« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

ドコモ2011冬~2012春モデル(2011/10/23)

スマートフォン、従来型、タブレットなど25機種が発表されました。
そしてついにXi対応スマートフォンがラインナップ。

ドコモはスマートフォン中心のラインナップとは言え、従来型の携帯電話のラインナップも充実させているのが特徴です。ユーザーが多いキャリアならではとも言えるのではないでしょうか。スマートフォンに移行するユーザーが多いと思われるガラケーのハイエンド機ですが、これも漏れなく用意しています。
端末のシリーズが再編されたため、PRIMEシリーズ級の端末もSTYLEシリーズに分類されますので、詳細スペックを確認することが重要です。


さて、注目のXiですが、対応機種は4機種。
料金体系は従来のFOMAと異なるXi専用のプランが新たに用意され、月額基本料780円で無料通信分を含まないプランが新設されました。ソフトバンクのホワイトプランをかなり意識した設定ではないでしょうか。
一方のパケット通信は電波効率が良くなったためか、デザリングも定額制に含まれる形となり、Xiパケ・ホーダイ フラットが月額5985円(キャンペーン期間中は4410円)となっています。

なお、一部の超ヘビーユーザーによる通信の逼迫を抑制するため、2012年10月1日以降は、月に通信量が7Gバイトを超えると下り/上りともに速度が最大128kbpsに制限されるようです。この措置は、7Gバイト超過後、2Gバイトごとに2625円の追加料金を払えば、速度制限は解除されます。通常の通信量を大きく超えるユーザーには応分の負担を求める制度になるようですね。
海外や一部のキャリアでは、パケット通信については定額制を廃止して従量制にするとの考えもあるようですが、ドコモでは一般のスマホユーザーに関しては、その通信量は捌ける範囲であると判断していると見ることもできますね。しかし、この予測が今後の周波数帯の新規割り当てを見込んでのこととなってくると、その割当先如何によっては、制度変更も検討せざるを得なくなるのかなと思います。

また、エリアに関してはまだまだ狭いのが現状で、人口カバー率で数値化しても11年度末に約25%、14年度末までに約98%という計画でいるため、今の段階で高速化の恩恵を享受できるユーザーは限られています。その点も踏まえて、Xi端末のメリットと比較して端末を選定するのが吉でしょう。…デザリングユーザーは料金的なメリットが大きいですね。

今回の端末は魅力的なスペックを備えたものが出てきたので、そろそろ僕もスマートフォンかと思っているところです。2in1の懸念についても、公式には対応していませんが解決策が見つかったので、買い替え検討段階に入ろうかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新幹線300系 来春引退へ(2011/10/22)

東海道新幹線の新たな愛称「のぞみ」を初めて冠した車輌として、1992年3月に華々しくデビューした300系ですが、20年の時が経ち、後継へとバトンタッチすることとなりました。
N700系の増備に伴い、700系と押し出されるようにして引退します。

当時は「ひかり」より上位の最速達列車として、最高速度を220km/hから一気に270km/hへ引き上げ、大幅な時間短縮に貢献しました。

現在はこだまを中心とした運用になっているようで、見かける機会も減りました。
先日、新幹線に乗る機会がありましたが、ホームでの待ち時間では出会うことはありませんでした。
それだけ、数が減っているということなのでしょう。

引退は2012年春を予定しているそうで、恐らくはダイヤ改正に伴ってということになるのでしょうが、最終運転などはイベント列車になることも想定されるので、今後のJRの発表を待ちたいところですね。

…さて、久しぶりにチケット争奪戦になりそうな予感がします。

↓300系 横顔
11102201


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田急ファミリー鉄道展(2011/10/18)

先週末の土日、小田急の海老名電車基地とその周辺で小田急ファミリー鉄道展が行われました。

初日は向谷実のライブがビナウォークのステージで行われたので、見に行きました。
向谷実と言えば、フュージョンバンド、カシオペアのキーボード担当ですが、同時に鉄道系メロディの作曲を多く手掛けています。
10年位前に、まだカシオペアとしての活動をしていたころ、渋谷にライブを見に行ったことをふと思い出しました。
演奏はどちらかというと淡々としていますが、さりげなく凄まじい譜面だったりするので、それを思わせない余裕が感じられます。
この日も、今年春に全線開通した九州新幹線のJR九州車輌の車内メロディのモチーフとなった曲など、鉄道に因んだ曲が多く演奏されました。


さて、翌日はメイン会場へ。
思ったよりも混雑していて、会場は多くの人で賑わっていました。
今回は引退近い2段窓の5000形が目当てだったので、車輌見学に並びます。
この日は季節外れの夏日となり、1時間待ちというアナウンスに脱力してしまいます。

↓これは4連化された5200形。ゾロ目の「5555」
11101801

行列に並んでようやく車内へ。
撮影隊が車輌の前後に群がっていました。合間を見て撮影します。

↓2段窓の5000形
11101802

ロマンスカーは10000形が展示されていました。
ホームで見るのと違って、線路の位置から見てみると、その大きさに改めて圧倒されますね。

↓ロマンスカー10000形HiSE
11101803

小田急以外の鉄道会社、バス会社もブースを出展していたので、覗いてみます。
江ノ電バスのラスク缶を購入。
中身がラスクということで表示を見てみたら、おなじみの店が作っていました(笑)

↓結局、グッズをいろいろと買い込んでしまうわけですね
11101804

写真には未開封状態で写っていますが、ロマンスカーVSEのバルーンが意外な逸品でした。
小田急百貨店などでぶら下がっているものですが、長さが32インチのテレビほどの大きさで、存在感があります。
…もっと買っておけばよかった。

