« West Express 銀河 京都発 初日速報 ~その2~(2020/09/11) | トップページ | 長野電鉄で旧車巡り(2020/10/23) »

West Express 銀河 京都発 上り速報(2020/09/12)

幸運にも往復West Express 銀河乗車コースに当選しましたので、帰阪も銀河となりました。

上りは16時発となっており、下りとは運行時間帯が大きく異なります。

私の勝手な予想では、京阪神地区の過密ダイヤを避けるために早朝到着となっているのではないかと推測します。(サンライズのように)

 

さて、上り列車では松江、根雨、備中高梁の3駅でイベントが企画されていました。

 

松江駅では、武者がホームにいたので、一緒に写真を撮ってもらいました。語り口も武者です。ぶれないところがいいですね。

また、乗客向けにおちょこがプレゼントされました。一番列車は、こういう+αがあるのがいいですね。

 

根雨駅では雨が激しい中でしたが、地元の方も含めてのお出迎え、お見送りとなりました。また、物販がありましたので、黄色いハンカチとしいたけのキャラクターをモチーフにしたトートバッグを購入。

今回は各地でお金を落とすことを心がけています。West Express 銀河が今後も地元の人たちに愛され、そしてWin-Winであるように、ひいては夜行列車の新たなステージに繋げていくためにも、ちいさな一歩を積み重ねていこうかと思っています。

また、同乗した方も同じような考えの方が何人もいて、夜行列車のニーズと期待は高いものと感じます。

 

また、新見駅では機関区の皆さんが手持ちのライトで一斉に見送ってくださいました。こちらからも、スマホのライトで返します。どのように見えているのか気になりますね。

 

サンライズ出雲の待避で2列車が並ぶ備中高梁では、35分の停車時間ながら、駅に併設する図書館とその周辺では、備中神楽の披露が行われ、ホームではサンライズ出雲との並びに加え、なんと本日限りで現役の黄色カラーの117系との並びが実現するなど、消化しきれないくらい大々的に行われていました。

 

その後は深夜帯の走行となり、中庄駅で長時間の運転停車。恐らく、ここで終電後のスジにはいるのではないかと思います。

23時には減灯するので、眠りに入る人、4号車で過ごす人、それぞれの好きなように時間を使えるというのは、まさにこのWest Express 銀河が目指した姿なのではないでしょうか。

 

早朝大久保駅以降は優等列車のごとく都市を爆速で駆け抜ける予定となっています。

大阪到着は6:12の見込み。

日曜なので閑散としていると思いますが、平日着の運行ではやや通勤客が多く見られる時間かと思われます。京都乗降プランの場合、大阪から京都は在来線となりますので、早めに抜けてしまうのが得策かもしれません。

また、出雲市から京都までの乗車券が手配されているので、大阪での途中下車(改札の外に出る場合)は前途放棄になります。大阪駅で観光等をしたい場合は要注意です。

 

下りと違い、上り列車は、備中高梁までの間に断続的にイベントが打たれています。高梁市の隣の新見市もパンフレットを配布するなど、沿線自治体の観光アピールも兼ねています。

地元への観光振興という面では、ダイヤ的にも上り列車に注力したいところですかね。(誰の視点でのコメントなんだ?(笑))

現在中庄駅で運転停車中。あとは山陽線を淡々と走行することになりますので、ここで一旦閉じたいと思います。

 

|

« West Express 銀河 京都発 初日速報 ~その2~(2020/09/11) | トップページ | 長野電鉄で旧車巡り(2020/10/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« West Express 銀河 京都発 初日速報 ~その2~(2020/09/11) | トップページ | 長野電鉄で旧車巡り(2020/10/23) »