ドコモ 通話定額導入へ(2014/04/25)

ドコモは2014年4月10日、Xiで固定や他社携帯電話宛ての音声通話定額サービスを6月から導入すると発表しました。

通話定額という非常にインパクトのある新料金であるだけに、期待を持って見ていたのですが、どうやら誰しもが通話定額のプランになってしまうようです(従来からXiのプランを利用している人を除く)。つまり、基本料金が大きく値上がりする形になるので、音声通話をそれほど使わないユーザーは、十分に検討する必要がありそうです。

株式投資関係のニュースによると、ドコモユーザー全体の音声ARPUは1千円台前半であり、音声通話定額による増加分を考慮しても、従来比で減益にならない範囲での料金設定になっているのではないかと分析されており、経営的には影響は限定的と見られています。
…裏を返せば、音声通話のライトユーザーにとっては、基本料金の実質値上げという事態と見ることができ、パケット使用料とファミリー割引グループ内のユーザーの使い方によって、従来からのXiプランを継続していくかを判断する必要がありそうです。

今回の変更では、各ユーザーの状況によって損得、最適プランが大きく変わってくるので、個別の紹介は割愛します。代わりに、自分のプランを検討してみることにしましょう。


「パケット通信は2GB前後、家族でスマホユーザー(パケット定額ユーザー)は無し、端末はAndroidスマートフォン」と仮定し、変更とならない各種オプションを省略すると、
現行:
基本料タイプXiにねん 743円
Xiパケ・ホーダイ ライト 4700円   →計5443円

改正後:
基本料カケホーダイプラン(スマホ) 2700円
パケット定額データSパック(~2GB) 3500円 →計6200円

基本料カケホーダイプラン(スマホ) 2700円
パケット定額データMパック(~5GB)(ずっとドコモ割適用) 4400円 →計7100円


パケット定額が2GBで線引きされているので、今の使い方から少し節約してパケット定額Sパックの範囲内に収めたほうがよさそうです。
そして、音声定額プランについては、単純に音声通話が757円までであれば現行プランが有利となります。
通話時間が18分30秒以内なら、現行プラン継続ということですね。

さらに、現行プランならデータは3GBまで使えるので、意識して節約せずともデータ通信は十分使えそうです。
…グランプレミアステージなら、データSパックでもずっとドコモ割が適用されるので、カケホーダイプランも検討の余地がありそうですが、現状では契約年数が足りない。
ん、これがまさしく長期契約者優遇措置ということか(^_^;)
いずれにしても、当面の間は現行プラン継続となりそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

TCA2013年11月(2013/12/09)

iPhoneの供給が安定してきたこともあり、大手3社の11月純増は次のとおりとなりました。

NTTドコモ 9万3400
KDDI 19万200
ソフトバンクモバイル 23万7100

また、MNPにも少々流れが変わってきたかと伺わせる内容でした。
NTTドコモ -6万8600
KDDI 5万6800
ソフトバンクモバイル 1万2300

ドコモの草刈り場状態は変わりませんが、その度合いは低下してきているようです。
しかし、時期的に12月は年末商戦でキャンペーンを張っていることもあり、内容からするとKDDIの勢いが盛り返すのではないかと読んでいます。

ソフトバンクが意外にもMNPの勢いが失速しているのは気になるところです。
ドコモがどこまで巻き返しを図れるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドコモiPhoneは2013年9月20日から(2013/09/11)

ついに公式発表となりました。
新型「iPhone5s」「iPhone5c」は従来のソフトバンク、auに加え、ドコモから販売されることになりました。
9月13日予約開始、9月20日発売です。
5cの予約はドコモプレミアクラブのプレミアステージ会員なら、ウェブサイトでも可能となっています(初回は30000台、受け取りは店舗の見込み。5sは不明)。

アップルからはドコモからの発売に関して、別にプレスリリースを行っていることからも、期待の高さが伺えます。

各所から様々な予想が飛び交っていましたが、結果、ドコモからも発売という形に落ち着きました。
米国ではiPhone5sの16GBモデルが199ドル(2年縛り)ですが、MNPの過熱が予想される国内の販売にあっては、実質0円というラインが形成されるのではないかなと見ています。

