« 北陸新幹線 愛称決定(2013/10/16) | トップページ | 本州の客車寝台特急全廃の方向?(2013/11/11) »

のるレージ オリジナルPASMO 会員証(2013/11/03)

東急電鉄が実施している「のるレージ」ですが、2014年1月から、最高ランクの名誉駅長達成でのるレージ オリジナルPASMO 会員証が発行されます。

デポジットなしのオリジナルデザインで、氏名入り、発行から2年間有効となっています。
黒を基調としたデザインで、カラフルなデザインが多いオリジナルデザインのIC乗車券にあって、落ち着いた雰囲気に好感が持てます。

転売防止の観点から見たとき、氏名入りかつ有効期限が設定されているシステムは有効ですね。

ちなみに、コレを獲得するには当然ですが相応の利用が必要です。
一日で、定期券区間利用で10ポイント、定期券外(SF)で20ポイントのどちらか高い方が付与されます。
一般的な平日勤務のサラリーマンで計算すると、おおよそ月200ポイント強になるかと思いますが、この場合は上から3番目の「主席助役」までにしかなれません。
オリジナルPASMO獲得には、300ポイント利用で「駅長」となり、かつその翌月に350ポイントが必要です。

検証してみましょう。
1ヵ月を30日、SF利用日数をx、定期券利用日数をyとすると、
20x + 10y ≧ 350    (x + y ≦ 30)
を満たす範囲となり、定期券利用者はかなりハードルは高そうです。
…中学校の数学がこんなところで活用できたりします(^_^;)

文章に翻訳すると、
SFのみの利用で18日以上、
定期券を主体とした場合は、定期25日+SF5日で、以後定期が2日減る毎にSFが1日増となります。

件のサラリーマンを例にとると、毎月の曜日の組み合わせにもよりますが、定期21日+SF7日で達成できます。
いや、コレは結構ハードル高いですね。オリジナルPASMO獲得のために週末や定期区間外を積極的に利用しないと厳しそうです。

一方、仕事・通勤で定期券ではなくSFで利用している人は、ポイントが2倍入るので簡単に達成できそうですね。


…と書いてみたものの、東急沿線ではないので僕自身は縁のない話になりそうです(笑)

|

« 北陸新幹線 愛称決定(2013/10/16) | トップページ | 本州の客車寝台特急全廃の方向?(2013/11/11) »

コメント

実は大の月で620点満点、そのうち350点なので6割で満点である。

毎日の通勤で定期区間から1駅だけ飛び出してしまえばその日は20点あるので、20日通勤で毎日これを実践できれば到達は容易だったりします(400貯まる)が、その前月に300取って駅長に上がっていないといけないという条件が付くので、結局東急の思うつぼだったりしますw

投稿: anonymous | 2013/11/11 17:16

昇格を狙いに行くと、東急の思うつぼですね(笑)

31日の月に名誉駅長昇格を狙うと、4回のSF利用(他の日は全部定期)、つまり最低480円のコストでPASMOがもらえます。
…が、定期から飛び出た区間を歩いて帰るなどひと手間必要ですので、往復分のSFが…なんて考えていると、結局はある程度のSFを使ってしまうというカラクリが。。。

投稿: まる@管理人 | 2013/11/11 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のるレージ オリジナルPASMO 会員証(2013/11/03):

« 北陸新幹線 愛称決定(2013/10/16) | トップページ | 本州の客車寝台特急全廃の方向?(2013/11/11) »