« 2020年2月 | トップページ | 2020年7月 »

251系スーパービュー踊り子 ラストラン(2020/03/13)

道の駅で海の幸をいただいた後、伊豆急下田駅へ戻ってきました。

伊豆急から発売されたポストカード付き記念乗車券を購入し、改札の開始を待ちます。

 

なお、「スーパービュー踊り子」引退記念撮影会が企画されていましたが、新型コロナの影響により残念ながら中止となってしました。

まだ社会的に予断を許さない状況なので、満席の列車への乗車の際も少し心配な面がありますが…こればかりはどうしようもなく運に任せると言うほかありません。

 


15:30過ぎに改札が始まり、いよいよ、251系が最後の運行を迎えます。

改札口ではラストランを見送る、また乗車する方々で賑わっています。

 

↓「スーパービュー踊り子」最後の表示

200312-14

 

ホームでは多くの人が集まっています。

海沿いを長年走ってきただけあって、車体にはところどころに痛みが見られます。

 

↓塗装はがれの隙間からの錆が過酷な行程であることを物語っています

200312-17

 

ラストランはスーパービュー踊り子10号 池袋行き。

 

↓行き先表示幕

200312-15

 

↓伊東方先頭では、伊豆急オモシロ駅長が横断幕での見送りです

200312-18

↓ラストランを待つ251系

200312-16

 


10時打ちにて確保した貴重な切符を手に、10号車へ乗り込みます。

10号車は2階建てになっており、上りの場合は追加料金なしで眺望の良い席を取ることができます。

 

↓展望エリアでは、1号車とほぼ同様の眺望です

200312-19_20200829180701

 

列車は定刻通り16:07に発車。ゆっくりと踏みしめるように伊豆急下田駅を出ていきます。

ホームからは多くのカメラのレンズが向けられ、手を振る人に見送られています。

 

30年間走り続けた251系とのお別れを惜しむように、ところどころでお見送りの人たちを見かけました。

ある駅ではホームの先端で、少し年の離れた姉妹でしょうか、お手製のお別れボードを掲げて運転手さんへアピールしていたのが印象的でした。
最終列車ならではの光景ですね。

伊豆高原駅では、先頭で横断幕を持ってお見送りがありました。
また、運転手さんへは花束が贈られました。運転手さんの多少の戸惑い加減からすると、恐らくサプライズだったのではないでしょうか。


↓伊豆高原駅にて

200312-20 


伊豆高原駅では、海側に車両基地がありますが、そこのスタッフも揃って手を振っていました。


伊東で運転手さんが交替。
先頭付近では撮影の方々が集まっています。
先ほどの花束は後続の運転手さんに引き継がれていくようです。

続いて熱海、横浜と停車していきます。
都会に近づくにつれて陽が傾いていき、薄暗くなっていきます。
金曜日ということもあってか、途中の通過駅では次第に帰宅ラッシュの様相を呈してきます。
それでも、251系の最終列車の通過と知っているのはほんの一部の方のみのようで、意外なほどカメラを向けたりしている方は少なかったなという印象です。

横浜に着くころにはすっかり暗くなり、運転席の計器やモニターが浮かび上がるような明るさを放っていました。

18:26に横浜駅へ到着。私はこの後予定があるので、残念ですが池袋での様子を見届ける前に下車となります。
同じく下車する人もちらほら。乗車口では駅員さんが指定券を確認しています。
強行突破を防止するための、最終列車ではおなじみの光景ですね。

先頭車付近にはロープ規制が敷かれていて、物々しい雰囲気になっています。
帰宅ラッシュの人混みと相まってこの騒動で、ただ通勤で居合わせた一般のお客さんは何事かという表情で群衆を見つめています。

前へ前へ行き写真を撮る人もいれば、一歩下がって人の流れが来ないところからひっそりと笑顔で見送る人も。
乗り降りが終わればすぐに発車となります。先頭付近をはじめとした安全確認のためということもあり、定刻から数分遅れての発車でした。

200312-21

 

あっという間に加速して、横浜駅を出発しました。
集まった人たちは三々五々、それぞれの次の行き先へ歩みだします。
乗り場の電光掲示は成田エクスプレスを表示していました。
感傷に浸る間もなく、横浜駅は日常の光景へと戻っていきます。

最終列車の途中下車は今までになかったのですが、やや消化不良な感じはありつつも、乗れただけでも幸せです。
このあと、終着の池袋では多くの人に見送られて、251系の最終運行が幕を閉じました。


251系は、沿線でよくその姿を見かけていたのですが、実際に利用するのはおはようライナーばかりでした。
身近な存在だったけど、実際はほとんど乗ったことが無い、そんな形式でした。
185系から251系、そして明日はE261系にそのDNAは引き継がれ、新たな発展を遂げていくことでしょう。

後日、池袋での様子をYoutubeで見ましたが、横浜とは比べ物にならないくらいの人だかりだったようです。
その場にいて、空気感を共有したかったですね。

都内と伊豆を結ぶ一つの列車の歴史が一つ幕を下ろしました。
明日は、E261系がデビューします。

2日連続となりますが、伊豆を往復することにしましょう。

| | コメント (0)

251系スーパービュー踊り子 新宿発ラストラン(2020/03/13)

国鉄分割民営化の後、東海道線に登場した251系スーパービュー踊り子。
1990年にデビューし、30年にわたって東京と伊豆を結んできました。国鉄時代から共に走り続けてきた185系よりも先に、今日2020年3月13日に引退することとなりました。

下りの新宿駅発ラストランでは、30年間の想いを乗せた横断幕が掲げられていました。

↓出発時、駅員さんの見送りと共に

200312-6

当日は、丸一日の時間を取って、251系を満喫することとしました。

まずは朝の運用。
下り新宿発の送り込み運用であるおはようライナー新宿26号を狙います。

確実に席を確保するため前日の発売と同時に切符を確保。

↓ライナー券おなじみの9:30打ち

200312-1


…蓋を開けてみたら、当日でも余裕で買えました(笑)
さぁ、藤沢から乗り込みます。
小田原から乗るという手もあったのですが、ライナー券を買いに行くタイミングがなかったのと、当日グリーン車を目的に小田原から乗車するのはかなりリスキーだったので、確実性を狙っていきました。

ライナーのグリーン車は事前指定制ではないので、乗るためには小田原駅に改札オープンダッシュを決めなければいけないようなことが想定されます。(さすがにそこまでの気力は無かった・・・)

↓251系おはようライナー新宿

200312-2

 

最後の251系おはようライナーです。
通勤時間帯とあって、いつもの雰囲気という感じです。ほぼ通勤客。

藤沢駅の後方突端では数人の撮影部隊がおりました。

 

↓車内

200312-3


最後に新宿到着時に車掌さんから特別な放送がありました。
251系が今日で引退であること、明日から185系に変わることなどが放送されていました。
特に、グリーン車の配置や編成中の配置が変わるので、通勤利用客には事前のお知らせが必要なのでしょう。

新宿で一旦改札を出て精算。

9:25発のスーパービュー踊り子3号を待ちます。
このまま折り返し運用になるので、それまでは撮影タイム。

↓電光掲示

200312-5

そういえば、明日はJR春のダイヤ改正。
高輪ゲートウェイ駅が開業します。

↓開業ポスター

200312-4
先頭部分では、撮影のための人だかりができています。
私は、最終列車の雰囲気が撮れればいいので、サクッと撮って撤収。


↓先頭部

200312-7

乗車口で指定券を提示して乗り込みます。


1か月前の発売直後、えきねっとにて幸運にも1号車の空きが見つかったので運よくグリーン席を購入できました。
1号車の2階は眺望が抜群ですね。


↓これぞ「スーパービュー」

200312-8

出発前には新宿駅の駅員さんから251系の新宿発ラストランを飾る記念すべき放送がかかっています。
そして、発車時にはミュージックホーンを鳴らし、見送りの人たちに新宿発下り最後の勇姿を見せていました。