MNPが始まり、他社がiPhoneを取り扱う中で、顧客の流出が続き草刈り場となっていたドコモ。このタイミングでのiPhone販売開始は、遅きに失したという評価がありますが、個人的にはちょうどいい時期だったのかと思います。
多方面で報道されているところによると、アップルが要求するiPhone取扱いに関しての条件が、ドコモの考えるビジネスモデルと折り合わなかったという点が、今までiPhoneを扱ってこなかった大きな要因かと思われます。
しかし、ここへきて顧客流出が続き、何とか歯止めをかけたいドコモと、サムスンをはじめとした海外勢のスマホに押されつつあるアップルの拡販の思惑が一致したものと考えられます。
今まで強気に出ていたアップルは、ドコモからの販売にあたり、条件面である程度の譲歩をしたのではないかと思います。
ドコモにとってみればその間に大きくシェアを落としましたが、アップルの要求する条件を加味しても、自社が考える事業展開の支障にならないと判断しての決定だったのではないでしょうか。


また、2013年夏モデルのツートップ戦略は、端末メーカーのふるい落としを狙っていたのではないかとの見方もできます。
サムスンとソニーの端末に対して重点的に拡販する戦略を取った結果、その他の端末の売れ行きは芳しくなりました。
その影響で、NEC、パナソニックと、PDC時代(いわゆる2G)に圧倒的なシェアを持っていた2社がスマホ事業から撤退するとの報道は記憶に新しいと思います。
生き残った中で、2013年冬モデルは3機種を重点的に販売する方針が伝えられていますが、先行してiPhoneがラインナップに加わってきます。
ドコモはあくまでもiPhoneはラインナップの一部という考え方のようで、そのような戦略をとれるのも、アップルとの交渉がこのタイミングで成立したことが影響しているのではないでしょうか。


朝方5時すぎに、ドコモのウェブサイトにもプレスリリースとして掲載されています。…内容はアップルのプレスリリースの日本語版です。
料金プランを含めた詳細は今後発表されることと思いますので、追っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぁいよいよドコモから出るのか(2013/09/09)

各所から、ドコモからiPhoneが発売になるというニュースが報じられているところです。
転出超過が止まらないドコモと、iPhone拡販を進めたいアップルとの思惑が一致しての動きと読まれているようですが、真偽は日本時間11日の発表会を待ってということですね。

期待を込めてというバイアスがあるのかとも思いますが、多方面の記事を見ていると、概ねiPhone発売の流れが圧倒的です。
一部に否定するような記事がありましたが、根拠となる要素が弱い部分があるため、個人的にはこの流れを否定するまでのものではないような気がしました。

さぁ、ドコモでの扱いが始まれば、業界の構図が再び変わるのか。
au、ソフトバンクではiPhone専用プランを用意し、料金面でも優遇されている状態です。ドコモがこの措置を仮にしなかった場合、料金面での優位性を超えてドコモを選択するまでのメリットがあるかどうかという点が、少し気になります。
一方で、ドコモのAndroidユーザーからしてみたら、iPhoneだけ優遇されているのは不公平感が漂います。トップシェアのドコモがこの辺りの舵取りをどうするか、注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンクモバイル2013夏モデル発表(2013/05/07)

ソフトバンクモバイルの2013年夏モデルが発表となりました。

スペックマニアの観点から行くと、やはりシャープ製端末の「AQUOS PHONE Xx 206SH」が目を引きます。
フルHDディスプレイに3000mAを超えるバッテリー容量、フルセグ試聴と、スマートフォンの進化がまだ終わっていないことを表しています。
高機能化によって犠牲となるバッテリーの持ちですが、消費電力を抑える各種技術はもちろんのこと、容量アップという視点からもユーザーの要求に応えています。


もう1つ注目は、シンプル系スマートフォン「シンプルスマホ SoftBank 204SH」。
ドコモでは先行して「らくらくスマートフォン F-12D」が発売されていますが、それと比べて、アプリがインストールできない、搭載されているデバイスが少ないなど、あえて機能を削っているのか、スマートフォンである意味を問われかねない設定となっています。
これは、ターゲットとしているユーザーがどこまで使うかということを分析してのものだと思うので、それなりの狙いはあるのでしょう。
データ通信の料金体系は2980円/500MBと、ドコモと同水準。

