« TUBE newアルバム「surprise!」 ~その1(2010/07/08) | トップページ | TCA6月(2010/07/10) »

TUBE newアルバム「surprise!」 ~その2(2010/07/09)

今年のTUBEのnewアルバムは非常に完成度が高いので、ついつい曲のレビューを書きたくなってしまうんですね。

ということで、今日はアルバム最後に収録されている「最後のLove Song」。
TUBEの曲には、珠玉のバラードとも言われている「Love Song」という7分以上にもわたる壮大なバラードがありますが、タイトルが似つつも、また違う内容の曲に仕上がっています。

30秒かけてのイントロから始まり、出会った夏から変わっていく日々を歌っています。
街並みとともに生活も変わり、携帯やメールが主流となった現代。
過去の懐かしい日々を振り返りながら、今、そしてその先に見える未来への希望が感じられます。

そして、ラストのサビに向かうブリッヂの部分では、まさにケンカをした二人の間に芽生える新しい息吹のような、「雨降って地固まる」様子を表現しているかのようです。
04年に発表されたアルバム「夏景色」に収録された「プロポーズ」の高音部を彷彿とさせる伸びのある歌声が、曲の中で歌われている二人の愛の強さを物語っているような気がします。

この後は、スタジアムライブで噴水が出てきそうなシチュエーションですね。
最後のサビに向けて、変わってしまった街並みと、寄り添う大切な人を重ね合わせ、出会った偶然が織りなす奇跡が全ての答えと表現しています。そして、その先にあるものは…。

曲の最後に歌われている短い一言に、想いの全てが集約されているような感じがしました。
それを表現するための方法は無限にあると思いますが、その中からこの言葉を選び出したこと、まさに神がかり的な才能と思いましたね。


TUBEのバラードの中でも、深みのある一曲として今後も歌われていくことを期待したいです。
ぜひ、原曲を聴いてみてください。

|

« TUBE newアルバム「surprise!」 ~その1(2010/07/08) | トップページ | TCA6月(2010/07/10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TUBE newアルバム「surprise!」 ~その2(2010/07/09):

« TUBE newアルバム「surprise!」 ~その1(2010/07/08) | トップページ | TCA6月(2010/07/10) »