しばらくすると、アテンダントさんが回ってきます。

おしぼりが渡され、サービスドリンクを聞かれます。ホットコーヒーをチョイス。デフォルトでドリンクサービスが付いてくるのは今や貴重な列車となってしまっています。

翌日から運行開始となるE261系はそのサービスはなくなるようです。

横浜までの乗車でよろしいですか?と聞かれたが、きっぷ手配の関係で新宿~横浜、横浜~熱海に分かれてしまったので、アテンダントさんに同じ席で連続したきっぷを持っている旨を伝える。なお、この場合は一乗車とみなして横浜発車後のあらためてのサービスはありません。

 

運行は順調です。
途中、横浜の手前で非常停車がありましたが、特段の支障なく安全確認後に発車。


↓サロン室。乗客はいませんでした。

200312-9

 

売店で木内梅酒を買い、席でいただきます。

午前中から梅酒片手に列車を楽しむという贅沢をしてしまった。

 

各通過駅では数人がカメラを向けており、ホーム中ほどでスマホで写真を撮ったりする方もいました。

 

10:55に熱海駅に到着。
眺望を楽しんでいたらあっという間に過ぎてしまいました。
思ったより、乗客の入れ替わりがありますね。やはり記念乗車として、新宿~横浜間だけという方もそれなりにいらっしゃいました。
ここで下車します。


↓熱海駅。大きなボードが掲げられています。

200312-10
これ、何て言うのでしたっけ?写真一枚一枚をドットのようにして、一つの別の写真にしてしまうもの。

…モザイクアートだ。

これで、スーパービュー踊り子が表現されていました。

 

さて、せっかく伊豆へ向かうので、熱海からはキンメ列車に乗って下田まで行くことにしました。

スーパービュー踊り子3号のグリーン車がそのまま取れればよかったのですが、明日またサフィール踊り子に乗る予定なので、伊豆急のちょっと特別な車両に乗ってみることにします。


キンメ列車は11:58に熱海駅へ入線。発車時刻は12:24なので、しばらく時間があります。

その間に、バリエーションに富んだ車内を散策。

各車両では沿線各市の推しポイントがあしらわれた写真やイラストなどがあしらわれています。

出発までの間に、東京発のスーパービュー踊り子5号との並びが見られました。


↓東京発の251系と並ぶ

200312-11


↓キンメ列車も展望席へ。眺望性を加味して2列目を確保。

200312-12


キンメ列車は扱いは普通列車なので、伊豆急下田までゆったりと乗って、景色を楽しむことにします。
天気は幸いにして晴れていたので、相模湾を眺めながらの乗車となりました。
途中、周りの席も目まぐるしく変わっていきます。二人掛け×2列ですが、最も混んだタイミングでは、隣の席にも乗客が座るくらい、展望席は人気なのですね。

13:54に伊豆急下田駅に到着。先行していた251系が折り返し運用の出発を待っていました。

↓伊豆急下田駅での並び

200312-13


さぁいよいよ、後は上りのラストラン、スーパービュー踊り子10号の入線を待ちます。

少し時間があるので、改札を出て海の方へ行ってみることにします。

| | コメント (0)

700系新幹線ラストラン中止(2020/03/02)

新型コロナの影響で、ラストランや式典が中止となってしまいました。

このご時世なので仕方ないところではあるのですが…残念です。

記念品として準備されていたメダルは、指定券を持っている方に後日配布(時期未定)されるとのことです。

ラストランに乗って雰囲気を楽しむのが大きなウエイトを占めているため、乗れないことそのものも残念なのですが、もう一つ、記念品をもらうことができなくなってしまったことの衝撃は大きいですね。

まだきっぷを諦めていなかった私にはまさかの結末でした。発表からしばらくしてネット予約サイトを見たところ、のぞみ315号はグレーアウトしており、満席ではなく未発売のステータスになっていました。

 

鉄道は公共インフラということで、この新型コロナ拡大の最中にあっても間引きなどの措置は取られていません。

定期列車であれば、普通の運行ということで走らせることはあったかもしれませんが、臨時列車というところが仇になった格好と思っています。

 

私が気になっているのは、その先にある251系とE261系の運行です。

既にきっぷは確保しているので気が気じゃないのですが、いずれの列車も定期列車なので、間引くことはないだろう…との見方です。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年7月 »