« 名古屋ロングライドレポ~行程編後半(2012/04/14) | トップページ | 名古屋ロングライドレポ~装備編(2012/04/16) »

名古屋ロングライドレポ~帰宅編(2012/04/15)

※この記事の内容は2012年2月のものです。

ロングライドレポートの前半後半は別記事です。


9時過ぎにはサウナを出て、駅でおみやげを買い、遅い朝食を食べて出発の準備をした。
ロードバイクでの輪行は初めてだったので、1時間ほどの余裕を持って解体を始めたものの、15分ほどで完了。クロスバイクよりも外す部品が少なかったためにすんなりと終わった。


さて、ここからは自転車趣味を外れて、鉄道趣味へ。300系新幹線と、小田急ロマンスカー10000形HiSEの乗車記録です。


名古屋からの帰宅ルートは東海道新幹線で小田原へ。選択肢は必然的にひかりかこだまなのだが、この時期にホットな話題として、2012年3月16日で引退する300系新幹線が挙げられる。
この時点では既に限られた運用になってしまっており、狙っていかないと乗ることが出来ない。

ということで、名古屋発11:58発の上りこだま650号に乗車することにした。
出発まではかなりの時間があるのだが、これも運用が限定されているが故のことである。
記録に残るように、指定券を発券してもらった。あいにく窓側は空いていなかったので、通路側となってしまった。意外にも席が埋まっていて驚いた。


↓充当の300系車輌はJR西日本のF7編成。
12041501

↓車内の様子
12041502


各駅停車なので、停車のための加減速が多い。300系特有のインバーター音を楽しみながら、小田原まで寛ぐ。
…といっても、昨日の疲れがどっと出てきたので、うたた寝になり、駅に着くたびに目を覚ましてはまた眠りに落ちるといったことを繰り返していた。


↓小田原にて
12041503


14:06に小田原着。
タイミングよく、小田原14:23発で、小田急ロマンスカーのHiSEがさがみ号の運用に就いていた。
券売機を叩くと、前面展望席の最前列が空いていたので、記念に乗ってみることにした。
この小田急ロマンスカーHiSEも300系新幹線と同様に2012年3月16日をもって引退する車輌である。この形式は、おそらく今日が最後の乗車になるだろう。

↓10000形HiSE
12041504


小田原駅では、乗車待ちの人、先頭付近で記念写真のためにカメラを構える人などで賑わっていた。充当はHiSEの第1編成。

ちなみに、HiSEの場合は展望席付近のドア近くに自転車が置けるスペースがあるのだが、乗降口の近くであり、またドアが手前に開くので、置く場合には配慮が必要となる。

相模大野までのわずかな時間であったが、前面展望を楽しんだ。


↓前面展望。すれ違いはHiSEと同時に引退したロマンスカー20000形RSE
12041505


この後は、普通電車に乗り換えて最寄り駅まで。
駅前で輪行袋から出して組み立て、自走で帰宅。

|

« 名古屋ロングライドレポ~行程編後半(2012/04/14) | トップページ | 名古屋ロングライドレポ~装備編(2012/04/16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋ロングライドレポ~帰宅編(2012/04/15):

« 名古屋ロングライドレポ~行程編後半(2012/04/14) | トップページ | 名古屋ロングライドレポ~装備編(2012/04/16) »