« アイコンチキン イタリアンハーブ(2011/06/04) | トップページ | 早くも700系置き換えへ(2011/06/07) »

SMSも相互乗り入れへ(2011/06/05)

7月13日から、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの携帯4社のSMS(ショートメッセージサービス;電話番号でメッセージが送れるサービス)の相互接続が開始されるそうです。

現在は各社内同士のみの接続で、auがCメール(全角50文字)、その他のキャリアがSMS(全角70文字)としてサービスを提供しています。
相互接続が開始されれば、電話番号のみで送受信が可能になるため、メールアドレスがわからない相手でも簡易なメッセージを送ることができ、利便性が向上します。

これに合わせて、各社のSMS送受信料金体系の見直しがされています。以下に国内利用の場合の料金を紹介。
受信料は各社引き続き無料です。

【ドコモ】
送信料は送達通知なしで1通5.25円、送達通知ありで1通7.35円であったところを、1通3.15円に値下げ。
料金プランの無料通信分の適用ができるが、家族無料は適用されない。

【au】
送信料は1通3.15円。
国内への送信は各料金プランの無料通話分が適用される。
Cメールは、2011年夏モデル以降の対応機種で全角で70字までに拡大。それ以外の機種には、従来通り全角50字。
迷惑メール対策として、送信数を1日200通、1カ月6000通までに制限する。

【ソフトバンクモバイル】
送信料は1通3.15円。
ホワイトプランであれば、ディズニー・モバイルを含む同社間のSMS送信が無料。

【イー・モバイル】
送信料は1通2.1円。
無料通話パックの適用対象になる。
イー・モバイル端末間の通話が無料になるプランでは、送信料は無料。
迷惑メール対策として、送信数を1日300通から200通に強化する。


と、このような感じです。
文字数はauの新機種が対応したことで各社全角70文字と各社共通。国内受信料は無料です。
送信料はイー・モバイルが一歩抜き出ていますが、いずれにしても通常はEメールサービス(パケット通信網)を利用すると思うので、SMSを利用した場合の1通約1円の差は利用頻度から考えるとそう大きいものではないのかなと思ってしまいます。

なお、今回の発表では特段の記載はなかったドコモとソフトバンクモバイルの迷惑SMSメール対策ですが、従来から対策を行っています。
ドコモは2005年8月から1日200通までの制限、ソフトバンクモバイルは2005年5月から1日に500件以上送信した場合にその後20日間規制する措置を採っています。
通常の利用であればまず引っかかることはないですので、気にすることもないとは思いますが(^_^;)


ようやく海外のようなキャリア間でのSMS利用環境に追いついてきました。
…ただ、日本では前述のようにSMSではなく、Eメールアドレスを利用したパケット通信によるメッセージの送受信が一般的になっているため、今回の措置が携帯の利用シーンを大きく変えることはないでしょう。

|

« アイコンチキン イタリアンハーブ(2011/06/04) | トップページ | 早くも700系置き換えへ(2011/06/07) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SMSも相互乗り入れへ(2011/06/05):

« アイコンチキン イタリアンハーブ(2011/06/04) | トップページ | 早くも700系置き換えへ(2011/06/07) »