« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

E7系グランクラス(2014/03/15)

E7系グランクラス(2014/03/15)
E7系上り一番列車の「あさま504号」は、定刻通り運転しています。
速達系の列車ではないため、多くの駅に停車しながら東京駅を目指します。

 

さて、今日は最上級のグランクラスシートを選択。
E5系と同様、ゆったりとした空間と座り心地を実現しています。落ち着いた内装デザインとも相まって、上質な移動空間に仕上がっています。
新車ということもあり、革シートの独特の匂いが特別感を演出するのに一役買っています。

 

グランクラスが設定される12号車は編成中唯一、フルアクティブサスペンションが搭載されており、揺れの低減に対しても他の車両とは違う特別な装備が付いています。

 

2列配置側の席に座っていますが、一人の占有空間が広く、小さいながら顔の高さにパーティションがあるので、隣の人を意識することなく寛げるようになっています。
シートはクッション性が高く、リクライニング設定が細かくできるため、普通車でありがちな、体重がかかってどこかが痛くなるようなこともありません。

 

E7系グランクラスのシートは、レクサスでの実績があるトヨタ紡織が鉄道車両用のシートとしてはじめて受注したとの報道がされています。
また、そのシート表皮材は福井県に本社を置くセーレン株式会社から供給されています。
同社のホームページから一部引用すると…↓↓
『今回採用されたのは、最上級車両「グランクラス」およびグリーン車のシート肘掛部表皮と、「グランクラス」デッキ用パネル。
シート肘掛部表皮には、セーレンの革を超える新素材「neosofeel QUOLE(R)(ネオソフィールクオーレ)」が、デッキ用パネルには、当社独自のデジタルプロダクションシステム「ビスコテックス」を駆使したアルミ素材加飾パネル材が採用されました。
「ビスコテックス」にて、立体的な織物表現と春夏秋冬を表現し、「グランクラス」エントランスの高級感を演出しています。』 とのことです。
12号車へ一歩足を踏み入れた時の高級感は、このような技術の支えによって実現しているのですね。
シートのステッチや内装など、細かいところはE5系グランクラスとは異なりますが、それと同等の上質な移動空間に仕上がっています。

 

短距離のためアテンダントサービスはありませんが、北陸新幹線金沢延伸の暁にはまた乗ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E7系新幹線@ 長野駅(2014/03/15)

今日は長野駅へやってきました。 E7系がいよいよ、デビューします。北陸新幹線の金沢延伸に先行して、長野〜東京での「あさま」で営業運転を開始します。

 

E5系 E6系に続き、今回も一番列車に乗るべく、遠征してきました。

 

なかなか時間がとれなかったため試運転は見に行けず、お目にかかるのは今日が初めて。
思っていたよりも空色が鮮やかな印象で、ラインの銅色がいいアクセントとなっています。 当然ながら、外観はピカピカ。これから乗るのが楽しみです。
今年は首都圏で記録的な大雪が降ったことから、運休にならないかと戦々恐々としていましたが、その心配もなく当日を迎えられて良かったです。

 

さて、E7系車両のトータルコンセプトは、
「大人の琴線に触れる『洗練さ』と、
心と体の『ゆとり・解放感』」

 

日本の伝統と最新技術の融合により新たな価値を生むことで『洗練さ』を、和風の空間に集うことで得られる心地よさで『ゆとり・解放感』を表現しているそうです。
内装など、JR九州のつばめのような「日本の伝統」を意識したデザインで、かつ、機能性を有した設備を搭載した現代のニーズにマッチした車輌となっています。

 

本日のE7系デビューに合わせ、長野駅のホーム東京寄り先頭部では出発式が行われます。様子が見られれば別途レポートします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E3系0番台、あけぼの撮影(2014/03/09)

今年は鉄道ネタが多いですね(笑)

さて、3月は鉄道業界でもお別れの季節です。
ということで、最終日のボルテージMAXの喧騒の前に、その姿を納めておこうと、東京近辺へ繰り出しましたのでその記録を。

↓E5+E3系1000番台
14030801

↓メインはこの顔
14030802

↓こまち運用引退特別ラッピング
14030803


さて、上野では、寝台特急あけぼのが2014年のダイヤ改正により臨時化されます。
既に4月、GWの運行が決まっていますので、最近で言う富士・はやぶさ、北陸のように完全にお別れという感じはしませんが。

↓あけぼの
14030804

↓ロープ規制あり、撮影ギャラリーはそれなりにいました
14030805

廃止までもう1週間ほどとなりましたが、これからますます撮影やお別れに繰り出す人が増えてくるのではないでしょうか。ある意味この時期の風物詩のようになっていますが、何よりも安全第一、一般の利用客の邪魔にならないように配慮しながら行動したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新幹線にお座敷列車(2014/03/04)

JR東日本から、面白い企画の列車が誕生しそうです。

その名も「とれいゆ」

E3系の改造車で、普通車指定席の他に、お座敷指定席、ラウンジ車輌、足湯車輌が連結され、乗ることが目的となり得る列車となりそうです。

2014年7月以降に営業運転開始の予定です。
土休日の120日程度、運転区間は福島~新庄間の見込みのようです。

列車の中に足湯というのは斬新な発想ですが、それを新幹線で持ってくるとは意外でした。
…ん、待てよ、新幹線車輌を使っているとはいえ、運転区間から考えると従来の在来線のリゾート列車とそれほど変わらないのか。

コレ、東京口からの発着便なら結構なインパクトがあっただろうなぁ。

編成図から、ラウンジ車輌にはバーカウンターが設置されるようなので、「温泉街のように散策しながら列車の旅を楽しむ」というテーマが凝縮された列車になることから、ただの物販、供食設備ではない何かを期待してしまいます。

JR東日本では様々なリゾート列車を手掛けていますが、この新幹線車輌を使った企画はなんだかいつもと違う気がします。
今後の発表に注目していきたい列車の一つですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »