« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

北海道新幹線開業(2016/03/26)

本日、北海道新幹線の新函館北斗~新青森間が開業しました。

 

↓オープン直前の新函館北斗駅
16032601

 

新函館北斗駅ではオープン前から行列ができ、一番列車発車前に開業セレモニーが行われました。特にこの週末は函館周辺でさまざまなイベントが行われるようです。

 

さて、今日は開業上り一番列車のはやぶさ10号に乗車。
はやぶさ10号は、北海道新幹線区間は各駅停車のスジなので4時間半の旅です。
充当はH3編成でした。

 

↓最後尾 いいアングルでは撮れません(^^:)
16032602

 

↓H5系ロゴマーク
16032603

 

 

三線軌条となった青函トンネルに初めての新幹線営業列車であり、トンネルの出入口、海底定点、最深部など、随所で車掌さんからの案内放送が入りました。
青函トンネル区間は140km/hと速度を落としての区間なので、新幹線にとっては余裕の安定感でした。そして、トンネル内走行中も以前よりは静粛性があるかと思いますが、独特の高い金属音と言うのでしょうか、それは白鳥で走っていた時と変わらない気がします。

 

また、二戸停車中にH5系の並びとなったのはノーマークでした。

 

北海道新幹線開業に伴って発表された新しいグランクラスのメニューは、北海道の特産を使った和軽食が特徴です。また、期間限定ですが飲み物も北海道メニュー(サッポロクラシック)が加わっています。
アテンダントサービスもノウハウが蓄積されて洗練されてきたのか、テキパキと対応していました。
東京到着挨拶の時、車内からアテンダントさんへの拍手が沸き起こり、一番列車に乗り合わせた人たちの一体感というものを感じました。これもまた一番列車の醍醐味の一つですね。

 

↓グランクラスの和軽食
16032604

 

H5系はE5系ベースなので、違いと言えばロゴマークや内装の色使いでしょうか。グランクラスのシート地はE5系と同じく革製でゆったりとした電動リクライニングとなっています。
全区間or長時間乗車なら、グリーン車よりもシートが格段に違うので、グリーン車に乗るなら少し上乗せしてアテンダントサービス付きのグランクラスをオススメしたいですね。

 

東京駅到着時はH5系の入線とあって、多くの人が詰めかけていました。
各所でプレス関係の方をたくさん見かけましたし、車内でも見かけました。

 

とりあえず、開業直後のレポでした。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »