« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2in1がサービス改訂(2008/01/31)

auとソフトバンクの春モデル発表に埋もれてしまったような感じがありますが、ドコモの2in1が3月3日にサービス内容を改訂します。

大きなポイントは、従来同一の契約者であったBナンバーについて、他の名義にすることが出来るようになります。これにより、Aナンバーはプライベートで自分名義、Bナンバーは会社名義という使い方が可能になります。

また、Bナンバーの料金プランが945円から840円へ値下げされ、さらに他の料金プランが7種類ほど導入されるそうです。料金的な使い勝手は良くなりそうですね。

さて、この改訂にあたって、ドコモは2in1でも契約者数としてカウントするよう総務省と調整しているようです。従来では同一名義であったため、電話番号が発番されて料金プランも別扱いであったにもかかわらずカウントされていませんでした。今回の改訂で名義が異なるケースを認めたことから、2in1契約でも通常契約とカウントされる可能性は高いですね。2in1契約数もそれなりに上がっているので、毎月の純増数に少なからず影響してくることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

auのKCP+対応端末の発売を延期(2008/01/30)

一昨日の記事では、KCP+に対応したauの冬モデル「W56T」「W54S」が2月1日に発売予定と言うことでお伝えしましたが、ここへ来て、沖縄地区以外の発売日が未定となってしまいました。

端末の開発に係る部分ではなく、単に流通の面での対応が必要であったための措置だという。

どうしても買いたい人は、今すぐ沖縄へ♪
…冗談です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンクの春モデル(2008/01/29)

昨日はauとソフトバンクから2008年春モデルが発表されましたが、今日はソフトバンクの話題で。

ソフトバンクは15機種をラインナップする予定です。
ハイエンドの9シリーズからはマイナーチェンジ?とも言い難い機種を含めて5機種、8シリーズからは7機種、スマートフォン系が3機種。
他にキワモノとして、20カラットのダイヤを埋め込んだ1000万円の超高級携帯が発表されました。なんでも、10台限定だとか。さて、誰が購入するのでしょうね。…というよりも、盗まれてしまいそうで迂闊に放置できないですね。携帯電話を常に身につけさせたい人に使ってもらうにはもってこいかもしれません(笑) あ、金庫にしまったりしてしまったら意味ないですが。

とにかく特徴的な端末が毎回登場するソフトバンクですが、QWERTYキーボードを配した携帯「922SH」は注目ですね。Windows Mobileを搭載するようなスマートフォンとしては既に例があるのですが、今回は通常の携帯端末として横開きスタイルとキーボードを配した筐体となりました。これでいてソフトバンクのサービスにほとんど対応しているところがさすがシャープ。GPSとFeliCaが付いていたら確実に発売日買いしてたのになぁ。

ワンセグ端末としてはブランドもののREGZAケータイ「921T」とパナソニック製のVIERAケータイ「920P」が発売となります。AQUOSは今回はなさそうです。「920P」は、ドコモ905iでのハイスペックぶりを受け継ぎ、ソフトバンクでもほぼ全部入りのスペックとなっています。機能重視な人は狙い目だ。
春モデルでは、子供向け「コドモバイル」の後継機と、シニア向けの端末も用意されています。
ボーダフォン時代からは考えられなかった数の端末が発表され、ソフトバンクユーザーも端末選びが楽しくなりましたね。…ただ、スーパーボーナスの方はご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春モデル発表(2008/01/28)

今日、auとソフトバンクから2008年春モデルが発表されました。
まずはauの話題から。

auからは10機種が発売されます。
目玉となるのは、Bluetoothを利用した「ワイヤレスミュージック」、スポーツをする時のデータ管理アプリなどを提供する「au Smart Sports」、「有機ELディスプレイ」の3つが挙げられています。有機ELディスプレイは2001年にFOMAの初期端末「N2001」で4096色表示というスペックで採用されて以来、ほとんど携帯電話のディスプレイに採用されることはなかったのですが、技術的にも成熟してようやく携帯電話への搭載が多くなってきました。

