« JRチケット転売で逮捕(2014/04/24) | トップページ | TUBE LIVE AROUND2014 ~厚木市文化会館(2014/05/03) »

ドコモ 通話定額導入へ(2014/04/25)

ドコモは2014年4月10日、Xiで固定や他社携帯電話宛ての音声通話定額サービスを6月から導入すると発表しました。

通話定額という非常にインパクトのある新料金であるだけに、期待を持って見ていたのですが、どうやら誰しもが通話定額のプランになってしまうようです(従来からXiのプランを利用している人を除く)。つまり、基本料金が大きく値上がりする形になるので、音声通話をそれほど使わないユーザーは、十分に検討する必要がありそうです。

株式投資関係のニュースによると、ドコモユーザー全体の音声ARPUは1千円台前半であり、音声通話定額による増加分を考慮しても、従来比で減益にならない範囲での料金設定になっているのではないかと分析されており、経営的には影響は限定的と見られています。
…裏を返せば、音声通話のライトユーザーにとっては、基本料金の実質値上げという事態と見ることができ、パケット使用料とファミリー割引グループ内のユーザーの使い方によって、従来からのXiプランを継続していくかを判断する必要がありそうです。

今回の変更では、各ユーザーの状況によって損得、最適プランが大きく変わってくるので、個別の紹介は割愛します。代わりに、自分のプランを検討してみることにしましょう。


「パケット通信は2GB前後、家族でスマホユーザー(パケット定額ユーザー)は無し、端末はAndroidスマートフォン」と仮定し、変更とならない各種オプションを省略すると、
現行:
基本料タイプXiにねん 743円
Xiパケ・ホーダイ ライト 4700円   →計5443円

改正後:
基本料カケホーダイプラン(スマホ) 2700円
パケット定額データSパック(~2GB) 3500円 →計6200円

基本料カケホーダイプラン(スマホ) 2700円
パケット定額データMパック(~5GB)(ずっとドコモ割適用) 4400円 →計7100円


パケット定額が2GBで線引きされているので、今の使い方から少し節約してパケット定額Sパックの範囲内に収めたほうがよさそうです。
そして、音声定額プランについては、単純に音声通話が757円までであれば現行プランが有利となります。
通話時間が18分30秒以内なら、現行プラン継続ということですね。

さらに、現行プランならデータは3GBまで使えるので、意識して節約せずともデータ通信は十分使えそうです。
…グランプレミアステージなら、データSパックでもずっとドコモ割が適用されるので、カケホーダイプランも検討の余地がありそうですが、現状では契約年数が足りない。
ん、これがまさしく長期契約者優遇措置ということか(^_^;)
いずれにしても、当面の間は現行プラン継続となりそうです。


|

« JRチケット転売で逮捕(2014/04/24) | トップページ | TUBE LIVE AROUND2014 ~厚木市文化会館(2014/05/03) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドコモ 通話定額導入へ(2014/04/25):

« JRチケット転売で逮捕(2014/04/24) | トップページ | TUBE LIVE AROUND2014 ~厚木市文化会館(2014/05/03) »