« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅開業(2019/11/30)

相鉄の一大プロジェクト、JRとの直通運転が開始されました。
同時に、羽沢横浜国大駅が開業したので、その様子と、恒例の一番列車乗車レポです。
今回は、海老名駅からの直通一番列車(事前リリースは見つかりませんでしたが、恐らく出発式のようなものが開催されると思います)に全線通しで乗るという流れと、羽沢横浜国大駅の新駅開業というめったにないイベントに突入する2つの候補がありました。
そこで、当日の動きなどを考慮して後者の、羽沢横浜国大駅へ行くことにしました。
当日は、公共交通機関でのアプローチは不可能なので、車で近くまでアクセスしてから徒歩で向かいます。
↓横国の側からアプローチ
19113001-2

5:23羽沢横浜国大駅に到着。
既に、かなりの行列が出来ています。
↓既に行列
19113001-3

今日のシャッターオープンから、記念切符の販売が同時に開始されるということもあり、徹夜組を含めてかなりの人が早くから並んでいたようです。
私は、特にこれらの切符は狙っていなかったので、適当に周辺の雰囲気を記録して、ホームへ向かうことにします。
19113001-4 19113001-6
一番列車は5:55発の下り西谷行き。
さて、どの列車が来るか。
ホームは相対2線、ホームドア完備です。
19113001-7
5:36列車が2番ホームに入線してきました。E233-7000の129編成が相鉄線側から入線。 
運転席には、マスコットキャラクターの「そうにゃん」が乗っています。
運用の都合ということなのでしょうが、開業一番列車をJRの列車が担うという、なかなか面白い展開となっています。
また、運転手さんの計らいなのでしょうか、そうにゃんがJRの運転席に乗るのも珍しいですね。
 19113001-819113001-9
発車まではしばらくホームを先頭へ向かってみることにします。
先頭の西谷方には、さきほどのと思われるそうにゃんが既にスタンバイしていました。
19113001-13

新線開業の割にはそれほど混雑しておらず、先頭は譲り合いで写真撮影が行われており、平和な状況でした。
車内案内では、わずか1駅の行き先案内が表示されています。
早朝は、羽沢横浜国大から西谷へのピストン輸送便が設定されています。
19113001-12  19113001-10 19113001-11  
5:55に出発。
駅の構内放送でも、開業一番列車の西谷行が発車します・・・と開業を強調する案内が何度もなされていました。
西谷までの3分ほど、ほぼ一瞬で開業一番列車は運行を終えました。

さてここからは、海老名発の新宿行き一番列車に乗り換えます。
19113001-14

西谷駅改札では、羽沢横浜国大駅からの乗車組が乗換のため一旦改札を出てすぐに入るという、珍しい「改札ターン祭り」が開催され、めったに見られない大量の乗客が改札口でターンしていくという光景を目にしました。
かく言う私もその一人でしたが、列になった乗客が改札の2つのレーンを使って、まるでイワシの大群のように統率の取れたきれいな流れで改札を次々に折り返していくという、この先もなかなか体験できない面白い動きに少し笑ってしまいました。
やはりこの時間に来るのは鉄道ファンということもあってか、誰も改札に引っかからないんですね。

出入札が不要な切符をお持ちの方、その他〇〇な方はそのまま上り線ホームへ流れていき、大きく2つの流れに分かれています。
間もなくして、相鉄が相互直通運転用に設えたネイビーブルーの車体色を纏う12000系が入線。
19113001-15
特急新宿行きの表示を携えて、西谷駅ホームから発車していきます。
ここからは、来た道の折り返しと、羽沢横浜国大から先がJRへのバイパス線となります。
相鉄の車内に湘南新宿ラインで見慣れた駅名が並ぶという、新しい時代の幕開けを感じます。
19113001-16

新宿駅では、相鉄からの一番列車の入線を待ち構えていた鉄道ファンが列車を取り囲んでいました。
ネイビーブルーの新宿駅では珍しい車体が、より「何か違う」感を醸し出しており、居合わせた一般の方も振り返りながらスマホを向けるシーンもちらほら見かけました。
19113001-20 19113001-17  
19113001-18 19113001-19
新宿駅の埼京線案内では、相鉄線直通、そして海老名駅の表示が新たに加わりました。
小田急ではお馴染みの行き先ですが、これがJR側で見られることになります。
ここから、改札ターンをしてさらに羽沢横浜国大へ折り返すことにします。
景色としては一度見た景色でしたが、帰り際、貨物駅で式典らしき準備がしてあるのを見かけました。
19113001-21
羽沢横浜国大にて下車。ここで今日のルートは完結です。
19113001-22 19113001-24  

記念切符の行列はまだまだ伸びていて、さばくのには相当な時間がかかりそうな予感がします。
駅を出ると、まるで開業を祝うかのような快晴でした。
19113001-25 19113001-1

まだ列車本数は少ないですが、将来的には相鉄・東急直通線の開業が控えており、これからますます重要な駅になっていくと思います。
久しぶりに新線開業に同乗し、乗り鉄してきました。
来年春のJRダイヤ改正では、さてどんなイベントがあるでしょうか。

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »