« KBQバーガー(2011/11/03) | トップページ | ふじのくにサイクルフェス(2011/11/ 27) »

TCA10月(2011/11/10)

案の定というべきところでしょうか、2011年10月の携帯契約数には今までのトレンドとは違う動きが見られました。

純増数を見てみると、ソフトバンクが24万7600件、auが19万6900件、NTTドコモが8万9600件となっており、ソフトバンクが19カ月連続で純増トップをキープし、相変わらずソフトバンクの動きが快調なのは変わりません。

ところが、MNPの動向を見ると、auが6万8700件、ソフトバンクが6600件、イー・モバイルが100件の転入超過、ドコモは7万5400件の転出超過となっているところに注目です。
auはここ1年、おおよそ毎月1万~4万の転出超過となっており、MNPの数字から考えると、ドコモと合わせてソフトバンクへ流れていくという図式が見えていました。
そして10月はその流れが明らかに変わり、auが大幅な転入超過へと躍進しています。主なルートはドコモからauの流れに変わっていることが予想されます。

これは、10月14日にiPhone4Sがauからも発売されたことによる影響が色濃く出ています。
ソフトバンクに比べて劣る端末の通信スピードよりも、ネットワークの電波状況を優先するユーザーがauに流れ混んでいることが考えられます。一方で、ソフトバンクはauへの転出による解約の激増を警戒していたようですが、ふたを開けてみるとMNPは転入超過となっていることからも、ドコモからauではなく、ドコモからソフトバンクへ流れてきているユーザーもそれなりにいるということを示しているように思います。ただ、各方面の具体的な数字がわからないので、実はドコモ→ソフトバンク(iPhoneが欲しい人)のパターンとソフトバンク→au(auでiPhoneを使いたい人)のパターンがほぼ拮抗しているというパターンも想定できるわけで。。。


さて、26カ月ぶりにMNP転入トップとなったauは、今後のスマートフォン戦略によってソフトバンクの追随を振り切ることができるか、注目ですね。

|

« KBQバーガー(2011/11/03) | トップページ | ふじのくにサイクルフェス(2011/11/ 27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TCA10月(2011/11/10):

« KBQバーガー(2011/11/03) | トップページ | ふじのくにサイクルフェス(2011/11/ 27) »