« ころたん(2014/05/20) | トップページ | トワイライトエクスプレス引退へ(2014/05/28) »

茅ヶ崎での自転車専用通行帯(2014/05/22)

2014年3月中旬ころから、茅ヶ崎の国道1号線で自転車専用通行帯、いわゆる自転車専用レーンが供用開始となっています。

14052201

茅ヶ崎駅前付近の新栄町交差点から、鳥井戸橋までの約1.4km区間が整備されました。

供用直後は現場で警察官が交通指導を行うなど、交通ルールの周知が行われていました。
当初は広くなった自転車レーンを堂々と逆走してくる自転車を見かけましたが、最近になってそのような自転車はほとんど見なくなりました。

この区間は、朝の通勤時間帯に平塚側から茅ヶ崎駅へ向かう自転車が多く、しかも駅寄りである下り車線側の歩道を通行する自転車が歩行者と混在しており、事故を誘発する危険が高い区間でもあります。

まだまだ短い区間ですが、このような形で、自転車の通行レーンが確保されるのはいい流れであると感じています。
また、この整備に伴って、交差点での自転車通行帯と歩行者自転車専用信号が撤去されているのも、大きな改善ですね。
道路交通法を厳密に解釈した場合、交差点に自転車通行帯と歩行者自転車専用信号があると、流れに乗っている車両用信号に従った通行が出来ない点が非常にもどかしかったものです(警視庁HPに記載あり)。つまり、車両用信号が青でも、自転車通行帯があり歩行者自転車専用信号が赤の場合は停止しなければならないということになるようです。

この辺の議論については、様々な解釈があるので別の機会にしますが、いずれにしても、日本の道路行政がようやく「自転車は車道通行、車の仲間」という考え方を、道路整備という形あるものとして動き出したということを肌で感じました。

|

« ころたん(2014/05/20) | トップページ | トワイライトエクスプレス引退へ(2014/05/28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茅ヶ崎での自転車専用通行帯(2014/05/22):

« ころたん(2014/05/20) | トップページ | トワイライトエクスプレス引退へ(2014/05/28) »