« ドコモの新料金施策(2007/06/27) | トップページ | またまた旅に出てきます(2007/06/29) »

携帯電話のリサイクル(2007/06/28)

TCAが発表したデータによると、2006年度の携帯電話、PHSのリサイクル状況は2000年度をピークに減少傾向が続いているとのこと。

その理由としては、端末の高機能化に伴い、電話として使用しなくなった後でも保管し続けるユーザーが多くなったためと分析している。併せて、バッテリーや充電器の回収件数も減少しているが、ソフトバンクやドコモの第3世代携帯と一部のau端末ではSIMカードを差し替えるだけで端末を変えられるようになっており、そのことも影響していると思われる。

端末そのものに愛着があるからという理由なら話は別であるが、電話帳、メールなどはパソコンに保存できるようになっており、端末のデータは基本的には新端末に移行できるので、積極的に活用したい。一部の著作権が絡むデータのみが移せないくらいだろう。

リサイクルのピークとなった2000年度は、iモードサービスが開始された翌年にあたる。携帯電話がインターネットに手軽に接続できるようになり、着信メロディをはじめとして、さまざまな情報が端末に保存されるようになってきた時代でもある。2000年末にはカメラ付き携帯電話が発売されたことも拍車をかけたようだ。メモリーカードを経由して外部に保存できるようにしたものもあるが、端末内に写真を保存してそのまま取ってある人も多かった。

いらなくなったら、リサイクルへ。
…必要だからリサイクルに出さないのか^^;

|

« ドコモの新料金施策(2007/06/27) | トップページ | またまた旅に出てきます(2007/06/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話のリサイクル(2007/06/28):

« ドコモの新料金施策(2007/06/27) | トップページ | またまた旅に出てきます(2007/06/29) »