現地は混雑していましたが、それなりに楽しめました。
今年は鉄道関連部品の出品がなく、コレクターさんには少し物足りない感があったかもしれませんが、来年もまた行きたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第9回富士チャレンジ200(2011/10/10)

11100801_2


この連休はバタバタしてたため、レポが遅くなってしまいましたが、10月8日に行われた富士チャレンジ200に出走しました。

今年もソロ200kmに出場。
前回のリベンジ…ということで少なくとも180kmを目標にしていましたが、なんと完走できました。

序盤は8分台のペースで巡航していたので、80km地点で7分ほどの休憩を取った後に計算したところ、完走ペースに乗れる可能性が出てきたので、欲を出して頑張ってみることに。
終盤のラップは9分台、時には10分台へ遅れる時もありましたが、前半の貯金と、予定よりも休憩を削った結果、なんとか完走となりました。
フィニッシャーTシャツを持って帰れて良かったです。

ただ、今回のレースでは、全体的にコバンザメ走法に徹していた点は否めず、他力本願なところは次回以降の課題ですね。終盤は成り振り構わず後方追尾をさせてもらいました。
とは言っても、残り1時間を切ってくると、良く見かける選手がおり、ほぼ同じペースで巡航していることがわかります。
長いホームストレートの立ち上がりで周囲に誰もいなくなり、「一人旅だなぁ…」と思ってふと振り返るといつの間にか列車ができていたということもありました。

ソロ200kmに出るような人は、みんな登坂を超人的なスピードで上っていく人たちばかりなんだろうという勝手な想像をしてしまうところですが、現実はそういう人ばかりではないんですね。
コカコーラコーナー出口の登坂で減速し、周回後半の上りのスピードも同じくらいでした。
序盤は13km/h程で上がれましたが、終盤は11km/h程まで落ちていきました。


そして、終盤のヘタレた頃は、いい列車(特に最終コーナー出口付近で)が来るか来ないかで、その周回のタイムが結構変わってきます。特に終盤はタイムとの戦いだったので、もう少し精神的に余裕を持って走りたいところでした。
ここまで苦しい思いをして、「43周回でDNF」という記録はどうしても避けたかったということもありますね。

去年と変わった点は…
天気:雨→晴れ
マシン:クロス→ロード
ペダル:フラット→ビンディング
ジテツー開始

どれが要因かはわかりませんが、天気はそれなりにウェイトを占めてるんじゃないかなと思います。
…去年はずっと雨でしたから。心も折れやすくなるものです。。。

道中は、「何で出てしまったんだろう…」と思うこともしばしばですが、終わってみるとまた走りたくなってくるんですね。
とりあえず完走はしましたが、次回は登坂を強化してさらなる記録に挑戦したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーロラチキン(2011/10/03)

マック連投します。

今日はオーロラチキンを紹介。
とっくに食べていたのですが、記事に起こさずそのままにしていました(^_^;)
…というよりもあまり書くことがないというのが正直なところでしょうか。

↓ということで、包装
Dsc05082

2010年7月にアイコンチキンがデビューし、その派生シリーズが4つ発売された中にも、オーロラバージョンがありました。
味付けはほぼ同等の印象。

↓マックチキンのオーロラ版
Dsc05083

マックリブはスイートレモンソースがいい仕事をしていると、昨日の記事で書きましたが、マックチキンでもスイートレモンソースが使われています。
これとオーロラソースを比べてしまうと、個人的な評価はどうしても「マックチキン>オーロラチキン」になってしまいますね。
オーロラは悪くはないのですが、どうもキャラクターがはっきりしないというか、こういう味だ!というインパクトが小さいのが良くなかったのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マックリブ(2011/10/02)

久しぶりの投稿になってしまいました。
しばらく、マウスの故障により非常に身動きの取りづらい状態に陥ってました。
というのも、ブラウザの「戻る」機能を割り当てているボタンが故障したらしく、常に信号を発信し続けているような状態になり、まともに操作することが不可能になってしまったんですね(^_^;)
ということで、5年ぶりにマウスを更新して解決。

さて、復活第一弾はおなじみマックの話題。
9月30日から復刻発売された「マックリブ」です。
せっかくなので、ダブルサイズを食べてみました。

↓包装は紙
Dsc05122


↓ポークパティ2枚はボリューミーですね
Dsc05123

以前、アイコンチキン イタリアンハーブなるアイコンチキンの派生品があり、マック最強の塩分と評していましたが、どっこいダブルマックリブの方が上を行く食塩相当量4.5gとなっています。
1日の半分を超える塩分をこのサンドイッチ一つで取れてしまうという、非常にソルトリッチな商品です。
しかし、食べていてそれを感じさせないのがまたニクイですね(笑)

購入店の調理が失敗だったのか、パティに焦げが多く少々苦い味がしましたが、ミートとは違う趣はしっかり出ていますね。バーベキューソースがおいしさのヒミツということで前面に出ていますが、個人的にはてりやきマックバーガーにも使われているスイートレモンソース(白い方のソース)が良い味を出していたように思います。ミートパティとてりやきソースのコテコテ感の中にあって、一方の爽やかさが際立っています。どちらかというと時折姿を見せるレモン系の味がいい仕事をしているように思います。

ダブルマックリブはバリューセットで現地価格710円でした。
期間限定商品ですが、これはリピート有りの評価でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »