールを行うことができるので、大量にスクロールしたい場面では非常に重宝する。しかも、前述のソニー端末との違いは、スピードセレクターの上下左右を直接押しても、従来の十字ボタンと同じ動作をさせることができる。この回転をリールに例えたプリセットアプリがあるらしいので、釣りに興味がある人は「買い」かもしれない(笑)
あれ、そういえばDシリーズでは過去に「○○セレクター」というものがあったような…と思ったら、1999年頃に発売されていたフリップ型の端末に搭載されていた「イージーセレクター」のことだった。上下と決定の動作ができるボタンのことだった。…懐かしい。

話がそれてしまったが、他にもプロテクトキーが任意の場所でかけられるようになった。D902iでは、プロテクトキーを有効にしていても、待ち受け画面で端末を閉じている(スライドを戻している状態)でしか有効にならなかった。そのため、何らかの操作をしていてその画面でロックをかけて保留にしておきたい場面でも、打つ手はなかった。ところが、D902iSでは操作の途中でもロックがかけられるので、カバンやポケットの中で誤操作することもなくなるだろう。

さらに、ひらがな入力から英数変換ができるようになった。これはかなりの進歩だ。D902iでも、変換候補の中に表示されてはいたのだが、他の変換候補に埋もれてしまうこともあり、少々使い勝手が悪かったのだが、今回は英数変換専用のボタンが用意されたことは評価できるだろう。携帶電話の文字入力で煩雑なのは、違う文字種別を入力するときでないだろうか。

他にも、902iS標準搭載の機能があり、さらに生体認証では、声を使った認証を採用している。
さて、これはどのように動作するのか、今から楽しみでもある。

昔は、フリップ型といえば三菱製端末といわれていたが、これからは、スライド型といえば三菱電機と言われるかもしれない。

D902iSは、D902iからの正常進化型だ。コンパクトな筐体と洗練された操作性を考えると、901iS以前の三菱製端末を使っている人にこそ、おすすめしたい端末だ。

|

« 702iシリーズも同時に発表(2006/05/14) | トップページ | 902iS特集~P902iS(2006/05/16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 902iS特集~D902iS(2006/05/15):

» D902iS(三菱:携帯電話) [ブログで情報収集!Blog-Headline/life]
「D902iS(三菱:携帯電話)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2006年5月16日収集... [続きを読む]

受信: 2006/05/16 22:00

» D902iS(三菱:携帯電話) [ブログで情報収集!Blog-Headline/life]
「D902iS(三菱:携帯電話)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 *マンナンフーズ:マイスタ... [続きを読む]

受信: 2006/05/24 09:30

» D902iS(三菱:携帯電話) [ブログで情報収集!Blog-Headline/life]
「D902iS(三菱:携帯電話)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2006年5月16日収集... [続きを読む]

受信: 2006/07/01 09:00

« 702iシリーズも同時に発表(2006/05/14) | トップページ | 902iS特集~P902iS(2006/05/16) »