« 謹賀新年(2008/01/01) | トップページ | ソフトバンクのスーパーボーナス改悪(2008/01/08) »

ドコモPHS終了(2008/01/07)

年が明けて一発目の記事はドコモPHSの話題。

今日、1月7日の24時にドコモPHSのサービスが終了します。もう間もなくですね。
私は機種変更の特典に魅かれて2007年の2月に機種変更してしまったので、手元に契約は残っていません。…きっとどこかに、停波を見守るマニアな方がいることでしょう。

NTTパーソナルとしてサービスインして、DDIポケットやアステルと競争を繰り広げ、ドッチーモリストモといった特徴的な端末をリリースしていたのが印象的でした。
その後、音声通話は携帯電話が主力となり、PHSはデータ通信に特化した形で歩みを進めていきます。しかし、これも2001年に登場した次世代携帯電話(いわゆる3G)の登場により次第に優位性がなくなり、徐々に契約数を減らした結果、ついに停波に追い込まれることとなってしまいました。

TACSやHICAPが世代交代し、ドコモが1.5GHz帯を使ってPCD方式でサービスしている「シティフォン」「シティオ」も今年の6月末でサービス終了となります。これも時代の流れなのでしょうか。それでも、PHS時代に生まれた現在位置検索サービス「いまどこサービス」は、FOMAで「イマドコサーチ」としてそのコンセプトが受け継がれ、さらに発展しています。

明日からはウィルコムが唯一のPHSキャリアとなります。
時間帯の条件付ながらソフトバンクが音声定額サービスに追随し、少々押されている感がありますが、今後はどう動いていくか期待したいですね。

|

« 謹賀新年(2008/01/01) | トップページ | ソフトバンクのスーパーボーナス改悪(2008/01/08) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドコモPHS終了(2008/01/07):

« 謹賀新年(2008/01/01) | トップページ | ソフトバンクのスーパーボーナス改悪(2008/01/08) »