さて、ここでは、「au Smart Sports」に注目してみましょうか。
仕組みとしては、GPSの位置情報を利用して定期的にログを取り、そのデータを活用するというものです。原理は他のスポーツ用品にも採用されているもので真新しいものでもないのですが、モバイルカメラと同様に、携帯電話に組み込まれることによって導入の敷居が下がるものと思われます。
携帯電話ということで、通信が可能であり、ログの使い方如何では様々な利用シーンが生まれてくるものと思われます。
通常の使い方としては、位置情報から移動距離や消費カロリーを算出したり、ランニングモードとしてフリーランの他にペースメーカモードという機能がついていて、一定のペースで走ることをサポートしてくれます。また、バイクモードというものもあり、こちらはフリーランのみだそうですが、サイクリングにも対応しているようです。
…コレ、欲しいかも (つ^^)つ

パンテック・キュリテル製の初のWIN端末や、電子ペーパーを搭載した端末、5メガカメラ、防水、初のGSM対応モデルなど、他にも魅力的な機能がたくさんあります。最近はニーズも多様化しているようで、「全部入り」のハイエンド端末はなかなか出てこなくなってしまいましたが、従来どおり、自分の使う目的にあった機能があるかどうかで選ぶことになりそうですね。…もっとも、基本的な機能だけで十分と言うのであれば、デザインや他の要素で選ぶようになるかと思いますが。

一方で、初のKCP+対応端末となる2007年冬モデルがまだ発売となっていない時点での発表となってしまっています。W56TとW54Sについては2月1日に発売が確定しているようなので、「待ち」だった人はいよいよですね。

ソフトバンクはまた明日にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足型せんべい(2008/01/24)

この間、スヌーピーショップへ行ったときのこと。

ふと目に付いたので思わず買ってしまいました。

↓コレ。
08012402


値下げされていたというのも買った理由の一つなのですが、一体どんなせんべいなのかと気になったもので…

↓こんな感じ。
08012401


フツーにせんべいでした。
厚みがあって意外に食べ応えがありましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディズニーケータイ(2008/01/22)

3月1日から、ディズニーケータイがついに姿を現す。
ディズニーファンは一見の価値ありですね。

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、ソフトバンクと協同する形で、通信事業者としてのサービスを展開する。

821SHをベースとした端末が用意され、基本的にはソフトバンクのサービスが利用でき、料金プランもソフトバンクに準じたものとなる。感覚的にはほとんどソフトバンク契約の端末と言ってもいいかもしれない。ホワイトプランの無料通話の対象になったり、ソフトバンク契約のホワイト家族24に加えることもできる。

メールアドレスに「@disney.ne.jp」のドメインが使えるため、携帯電話にしてディズニーらしいメールアドレスを持つことができる。他にも、メニューがディズニー仕様だったり、公式コンテンツが追加料金無しで利用できるなど、まさにファンのためのサービスとなっている。

新しい形でのサービスが展開され始めた携帯電話業界。広い意味でのMVNOがますます注目されることになるのは間違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっちゃったー(2008/01/19)

今日はヤマハのイベントで一曲弾いてきました。StageaとD-DECKのプロモーションの一環で企画されたのかな、たぶん。
買い物客が行き交うスペースに設置されたオープンなステージで、チケットを持った人だけが聴きに来るホールのステージとは違って、通りがかりの一般の人も聴くことが出来るということで、こっちも気合が入るんですが…

今回のデキ、


最悪 ^^;;;
と言ってもいいくらいガタガタ。

言い訳1
弾き始めた瞬間、PAが思いのほかメロディーを出していたので、これは絶対間違えられないというプレッシャーが急に襲ってきた。

言い訳2
曲の選択を間違えたかも。ミスがとっても目立ちやすい。

言い訳3
そもそも練習不足なのでは?

まぁ次回頑張りましょう。

以上。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vodafone 904SH(2008/01/09)

ソフトバンク携帯の端末、Vodafone 904SHはもうすぐ使い始めて2年になります。

「そんなに長く使うなんて珍しいねぇ」

とよく言われます^^;

いやいや、違うんですよ。最近はインセンティブモデルの是正と共に端末価格も上がってきているので、以前のようにホイホイと機種変更ができなくなったという事情もありますが、この端末に限っては、後に発売された端末が機能的にあまり魅力を感じなかったのでここまできてしまったというところがあります。

この端末の持つ機能(VGAディスプレイ、光学ズーム付き3Mピクセルカメラ、国際ローミング、GPS、6軸センサー)を超える機能をもつ携帯がないんですネ。

今でこそVGAディスプレイや国際ローミングはトレンドになっていますが、他の機能は機種によりけりですね。
光学ズーム付き3Mピクセルカメラはデジカメを持っていなくてもそれなりの写真を気軽に撮れるし、GPSで現在地地図やナビが使えるし、6軸センサーで方位磁石やゲームとして使えるので、外せません。

↑よく考えたら自転車でふらっと出かけたときに使いそうな機能ばかりですね(笑)

最近のソフトバンクは波に乗っているので、2008年の春モデルは「全部入り」の端末を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンクのスーパーボーナス改悪(2008/01/08)

ソフトバンクが他社に先駆けて割賦販売を始めましたが、その割賦販売方式である「新スーパーボーナス」のサービス内容が15日に改定されます。…正確には「改悪」ですが。

14日までは、
1.パケットし放題定額料が最大2カ月無料
2.あんしん保証パックが最大3カ月無料
3.基本オプションパックが最大4カ月無料

の3点でしたが、15日からは上記1が廃止となり、2.が1ヶ月、3.が2ヶ月に短縮されます。
…さぁ、お得意の見えにくいところからの改悪が始まりました。

最近はスーパーボーナスでの買い替えが進んできましたが、それでもまだ新スーパーボーナスが適用になっていない人が多いことでしょう。最近の販売店は半ば強制的に新スーパーボーナス適用で端末購入を勧めてくる状況にあり、今までの購入方法は客から言い出さないとなかなか対応してくれないのが現状です。そんな中、この改訂ですので、新スーパーボーナスでの端末購入を考えている人はお早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドコモPHS終了(2008/01/07)

年が明けて一発目の記事はドコモPHSの話題。

今日、1月7日の24時にドコモPHSのサービスが終了します。もう間もなくですね。
私は機種変更の特典に魅かれて2007年の2月に機種変更してしまったので、手元に契約は残っていません。…きっとどこかに、停波を見守るマニアな方がいることでしょう。

NTTパーソナルとしてサービスインして、DDIポケットやアステルと競争を繰り広げ、ドッチーモリストモといった特徴的な端末をリリースしていたのが印象的でした。
その後、音声通話は携帯電話が主力となり、PHSはデータ通信に特化した形で歩みを進めていきます。しかし、これも2001年に登場した次世代携帯電話(いわゆる3G)の登場により次第に優位性がなくなり、徐々に契約数を減らした結果、ついに停波に追い込まれることとなってしまいました。

TACSやHICAPが世代交代し、ドコモが1.5GHz帯を使ってPCD方式でサービスしている「シティフォン」「シティオ」も今年の6月末でサービス終了となります。これも時代の流れなのでしょうか。それでも、PHS時代に生まれた現在位置検索サービス「いまどこサービス」は、FOMAで「イマドコサーチ」としてそのコンセプトが受け継がれ、さらに発展しています。

明日からはウィルコムが唯一のPHSキャリアとなります。
時間帯の条件付ながらソフトバンクが音声定額サービスに追随し、少々押されている感がありますが、今後はどう動いていくか期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年(2008/01/01)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

我が家の住人も相変わらず元気にしております。↓↓
08010101

しばらくして生活が一変するので、今年は自転車やら旅行やら遊びやら行ってる余裕はなくなるかもしれませんが、機会を見て行ってこようと思っていますので、どうぞご期待ください。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »