« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年大晦日(2013/12/31)

2013年も大晦日を迎えました。
さて、簡単ですが、今年の元日の投稿を振り返ってみました。

>>N700系1000番台、E6系の営業投入と、個人的な注目はこのあたりでしょうか。
いまのところの計画では、久しぶりの切符争奪戦に参加する予定です。…時として窓口の状況が変わっている場合があるので、油断禁物ながら確実に手に入れたいところです。

N700系1000番台の営業運転開始は、平日の朝という条件もあってか、思ったより平和なデビューだったような気がしますね。
一方のE6系は、秋田側、東京側どちらも、新車デビューのイベントが催されました。


>>自転車は2012年の富士チャレンジ200の失脚を反省にして、秋口の第11回に向けて計画的に調整したいところです。
また、なかなか出かける機会が少なくなったとは言え、機会があれば積極的にロングライドを狙っていますが、こればかりは他の要因もあるので何とも(^_^;)
>>名古屋チャレンジの再挑戦は調整が付き次第。

富士チャレンジはスケジュールの調整がつかず断念。そしてロングライドすら行けず。
自転車は通勤ライドがメインというチョット寂しい1年になってしまいました。


>>水槽は最近、セッティングし直して陽性水草を配置したので、以前よりもマメなメンテナンスで好調をキープしていきます。週1の半量換水がベストなのですが、なかなか難しい時もあります。リシア絨毯が当面の目標なんですが、まだ遠いです(笑)

リシアの絨毯には程遠く、結局陰性水草がまったりと生育している以前の状況に戻っています(笑)


今年は、ブログが1000エントリーという節目を迎えました。
多くの過去を思い返してみて、当時の想いと、それを今の自分が受け止めた時の想い、それぞれが同じこともあれば違うこともあると、自分が勝手気ままに積み上げてきた記事が語りかけているような気がします。

残り一日ですが、2013年もいい年であったなと、ポジティブに受け止めながら新年を迎えようと思います。
それでは皆様、よいお年をお迎えくださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014春のJRグループダイヤ改正(2013/12/23)

恒例のJRグループダイヤ改正の概要が各社から発表されました。改正日は2014年3月15日(土)。
車輌の進退が気になる身としては、まずはE7系の話題。

北陸新幹線開業に向けて投入が予定されているE7系が、「あさま」として長野新幹線として先行デビューすることとなりました。
改正時は上下7本ずつに設定されており、順次E2系と置き換えていくようです。
E7系にはE5系と同じく、グランクラス18席を含めた3クラスの座席が設定されています。
E5系程の技術的インパクトはありませんが、JR西日本との共同開発となった車輌は、基本性能を確実にブラッシュアップしての登場となりましょう。

もう1つ、いわゆる「ブルートレイン」であるあけぼのが臨時化します。
事前にその方向との報道がなされていましたが、これで定期運用が終了することが確定しました。
多客期に臨時で設定される予定とは言え、車齢の関係も考慮すると、日本海のように短期で事実上の廃止になってしまうのではないかと思います。
富士、はやぶさ、北陸など最近のブルートレイン廃止と違って、臨時化なのであえて定期最終便にこだわることもないかなと思ってしまいます。
ダイヤを見てみると、3月14日青森発あけぼのに乗り、3月15日東京発あさま505号という乗り方もできそうですが。
…しかし、遅延で乗り継げない可能性もありますし、そもそも切符が取れるかどうかもわかりません。恐らく、現場はお祭り騒ぎになっているでしょうから。何に乗るかは今後考えることにしましょう。

とりあえず気になった東日本関係の話題でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なりたけラーメン(2013/12/22)

久しぶりにがっつり食べたくなるラーメンの1つ。なりたけラーメン。
甘みの効いた背脂がギタギタに乗っているラーメンは食べ応え満点です。

ということで、先日錦糸町のなりたけへ行ってきました。
辛ねぎ醤油ラーメンのランチセットをギタギタで。

13122201


11時過ぎの時間でしたが、客はひっきりなしに来ていました。
ランチセットはプラス150円で餃子3個と半ライスが付いてくるので、スープの背脂と相まって強烈な満腹感が味わえます(笑)
お腹が空いていたせいもあってか勢いでかき込んでしまいましたが、思いのほか脂感が高く、その後は胃の中がグルグルしていました。

そういえば、以前食べた具だくさんラーメンはなくなったのかしら。
見つけられなかったのか、錦糸町にはないのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TUBE RIDERS 14th.Meeting(2013/12/19)

TUBEの冬のイベント、隔年で行われるミーティングに東京ドームシティホールへ行ってきました。
ファンクラブ限定のイベントですが、今日は奇跡的な座席だったのでメンバーを間近に見ることができました♪

会場はホールですが、いわゆるライブとはまた違った雰囲気で、まったりとしたというか、普段よりコミュニケーションが取れるような進行になっていました。

前半はライダースのテーマ曲というタイトルで、公開レコーディングという形で行われました。
デモテープを基に各パートを入れていき、厚みを増していく過程を目の当たりにして、プロのレコーディングのレベルの高さを思い知ることになりました。メンバーの雰囲気から、音楽に対する情熱を感じました。

会場にいるライダースも全員がコーラスで参加。ミーティング各会場のコーラスが曲中に入るそうです。
また、3ポーズで写真を撮っていたので、どこかに使われるのでしょうか。


後半のライブでは、未発表曲を含めたマイナー曲の演奏がありました。未発表曲は、できたのが震災後というタイミングと内容から、あまりにも重すぎるということでお蔵入りになってしまったようですが、名バラードの一つになり得るんじゃないかと思うくらいの曲だったと思います。来年のアルバムにぜひ入れてほしいですね。

恒例の握手会は席順の関係で最後の方になってしまいましたが、それを全く感じさせない前田さんの笑顔が印象的でした。
そして、何とその握手会ではKey.の龍太さんも参加。お気に入りサポメンの一人です。…自分が鍵盤をやっていたからこそという理由もあるかもしれませんが。
今回のステージでもその実力をひしひしと感じました。オルガンサウンドかっこよかった~。

さて、今年はCDリリースがなく充電期間でしたが、来年はいつもどおりのペースでの活動となりそうですので、2015年に控えた30周年に向けての1年を楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E7系試乗会(2013/12/17)

今日まで、北陸新幹線に投入される新型新幹線E7系試乗会の受付が行われていました。
昼間にはっと気がつき、慌てて応募。
えきねっとと、モバイルSuica会員なので、今回は3口分の応募となりました。

さて、E5系試乗会は56倍という超難関だったので、今回も期待せずに結果を待つことにしましょう。
試乗会初日は2014年2月7日(金)。来春のJRのダイヤ改正がいつかにもよりますが、廃止が囁かれているあけぼのの最終列車争奪戦がその日にあたるかもしれませんね。

試乗会外れても、恒例の営業一番列車は狙っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野東京ライン(2013/12/11)

東北縦貫線は、2014年度末-つまり2015年春に開通の見通しということが発表されました。

宇都宮・高崎・常磐線と東海道線が直通運転で結ばれることになり、愛称を「上野東京ライン」とするそうです。
これで、東海道線と北方面は従来の「湘南新宿ライン」に加えて「上野東京ライン」という系統になるのでしょうか。山手線を挟んで両側を通っていく広域ルートができあがることになります。

運行系統は今後詳細に決まってくるのでしょうが、京浜東北線のように、東京駅を挟んで南北直通(東京止まりは廃止)という形態になる可能性もありますね。

北方面からの上野乗り換えに伴う混雑解消が目的のひとつになっているように、朝の南下、夜の北上ルートに大きな変化が見られそうです。
…そういえば、夜行列車の運行にも影響があるとかないとか。そんなウワサも耳にしますので、寝台列車ファンとしてはチョット心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TCA2013年11月(2013/12/09)

iPhoneの供給が安定してきたこともあり、大手3社の11月純増は次のとおりとなりました。

NTTドコモ 9万3400
KDDI 19万200
ソフトバンクモバイル 23万7100

また、MNPにも少々流れが変わってきたかと伺わせる内容でした。
NTTドコモ -6万8600
KDDI 5万6800
ソフトバンクモバイル 1万2300

ドコモの草刈り場状態は変わりませんが、その度合いは低下してきているようです。
しかし、時期的に12月は年末商戦でキャンペーンを張っていることもあり、内容からするとKDDIの勢いが盛り返すのではないかと読んでいます。

ソフトバンクが意外にもMNPの勢いが失速しているのは気になるところです。
ドコモがどこまで巻き返しを図れるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »