« パンク@ジテツウ(2013/05/01) | トップページ | マックグリドルinレギュラー(2013/05/16) »

ソフトバンクモバイル2013夏モデル発表(2013/05/07)

ソフトバンクモバイルの2013年夏モデルが発表となりました。

スペックマニアの観点から行くと、やはりシャープ製端末の「AQUOS PHONE Xx 206SH」が目を引きます。
フルHDディスプレイに3000mAを超えるバッテリー容量、フルセグ試聴と、スマートフォンの進化がまだ終わっていないことを表しています。
高機能化によって犠牲となるバッテリーの持ちですが、消費電力を抑える各種技術はもちろんのこと、容量アップという視点からもユーザーの要求に応えています。


もう1つ注目は、シンプル系スマートフォン「シンプルスマホ SoftBank 204SH」。
ドコモでは先行して「らくらくスマートフォン F-12D」が発売されていますが、それと比べて、アプリがインストールできない、搭載されているデバイスが少ないなど、あえて機能を削っているのか、スマートフォンである意味を問われかねない設定となっています。
これは、ターゲットとしているユーザーがどこまで使うかということを分析してのものだと思うので、それなりの狙いはあるのでしょう。
データ通信の料金体系は2980円/500MBと、ドコモと同水準。

これだけ料金がかかるなら、今まで通りのガラケーで十分。もしくは、だったらもうちょっとかかっても普通のスマートフォンに…というのはITにどっぷりつかった世代の考え方なのでしょう、きっと(^^ ;)

|

« パンク@ジテツウ(2013/05/01) | トップページ | マックグリドルinレギュラー(2013/05/16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクモバイル2013夏モデル発表(2013/05/07):

« パンク@ジテツウ(2013/05/01) | トップページ | マックグリドルinレギュラー(2013/05/16) »