« Yahoo!!ケータイは?(2006/12/08) | トップページ | auもテレビ電話(2006/12/13) »

広告に総務省から行政指導(2006/12/12)

以前から公正取引委員会から聴取を受けていたソフトバンクをはじめ、携帯キャリア各社はそれぞれのサービスの広告について、警告から注意の行政指導を受けた。

今回の広告騒動の中で最も厳しい指導となったのは、ソフトバンクの「通話・メール¥0」の広告に対する警告だった。ドコモ、auも注意を受けており、いずれもくりこしサービスや「My割」「ファミ割ワイド」などサービス提供に条件が設定されているサービスに対するもののようだ。

最近の携帯電話の料金プランは、まるで保険商品のようにわかりにくくなっており、欄外に記載されている注意事項に目を通さずに契約することなど怖くてできない(笑)特に定額サービスに関しては、定額だからと調子に乗って従量制のときには考えられなかった量の通信を行う場合が往々にしてあるが、適用外になる通信を把握していなかった場合は目も当てられない。

広告する側から見れば、サービス提供の条件をつらつらと書いていたのではインパクトがなくなってしまい、広告としての魅力がなくなってしまうというところもあるだろう。難しいところであるが、これを機にユーザーにわかりやすい広告が行われることを期待したい。

|

« Yahoo!!ケータイは?(2006/12/08) | トップページ | auもテレビ電話(2006/12/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広告に総務省から行政指導(2006/12/12):

» ソフトバンクの携帯料金について [ソフトバンク 携帯 料金]
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。2児の母のまいです。ソフトバンクの携帯料金 情報のHPです。良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪ [続きを読む]

受信: 2006/12/13 22:41

« Yahoo!!ケータイは?(2006/12/08) | トップページ | auもテレビ電話(2006/12/13) »