« TUBE LIVE AROUND 2018 〜燦々・晴レルヤ!Yeah!Yeah!Yeah!〜(2018/05/16) | トップページ | 最終列車を見送って(2018/07/11) »

小田急ロマンスカー7000形LSE定期運用ラストラン(2018/07/10)

2018年7月10日、38年にわたって小田急線を走り続けたロマンスカー7000形LSEが定期運行最終日を迎えました。
日中は「はこね」運用をこなし、ラストランは江ノ島線運用となりました。

 

私はつくづくロマンスカーには縁がないのですが、今回も(GSEの一番列車に続き)特急券が確保できませんでした。

 

ということで、ラストランは江ノ島線ということなので、片瀬江ノ島でLSEをお出迎えすることにして、先回りルートとしました。

 

まず、先行するホームウェイ81号(GSE)に乗車し、LSEとのすれ違いを見ることにします。

 

↓動画から切り出したので荒くなっていますが、、、
18071001

 

↓位置的にはこのあたり
18071002

 

まさにあっという間です。上り最終運行で、この新宿折り返しがラストランのホームウェイ83号となります。

 

相模大野で下車して、少し時間を潰します。
券売機では、ホームウェイ83号の空き状況を表示するお客さんもちらほら。15分前の直前キャンセルを拾う作戦にも見えました。
しばらくすると…

 

↓電光掲示板に姿を現しました。「臨時特急」の表示
18071003

 

私は、先発の快速急行で藤沢へ先に行きます。
既に相模大野の先頭付近ではLSE待ちの人だかりができていました。
途中、大和でも同様に人が集まってきています。

 

藤沢に到着。ここでも改札側のホームには既に人が集まってきます。この快速急行が折り返して間もなく、LSEが入線してきます。

 

↓藤沢のホーム券売機。LSEを見るのは最後になってしまうのか。
18071004

 

さらに先回りして片瀬江ノ島駅へ向かいます。
ちょうど、片瀬江ノ島行きの車内から、藤沢駅の1番線に滑り込むLSEの姿を捉えることができました。
車内には一般のお客さんの他に、同じような作戦のファンの方が多くみられます。

 

↓もう暗いのでこれが限界。
18071005

 

LSEの到着予定時刻数分前に、片瀬江ノ島駅へ到着。今日は臨時で4番ホームからの降車。おそらく、混乱を想定してか、真ん中の線は使わないよう臨時的な変更がされていました。

 

ホームの放送では、入線時のフラッシュ撮影を遠慮していただく旨の放送が入っていました。
しかも、無事にLSEが到着した後は、フラッシュ自粛への御礼放送がありました。このフォローは重要だなと思いました。

 

さて、藤沢~片瀬江ノ島間は、スイッチバックのたま「後展望」席が先頭になります。入線時は展望席の通路や展望エリア後方に人が集まっており、皆一様にカメラやスマホを前に向けていました。
この記念すべき列車の展望席なんて羨ましい限り。

 

↓当然のごとくカオスになっていました。
18071006

 

↓遠巻きに見る
18071007

 

その後は、次に発車する各停に乗り、藤沢で先に着いていた各停に乗り、途中駅で回送の姿を捉えました。
私はよく新幹線の「乗り」をやっていましたが、私鉄特急となると距離もそこそこなので、高校生~大学生くらいの若いグループが意外にも多いのかなという印象を受けました。
38年という長きに亘って走り続けた車両なので、当然、年配層もいます。
ロマンスカーと言えば…と聞かれて、真っ先にイメージするのはこの配色のLSEという世代なので、思い入れもひとしおというところなんですが、今回は乗車しながら感傷に浸るというよりも、各所での瞬間に思いを馳せた、そんな行程でした。
…やっぱり、私にはゆっくりと車窓や車内の雰囲気を肌で感じながら、最終列車を味わうのが性に合っているようです。技術もないのでアレなのですが、こういう一発勝負のラストランで、目の前を通り過ぎる一瞬を切り取る撮影部隊の方々には頭が下がります。

 

 

さてさて、そんな今回のラストランツアーでしたが、乗車直前になって小田急の予約システムがどうなっているのか非常に気になったのですね。発車直前に予約サイトを見ていると、満席と空席有りが目まぐるしく変化していました。
そのスピードたるや、空きを見つけてからスマホやパソコンで必要事項を入力するのひ必要な時間をはるかに上回る速度で席が埋まっていきました。これもしかして、インターネット購入ではなく、券売機で直接「ピッ」とやって購入しているから、サクサク売れていくのではないかと思ったりもしました。ということは、(今回のような多くの人が注目する記念列車は除くけど)帰宅の際に満席のホームウェイ号などを直前に券売機に並んでピンポイントで買うっていう手段も十分に検討の余地があるのではないかと思ったところです。
この辺りは今後ノウハウを積み上げていくことにしましょう。慣れていたJRとはちょっと勝手が違いました。

 

ということで、久しぶりの「ラストラン」紀行でした。

 

|

« TUBE LIVE AROUND 2018 〜燦々・晴レルヤ!Yeah!Yeah!Yeah!〜(2018/05/16) | トップページ | 最終列車を見送って(2018/07/11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田急ロマンスカー7000形LSE定期運用ラストラン(2018/07/10):

« TUBE LIVE AROUND 2018 〜燦々・晴レルヤ!Yeah!Yeah!Yeah!〜(2018/05/16) | トップページ | 最終列車を見送って(2018/07/11) »