« ボーダフォン純減の危機?(2006/06/09) | トップページ | auが無期限繰越を(2006/06/22) »

au夏モデル特集~G'sOneW42CA(2006/06/15)

またまた特徴的なモデルが現れた。auの夏モデルは今まで以上に個性派携帯が多い。ややもすると、いわゆる「全部入り」端末が存在しないという点で、スペックマニアには少し物足りないラインナップになってしまっているかもしれない。…それでも、それぞれの端末がしっかりとした個性を持っているために、市場に受け入れられているのだろう。

さてさて、その個性的なラインナップの中で、さらなる異彩を放つのがこのG'zOne W42CAである。前モデルType-Rをさらに進化させての登場だ。当然のことながら防水機能を備えており、ドコモの夏モデルとしてリリースされるSO902iWP+と同等のIPX7相当の防水機能である。そのSO902iWP+に対するアドバンテージとしては、防水機能に加えて耐衝撃性能も持っていることだ。コンパクトなストレート端末のSO902iWP+とは対照的で、ズッシリとしてタフな端末に仕上がっている。

そのタフさ、防水性に目が行きがちであるが、現在の携帯電話に求められている機能はしっかりと乗せている。200万画素オーバーのカメラ、外部メモリー(microSD)対応、PCサイトビューア、LISMOにSD-Audio、Hello Messennger、さらには辞書、ICレコーダーまで搭載してきた。カシオ製タフネス携帯シリーズ初のWIN端末であり、パケット定額制も利用できるのも強みだ。今まで機能面でガマンしていたユーザーにとっては、待ちに待った端末といえるのではないだろうか。

…そういえば、世間はもう梅雨入り。湿気の多い季節となりました。濡らしたつもりがなくても湿気や飛沫などで水没チェックシートが反応してしまいます。そうなると、故障時には水没扱いとなるのでご注意下さい。
そういう意味でも、この端末は強い(笑)

|

« ボーダフォン純減の危機?(2006/06/09) | トップページ | auが無期限繰越を(2006/06/22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: au夏モデル特集~G'sOneW42CA(2006/06/15):

« ボーダフォン純減の危機?(2006/06/09) | トップページ | auが無期限繰越を(2006/06/22) »