« auのKCP+対応端末の発売を延期(2008/01/30) | トップページ | TCA1月(2008/02/07) »

2in1がサービス改訂(2008/01/31)

auとソフトバンクの春モデル発表に埋もれてしまったような感じがありますが、ドコモの2in1が3月3日にサービス内容を改訂します。

大きなポイントは、従来同一の契約者であったBナンバーについて、他の名義にすることが出来るようになります。これにより、Aナンバーはプライベートで自分名義、Bナンバーは会社名義という使い方が可能になります。

また、Bナンバーの料金プランが945円から840円へ値下げされ、さらに他の料金プランが7種類ほど導入されるそうです。料金的な使い勝手は良くなりそうですね。

さて、この改訂にあたって、ドコモは2in1でも契約者数としてカウントするよう総務省と調整しているようです。従来では同一名義であったため、電話番号が発番されて料金プランも別扱いであったにもかかわらずカウントされていませんでした。今回の改訂で名義が異なるケースを認めたことから、2in1契約でも通常契約とカウントされる可能性は高いですね。2in1契約数もそれなりに上がっているので、毎月の純増数に少なからず影響してくることでしょう。

|

« auのKCP+対応端末の発売を延期(2008/01/30) | トップページ | TCA1月(2008/02/07) »

コメント

> Bナンバーの料金プランが945円から840円へ値下げされ、
> さらに他の料金プランが7種類ほど導入されるそうです。料
> 金的な使い勝手は良くなりそうですね。

従来の2in1を引き継ぎますと840円使い捨てですが、その7種類
の料金プランを適用しますと、無料通話料が発生するところが
新2in1のミソのようですよ。新2in1SSプランは2100円ですが、
ファミ割りやひとり割りを利用すると、1050円に。それでいて
1050円の無料通話料が発生するのですが、チャラに。

それを考えると2in1を利用するひとは2つ契約にしたほうが安く
なるので、2契約に切り替える人は増えるのだと思います。それ
によってドコモの契約数は倍増する可能性があります。

ただ、Bナンバーの無料通話料はBナンバーの通話でしか使えま
せん。くりこして分け合えばAナンバーで使用できるかもしれま
せんがね。

投稿: あり | 2008/02/15 09:57

Bナンバーの用途としてどれだけ発信するかにもよると思いますが、基本的には2契約にして無料通話分を確保しておいた方がいいという心理になりそうですね。
新プランでBナンバーは実質無料というアピールができるので、武器にはなりそうな気がしますが、同一キャリアの特定時間帯は無料というソフトバンクの施策が2台目需要を喚起しているのに対して、巨艦のドコモが2in1では対抗しづらいというのは否めません。ソフトバンクを持ってしまえば、番号は自動的にプラス1ですから。

CO2排出権問題でのつじつま合わせの問題ではないですが、純増数がかなり伸び悩んでいるところで「数字の上では」契約者数が伸びそうな気がしますね。

投稿: まる@管理人 | 2008/02/15 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2in1がサービス改訂(2008/01/31):

« auのKCP+対応端末の発売を延期(2008/01/30) | トップページ | TCA1月(2008/02/07) »