TUBE Riders Meeting 2019(2019/10/31)

2年に1度のTUBEファンクラブミーティング。

一般チケットも発売されるという異例のツアー形式となりました。

さて、私が参加したのは最終日のパシフィコ横浜へ。

 

今回のツアーはファンクラブリクエストで、TUBE以外のアーティストの曲をカバーしたライブ。

世代的には被っているのか、はたまた新しいアーティストは少しなじみがなかったり…というランキングの曲でしたが、男女、曲調問わず幅広いジャンルの曲が演奏されました。

 

もう最終日なのでばらしてしまいますが、中西保志の「最後の雨」、THE ALFEEの「星空のディスタンス」が特に良かったですね。

まさかこの曲がリクエスト上位と思わず、感動&ノリノリで弾けました。

 

そして、後半はファンクラブ会員チケットの客だけで抽選会とTUBEの曲を。

確率的にはほぼ無理ゲーなので「Tシャツ」は当たりませんでした。が、TUBEの2曲「傷だらけのhero」とライダースのテーマソング「Forever Friends」が生で聴けたのは嬉しかったですね。最後は会場のみんなでコーラス♪

このところ少し気持ち的にも弱っていたので、ここで傷だらけのheroは効きますね。こうして、私の人生のジャストタイミングにTUBEが力をくれる。

ライブ終了後は、ロビーの一角を通って帰る間に、メンバーがお見送り。一瞬だったけど、間近で目が合うこの時間がイイですね。

 

ライブの余韻に浸りつつ、展示してあった過去のミーティング記録ボードを見てから、会場を後にしました。

| | コメント (0)

TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2019  NATSUNO・O・MO・TE・NA・SHI (2019/08/24)

今年もやってきましたTUBEライブです。
暑さは相変わらず。猛暑の中での開催となりました。

最近、開場前のグッズ販売に長蛇の列ができているというイメージだったのですが、今回は15時前に行ったところ待ち時間なしで購入できました。
Tシャツなど一部商品のみ売り切れで、私が求めていたハマスタコラボタオルは無事に購入できました。

さて、その後は友人と2人でTUBE縛りのカラオケ。
普段はTUBEのしかもマニアックな曲を歌えることがないので、ライブ前に一気に盛り上がり&バラードでしっとりいきます。

そして18時を少し回って開演。

これから映画館での上映もあるようなのでネタバレになってしまうのでセトリの具体的な内容は避けますが、なかなか踊れる曲が多かったように思います。そして、懐かしきあの曲も。さらには知っている人はかなりのマニア?な曲も。
また、噴水バラードには初めて?と思うような曲が来ました。
コレ、90年代の曲ですが、ちょうど音楽を聴きこんでいた年頃とちょうどマッチするので、思い入れも深い一曲でした。
ラストを飾るのはアルバム「浪漫の夏」からのナンバー。前田さんのMCからの流れに乗って、今回の終演を飾るに相応しい雰囲気で幕を閉じました。

今日はハマスタの内野に近いスタンド席で、スタンド席としてはなかなかいい位置で見られました。
お隣のファンもノリノリな方でした。アンコールの時には風船を頂きました♪

さて、野外ライブは終わりましたが、今年はファンミーティングの年でもあるので、秋から冬にかけてのミーティングにも期待したいと思います。
…ライブのような感じがしておりますが。

あ、それと、さいたまスーパーアリーナのライブが映像化されるようで、楽しみに待っています。

 

 

そういえば、武道館ライブの時に出てきた伊藤さん。スタジアムで何かやってくれるような雰囲気を出していましたが、今日は登場するどころか全く触れられていませんでした。オトナの事情なのでしょうか。。。

| | コメント (0)

TUBE武道館「LIVE AROUND 2019〜Smile! Happy! Ready!?〜」(2019/05/24)

TUBE2019年のアリーナツアー、東京公演は武道館で2日に亘る公演でした。

どちらも平日だったので、仕事上がりに…という状況ですが、私は今年初のTUBEライブとあって行く前からテンション上げていきました。

 

セットリストが若干違うという公式情報があったので、急遽ファンクラブ枠で確保していなかった初日も含めて連日の参加となりました。

さて、会場は日本武道館。2015年のライブ以来だったと思います。当時の「summer time」が印象に残っています。

 

ツアータイトルのSHRの意味するところ、元号なのですが、ライブも昭和、平成の時代を駆け抜けたTUBEの歴史を追うような構成となっていました。

が、なかなかマニアックな選曲で、これアルバムを相当聴きこんでいないとついていけないんじゃないかというくらいの曲たちが披露されています。

 

初日は左側2階席のかなり上の方から、2日目は真正面の1階席からの観覧となりました。初日ではあまりステージの演出がよく見えないところもありましたが、2日目に「あぁこういうことだったのね」という妙な納得感と共に、ステージ全体を見渡せた良席に感謝ですね。

