« ブルーリボン賞(2010/06/16) | トップページ | ティーダHIDバーナー交換 その2(2010/06/27) »

ティーダHIDバーナー交換 その1(2010/06/26)

HIDバーナーが安く手に入ったので、愛車のHIDランプを交換することにしました。
備忘録と、これからDIYでバーナー交換する方の参考を兼ねて、記事にしておきます。
ちなみに、今回のやり方は手順を少なくするために少々強引な手法で行ったことを念頭に置いてご覧ください(笑)
本当は、バンパーを全て外す方法がベストかと思いますので。。。

ウチのティーダはH22年式で、アクティブAFS付きヘッドライトです。

10062601

純正品から5700Kへ交換します。今回の製品は、PHOLIPS社製アルティノン フラッシュクール。
前のクルマのHIDは6000K(PHILIPS社製アルティノン フラッシュホワイト)だったのですが、チョット手の届かない値段だったので、今回は少し妥協して5700Kを。
これでも十分に青白い光になると思います。
ちなみに、プロジェクタータイプなので、バーナーはD2Sです。


ティーダのヘッドランプは、バンパーを外さないと交換ができません。
…エンジンルームがコンパクトにまとめられているが故のことですね。作業は手間がかかります。

まず、プラスチックピンを外していきます。
マイナスドライバーで真ん中を押し上げてから、全体を抜きます。
簡単に外れるので、テンポよく外していきましょう。
100626021


黒いカバーを外すと、グリルの部分が現れます。
内側から見ると、フックで止まっているので、その部分を折らないように慎重にグリルを外します。

10062605


次は、バンパーが固定されているネジとピンを抜きます。
車体の下にあるので、左右それぞれ3ピン、3ネジを外します。


これだけではバンパーは外れないので、タイヤハウスの内側にあるネジを外す必要があります。
タイヤハウスの端、樹脂を折らないように慎重にめくり、内側に見えるネジを外します。
隙間から工具を突っ込み、中でくるくるくる……意外につらい。。。

↓車両左側のタイヤハウス。バンパーのつなぎ目のあたりにネジ止めしてあります。
10062606

すると、めでたくバンパーの端がフリーになります。

少し引っ張ると、車体から外れるので、その内側にあるネジを外します。
これは、ヘッドランプユニットを固定しているネジですね

…柄の長いものは入りません(笑)
自転車用の小型のものを使いました。
どうしても工具がない場合は、バンパー全部を外しましょう。
10062607_3


そして、エンジンルーム内にある、ヘッドランプユニットを固定しているネジを外すと、めでたくヘッドランプが動かせる状態になります。
10062608_2


そして、ユニットを引き出し、後ろ側からランプを交換します。
続きは次の記事へ。

|

« ブルーリボン賞(2010/06/16) | トップページ | ティーダHIDバーナー交換 その2(2010/06/27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ティーダHIDバーナー交換 その1(2010/06/26):

« ブルーリボン賞(2010/06/16) | トップページ | ティーダHIDバーナー交換 その2(2010/06/27) »