« トップページが無料であること(2008/12/04) | トップページ | 一足先のクリスマス(2008/12/22) »

東京発ブルートレイン全廃へ(2008/12/19)

東京駅発着の青い客車、いわゆる「ブルートレイン」が来年3月14日のダイヤ改正をもって消滅という記事が出ましたね。

東京駅発着に限っては、2008年3月15日のダイヤ改正で消滅した「銀河」に続き、残されていた熊本行き「はやぶさ」、大分行き「富士」までもが廃止に。
次のダイヤ改正で、東京駅でのブルーの客車は消えゆくこととなってしまいました。

客車の老朽化、設備が時代のニーズに合わなくなってきたこと、航空機の台頭などで、東京発九州方面の夜行列車は利用者が減っていました。ある意味、仕方がないことなのかなとも思います。営利企業である以上、足を引っ張ってしまう列車をいつまでも走らせておくわけにもいきませんからね。


寝台特急というカテゴリーで考えると、東京発着は「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」が残っています。
車両が新しいこともあり、この二つは当分生き残るでしょう。


さて、残された時間は3か月を切っています。
最終日の東京駅は、おそらく「銀河」の時のようなお祭り騒ぎになっていることでしょう。
撮影や記念乗車は、お早めに。。。

|

« トップページが無料であること(2008/12/04) | トップページ | 一足先のクリスマス(2008/12/22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京発ブルートレイン全廃へ(2008/12/19):

« トップページが無料であること(2008/12/04) | トップページ | 一足先のクリスマス(2008/12/22) »