« 甘くないペプシ(2011/06/20) | トップページ | アイコンチキン カリフォルニアコブ(2011/07/08) »

TUBE 2011年の新曲(2011/07/07)

TUBEの待望の新作が昨日リリースされました。
タイトルは「A Day In The Summer ~想い出は笑顔のまま~」

6月から行っているホールツアーでも歌われていますね。
先日、BSで3D放送によりオンエアされたので、先行して聴いた人もいるのではないでしょうか。
…残念ながらウチには3D対応のハイテク機器がないので、画面が縦長で2分割になってました(笑)
あ、余談ですが、そのような画面でも3Dアートを見るような要領で、寄り目にして左右の画面を合わせると、縦長ですが立体的に見えます。

本題に戻りましょう。
何といっても今回は、これぞTUBEサウンドと思わせる、王道を行く涼しげな曲であることですね。
94年のシングル「夏を抱きしめて」を彷彿とさせる(…というか構成やサウンドも似ている)雰囲気で、近年のTUBEシングル曲とは異なり、全盛期の90年代前半あたりに戻ってきたような気がします。
個人的には、こんな雰囲気の曲がシングル曲としては良いと思います。

イントロの音色が涼しさを誘い、フィルインで入ってくるストリングスが良い具合に曲を盛り上げていきます。
1サビから入ってくるハイハットの刻みが、これから来るサウンドの予兆をうまく表現しているようで良いですね。

春畑サンのギターが少々物足りないなと思ってしまうのは、3サビ前のブリッジ後半をキーボードへ振ったからなのでしょうか。
昨年アルバム収録の「太陽のサプライズ」のようなピロピロピロピロ♪…までは行かなくても、それなりのギターソロが来るかと期待していましたが、落ち着いたメロディーラインでした。そういう意味では、「夏を抱きしめて」とは少し趣が違うような印象を受けますね。ん、そりゃ同じ曲にするために作っているわけではないので当たり前か(笑)

ホールツアーは藤沢しか行っていませんが、その後の公演ではアルバム収録予定の曲も何曲か歌われているようです。
2011年のアルバムは今月発売予定ですので、楽しみです。

|

« 甘くないペプシ(2011/06/20) | トップページ | アイコンチキン カリフォルニアコブ(2011/07/08) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TUBE 2011年の新曲(2011/07/07):

« 甘くないペプシ(2011/06/20) | トップページ | アイコンチキン カリフォルニアコブ(2011/07/08) »