« ふじのくにサイクルフェス2011in新東名(2011/11/29) | トップページ | 東京タワー(2011/12/10) »

東京モーターショー2011(2011/12/09)

隔年で開催されている東京モーターショーの乗用車部門ですが、東京ビッグサイトで行われていますので、先日行ってきました。
モーターショーは前回幕張メッセへ行って以来4年ぶり。
そのわずかな間にも、技術や車を取り巻く環境は激変していることを感じさせます。

平日にも関わらずかなりの混雑。車離れが進んでいるとはいえ、そんなことを思わせない盛況ぶり。
駐車場に入れるのに1時間もかかってしまった。。。
好きな人はどの世界にもいるものですね(人のことは言えませんが(笑))。

↓BMWのminiブース
11120901_2

各社の展示では、既存車種に加えて、ハイブリッドが目につきます。特に輸入車はそんな印象を受けました。
そして、日産と三菱をはじめとしてEVも前面に押し出されていました。

↓個人的に注目なのはリーフ。これはレース仕様
11120902

普段間近で見る(触る)ことのないクルマばかりで、いい機会なのでシートに座ってみたり。
…まぁ一生手に入ることはないと思うので、こういう時に体験してみる。

さて、屋外会場ではワールドフードバトルなるものが開催されていました。

↓会場
11120903

辛い物好きということで、タイのトムヤムラーメンをいただきました。
投票のシールをもらったのですが、貼り忘れた…(^_^;)

↓マニアックな国もありましたが、並んでいたこともあり断念
11120904

↓見るからに辛そう。味は良かったです。
11120906

さて、フード会場の隣ではプロドライバーによる体験乗車が行われていましたが、外から見てもかなりの迫力。
アグレッシブな加減速とコーナリングは、駐車場に設置された短く入り組んだコースをものともせずに走りぬけて行きます。車輌は全て市販されているモデルです。フィットシャトルが大きく車体を傾けてコーナーを曲がっていく姿は、普段見られない光景でした。

↓その他、トミカブースも熱い(笑)
11120905

今回のモーターショーには、自動車関連企業の他、LIXILや積水ハウスなど、住生活の一部としての自動車という位置づけを提案した企業が出展しています。
ターゲットはEVになるのですが、特にハウスメーカーの積水ハウスは住居からの太陽光発電等による電力供給と、EVによる蓄電を組み合わせた新しいエネルギースタイルの提案をしているのが印象的でした。
家を建てるときはこういう視点も踏まえると、面白い物ができそうな気がします。

全体的に楽しめましたが、各社既存車種が多く、これから未来に向けてどのようなクルマが出てくるのか?というコンセプトモデルの展示が少なかったような印象でした。
そうは言いつつも、当面はEVへの流れになってくるのかと思われますが、一方でマツダやダイハツは内燃機関としてのシステムを如何に効率よくするかという視点で技術開発を進めているなど、ワクワクするようなクルマが出てきてくれることを期待したいところですね。

|

« ふじのくにサイクルフェス2011in新東名(2011/11/29) | トップページ | 東京タワー(2011/12/10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京モーターショー2011(2011/12/09):

« ふじのくにサイクルフェス2011in新東名(2011/11/29) | トップページ | 東京タワー(2011/12/10) »