あまり書くとネタバレになってしまうので控えますが、初日の終わりは、翌日へ続くエネルギーを、2日目の終わりは涙腺崩壊の名曲で締めくくりました。スタジアムの噴水で聴いたことはあったのですが、このような場面で聴くとまた違った印象を受けますね。ガンガンに弾け飛んだ最後の最後に、しっとりと聴き入るタイミング、そしてこみ上げる様々な思いと相まって、最高のエンディングになったのではないでしょうか。

 

次は横浜スタジアムで参加する予定です。夏の風物詩、野外ライブは今から楽しみです。

…さて、「伊藤さん」は面白いパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか。そういう意味でも注目したいです。

| | コメント (0)

MDR-5についていろいろ・・・(2018/09/16)

ブログを整理していたところ、埋もれてしまっていたコメントを見つけました。
エレクトーンのELシリーズのオプションであるMDR-5に関する記事です。

ただでさえ訪問者が多くない中で、せっかくコメントをいただきましたのに対応できておりませんでした。
改めて投稿したいと思います。まだご覧になっていましたら、ぜひ参考になさってください。

前回はこの記事です。


>>ところでFDからUSBに変換するのは何枚くらいされたんですか?

FDからの変換は20枚ほどができました。レパートリーのもあれば、練習曲集のものもあります。
stagea用のデータも入っていますので、MDR-5で変換したデータも同じUSBに入っています。

>>1個のUSB全部入りますか?それともいくつかに分けて??

1本のUSBで足りています。それほどデータ量は多くないような感じですので、FDが壊れる前にガンガン変換しています。

>>我が家には30枚くらい移行したのがあるんですが、その後のMDR5の使い心地はどうですか?

MDR-5の場合、stageaのようにディスプレイにフォルダ名などが出ませんので、どのフォルダに何を入れたか、ノートなどにメモしておくと、その後も使いやすいと思います。
どのフォルダがどの曲集のか、特に普段使わない曲集などは忘れてしまうので、これは大事なポイントだと思います。

>>ステージアに触ったこともないんですが、移行の作業はどれくらいかかりましたか??

モノにもよりますが、コミコミで1枚5分くらいでしょうか。
我が家にはstageaがないので、教室でレンタルしてひたすら変換しました。
結構、レンタルのコストがかかりますが、FDが使えなくなるよりはよっぽどいいので、できるものから順番にやっていくという感じです。


最近、メルカリなどを見ると、昔の曲集がFD付きで出ていたりして、我が家で読み込めなくなったFDも出ていることがあります。
そういう時は助かります。自分で組み立てられればいいのでしょうけど、時間もテクニックもないので、そこはFDに頼ることにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2018 夏が来た!〜YOKOHAMA STADIUM 30Times〜(2018/08/25)

タイトルにもあるように、TUBEが横浜スタジアム30回目の記念公演を迎えました。

記念すべきライブということもあって、グッズの売り上げも好調のようで、いつもの調子で15時過ぎに行ったらまだ行列ができていて、目当てのものは既に完売となっていました。
しかも、チケットも完売と。
…むむ、節目のライブということを甘く見ていた。

去年のカミナリライブがまだ記憶に新しい中ですが、今日は天候に恵まれて、まさに夏のライブ日和となりました。
Wowowでの生中継が入っていたのですが、普段とは変わらない進行でした。(最後は尺が余ったので、「ゆずれない夏」を聴くことができたのは嬉しい誤算です)
今回は最前列Aブロックでしたが、ステージ向かってかなり右側だったので、前は前ですが、かなり鋭角にステージを見る位置となりました。袖にメンバーが来たときは近いので大興奮ですね。

途中、前田さんがバイクに乗ってきた…と思って良く見たら、ベスパでした。
ん、Lady Septemberの歌詞にもベスパが出てきたよなぁ、この繋がりなのか!?と、考えつつ、この曲をふと思い出して感傷に浸ります。

大御所の加山雄三さんが途中出演して湘南MyLoveのコラボ、恒例の噴水曲は「灯台」で、最後は「Hot Night」で腕が上がらなくなるくらいまで完全燃焼しました。
他、いろいろと書ききれないくらいの楽しい構成で、笑いあり涙あり、エネルギーを発散したライブでした。

ふと思い起こすと、20回目のスタジアムライブは2008年ですね。10年という歳月はあっという間に過ぎ去ってしまったのかと、こういう場面でも痛感します。

まだまだ、これからも走り続けてください!
私もできる限り…付いていきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TUBE LIVE AROUND 2018 〜燦々・晴レルヤ!Yeah!Yeah!Yeah!〜(2018/05/16)

TUBEの2018年ホールツアーに参戦!
今日は千葉県の市川市文化会館にて。
毎度のことですが、ホールはメンバーとの距離が近くていいですね。

席は一階のほぼ真ん中、メンバーの目の高さくらいで、会場の雰囲気もほどよく感じられる場所でした。最近のホールは前半分くらいの席にはなるので、自分の運の良さに感謝。そして、お隣さんはお一人様でしかもかなりライブ慣れしていたので、ある意味気兼ねなく楽しめます。

※以降、若干ネタバレ風なのでご注意ください。

ホールということもあり当然編成はシンプルで、素人でも個々の音がよく聴こえてきます。
キーボードは初参加の神佐澄人さんと、お馴染み安定の宮崎裕介さん。神佐さんのバッキングがいい絡みを見せてて、新しい味付けになってたような気がします。

Bravo!からまさかの選曲が2曲もあり、ここへ来て聴けるとは思ってもいませんでした。
発売当時は、なかなか思い出深い時期でもあったのですが、音楽って聴いてた頃の思い出が一緒になって蘇って来るんですよね。
そういえば、香りもそうみたいですね。古民家の匂いで、子供の頃に田舎の家に行ったことを思い出すとか。

…話が逸れました。

演奏そのものでもいつものことなのですが、今回はファンのメッセージにも泣かされました。
みんな、いろんな想いをもって、人生を過ごしてきたなかで、同じTUBEの曲を聴いて明日へ向かっているんだなと感じました。
いつか笑い飛ばせる日が来るまで…

さて、アンコールでは、7月発売の新曲が披露され、「これぞTUBE」という爽やかで軽快なナンバーでした。
TUBEといえば真っ先に90年代の曲が思い浮かぶ世代としては、キャッチーに夏を歌い上げるこの曲は直球ストライクなのではないかと思います。
また、2メロの歌詞では、セミの声をオーケストラに例えたくだりがあり、TUBEらしいセンスを感じました。音源でじっくり聴きたいですね。

さぁ、次は恒例の横浜スタジアムライブ。
楽しみにしてます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TUBE LIVE AROUND 2017 Unknown4(2017/11/15)

TUBE冬のアリーナツアーが今日から始まりました。
全日程は3日。初日はさいたまスーパーアリーナにて行われました。

10年ぶりのアリーナツアー…とのことでしたが、前回はWINTER LETTERの横浜アリーナライブに行ったのが鮮明に覚えています。
当時と同じ曲が流れたときは感動しました。

私は仕事の関係で慌ただしい到着になってしまいました…が、オープニングはまさかの選曲。
そして、アルバム曲からの選曲が続きます。80年代の曲は生で聴く機会がほとんどないので、ライブでどんな曲が飛び出すのかは楽しみのひとつですね。

今回のツアーはサポートメンバーにもぜひ注目していただきたいと思います。私は毎回キーボードが気になるのですが、何か雰囲気が違う…けどどこかで見たことがあるという人がいますので、ぜひ会場で見ていただきたいと思います。

選曲、構成もいつもと違う流れだったので、ストックが多いのもそうですが、新しいことにチャレンジし続けるTUBEは毎回ライブに足を運びたくなる魅力がありますね。

さて、今日は2016年の大晦日ライブと今年の雷雨中断があった横浜スタジアムライブの模様を収録したDVDが発売となりました。
事情があってまだ見れていないのですが、どちらも聴きに行ったし、夏は雷の怖い目に遭ったので(本当に死ぬかと思った…)映像化は嬉しいですね。

残りのライブは参戦できませんが、今回のツアーも非常に満足の行く内容でした。
…そういえば、日本タンバリン協会会長がゲスト出演。なかなか面白かったです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TUBE LIVE AROUND SPECIAL2017 Sunny day(2017/08/19)

今年も参戦。
毎年恒例のイベントとなっています。

が、とにかく今年はライブ中にやってきたゲリラ豪雨のインパクトが強すぎて、他のことを書けないくらいなのですが、いつもの調子で書いていくことにしましょう。

当日の天気予報では関東地方は局地的な雷雨に注意とあったので、最近ほとんど乗れていない自転車で行こうかと思ったのですが、不幸にも豪雨に見舞われたときに収拾がつかなくなるので断念。
毎年のように電車で行くことに。

さて、開場周辺は夏の暑さと日差し。駅からグッズ売り場に行くまででも汗が吹き出るくらい。
2017年の東京は記録的な連日の降雨となってましたが、今日はそれを忘れさせるような「夏らしさ」が戻ってきた感じでした。…始まるまでは。
グッズ自体、1530過ぎにはTシャツやタオル系が既に完売になっており、今回は購入を断念しました。(ライブ終了後、TUBE公式LINEで通販対応のアナウンスがあったので、後日買うことにします♪)

オープニングはアコースティックなアレンジでまったりと進みました。いつもの野外のイケイケな感じではなかったので、また新たな試みなのでしょう。

今日は三塁側のスタンド席だったので、視界は良好。いつものように楽しんでいたところ…突如として襲来したゲリラ豪雨に伴う雷でライブは中断。
危険なグラウンド席から避難の案内があり、順にコンコースへ進むが、そこの収容には限界があり、私たちはしばらく豪雨に打たれながら列が進むのを待ちました。

スタジアムのような開放的な場所での雷は命の危険を感じますね。
本当にこれから雷に打たれて死ぬのか…あぁその前に家族に一言LINEでも…いやまてよ、本当に雷で死んだら最後のメッセージとかってよくテレビであるやつじゃん、やっぱりやめようか…とりあえず打っておこう…スマホに最後の映像が、とかやっといたほうがいいか…などいろいろ考えてしまいました。
それくらい怖かったです。

さて、移動しはじめてから20分くらいでしょうか、ようやく雨の当たらない場所へ。
そのまま待ち続ける。。。
幸い、私たちの回りではパニックや騒ぎにはならず、運営本部の判断を待つことに。

結局、一時間以上の中断を経て再開。
ただ、照明のほとんどが故障し、スタジアムの照明をつけての演出となりました。さらに、セットリストの短縮、イヤモニのトラブルなどありましたが、進行が変わっても炎や水、花火の演出があり、スタッフのみなさんの努力には感謝したいところです。
雨具の不備で服はずぶ濡れになりましたが、いつも一緒に野外ライブに行く友達から着替えを借りられたので、無事に生きて帰れました。ありがとう!


今年のTUBEは秋から冬にかけてアリーナツアーが予定されています。初のさいたまスーパーアリーナもラインナップに入っており、全国の迷所求跡ツアーをこなした後でも、まだまだ今年はTUBEを楽しめそうです。
…次は平日だけど、さて予定が組めるかどうか。。。

とにかく、今年の野外はゲリラ豪雨と雷による予定外の進行という、過去最高に思い出に残るライブとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TUBE LIVE AROUND 2017迷所求跡ツアー ~My Home Town~ @横須賀(2017/06/30)

5月3日からスタートしたTUBEのホールツアー。
今年はまさに「全国津々浦々」という表現が似合うでしょうか、名寄、音更、壱岐の島、六ヶ所村などの開催地がラインナップされています。

今日の公演はよこすか芸術劇場。
この会場ではTUBEの公演は初めてのようでした。オペラハウス仕様で5階席まである特徴的なホールです。5階から見下ろすアングルはなかなかないと思います。

6月7日に発売されたミニアルバム「sunny day」があるので、ここからは全曲が演奏されました。
他には、お馴染みのナンバーあり、懐かしいナンバーあり、バラードあり、新曲も加わってますます厚みを増していますね。
また、地元にちなんだ歌…ということでの一曲、なかなか斬新でした。ローカルな地名が次々に出てきて面白かったです。浦賀、追浜、衣笠…

今日の席は過去最高の近さで、メンバーの手の甲の血管が見える(わかりにくい(・・;))…目が合ったのがわかる距離でした。
前列でテンション上がっていたと言うのもあるかもしれませんが、メンバー&お客さんとの一体感の違いを肌で感じます。

おなじみのサポートメンバーであるカツオや玉ちゃんの姿はなく、キーボードの宮崎さんのみ。
ステージ上は5人で進行しました。
が、それを感じさせない厚みがありました。…って、単にアンプが近いからそう思っただけなのでしょうか。

さて、私が買っているツアーグッズはだいたいいつもTシャツになるのですが、今回のツアーでは通常のTシャツのほか、ドルマンスリーブのTシャツがあったのでそっちを買ってみました。
イラストもポップでいい感じです。さりげなくTUBEと入っているようなデザインがgoodですね。

今年のツアーは残すところあと8回の公演となりました。
最終日は何か特別なことがあるのかなぁ。残る公演も無事に走り続けてください。

そして、8月の野外も楽しみにしています♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TUBE ミニアルバム sunny day(2017/06/07)

TUBEの3枚目のミニアルバムが発売になりました。

ラジオで先行放送されていたshiny morningから始まり、相変わらずのTUBEらしさが光る6曲が収録されています。

作曲 前田亘輝、作曲 春畑道哉 のコンビに限らず、松本リョージ作詞の曲が入っていたりと、違う風が入っています。

個人的なお気に入りは、ギターの疾走感あるイントロから始まるVICTORYですね。
「こんなものをギアチェンジするのか」って思った作詞センスが好きです。私も、そんな風にギアチェンジして普段から頑張って行きたいと思いました。ぜひ、ライブで生で聴いてみたいです。

今年のライブツアー「迷所求跡」は今月末開催の横須賀会場で聴いてきます。
立派なホールのようなので、今から楽しみです。ホールツアーは野外と違ってメンバーと近いので、席抽選も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