これだけ料金がかかるなら、今まで通りのガラケーで十分。もしくは、だったらもうちょっとかかっても普通のスマートフォンに…というのはITにどっぷりつかった世代の考え方なのでしょう、きっと(^^ ;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドコモ dtab(2013/04/16)

13041601

ドコモから発売されているタブレット「dtab」買っちゃいました。
Nexus7でも買おうかなと思っていたところに、dtab発売のニュースが飛び込んできたので、発売開始を待っていました。
ドコモオンラインショップでの先行発売だったので、キャンペーン価格適用の関係で4月1日に申し込み、約1週間後に届きました。

13041602


wi-fi環境がスマートフォンのテザリングのみという貧弱な環境のため、通信速度などは比較になりませんが、端末の動作については不都合を感じません。これもクアッドコアCPUのおかげでしょうか。

OSはAndroid 4.1で、「しゃべってコンシェル」「フォトコレクション」などドコモクラウドのサービスに対応しています。また、Google Playにも対応しているので、スマホで使っていたアプリが使える点は評価したいですね。キャリアが先導して開発してきたようなこの手の端末にありがちな、独自サービスのみ対応という姿勢にならなかったのは、今までのドコモから変わってきたのかと感じさせます。

とは言っても、狙いはamazon化。dマーケットをはじめとした有料課金システムをどれだけ利用してもらえるかが、このタブレットの明暗を分けるポイントだと思います。

タブレットは初めての利用のため、比較はできませんが、普通に使う分には今のところ不都合を感じません。外出先はスマホ、自宅でタブレットという使い方であれば、バッテリーは十分に余裕があります。

2013年9月末まで、条件が合えば9975円という破格のキャンペーン価格で購入できます(実質総額はdビデオ7カ月分を入れて13650円)ので、ドコモユーザーの方は検討してみる価値はあると思います。
条件は以下の内容ですので、参考までに載せておきます。

-----------ドコモHPより抜粋---------
ドコモ契約者のうち、「spモード」および「(別ウインドウが開きます)dビデオ」を規定利用期間ご契約いただける方が対象です。
規定利用期間は、dtab購入月+6か月間(購入日が1日の場合は6か月間)で、規定利用期間中に途中解約などの場合、12,600円の解除料がかかります。
dビデオのお申込みにはドコモUIMカードが挿入可能なdビデオ対応端末をお持ちいただいていることが必要です。
dビデオは、規定利用期間満了日の翌月までの契約が必要です。解約月を含め、最低8か月分(購入日が1日の場合は最低7か月分)の月額料金がかかります。(dビデオは、月途中で契約または解約された場合でも1か月分の月額料金がかかります。)
キャンペーン価格での購入は、1回線につき1回に限ります。
上記価格はドコモオンラインショップでの価格となり、ドコモ取扱い店の販売価格は店舗により異なります。
------------------------------------


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドコモ2013春モデル発表(2013/01/24)

ドコモが先日、2013年春モデルを発表しました。
5インチのフルHDディスプレイを搭載したスマートフォンが複数ラインナップされています。
スマートフォンもフルHDの時代がやってきました。

面白いのが、10.1インチのWi-Fiタブレット「dtab」。Wi-Fiのみサポートし、ドコモのネットワークには非対応という異色の端末となっています。
3月の発売から9月末までのキャンペーン期間中は、端末が9975円で販売される見込みです。(条件あり)
ただ、解像度が1280×800ドットということで、10.1インチならばもう少し頑張って欲しかった感は否めません。
イメージとしてはNexus7の画面を大きくしたスペックということになるでしょうか。
ちょうど、タブレットを探していたので、購入候補の一つに入れておこうかと思います。

もう1つの注目が「MEDIAS W N-05E」。
折りたたみ式のスマートフォン。折りたたみといっても、従来の携帯のような内側にディスプレイがある形ではなく、外側に2つの画面が付いています。
スペックも十分でギミックも面白いのですが、いかんせん、どうやって使うか、この端末を使うメリットが見いだせなかったので、単なる興味で終わってしまいそうな端末でもあります(^_^;)


MNPの草刈り場となっているドコモですが、基本料無料施策等による値下げ攻勢、dtabに見られるような新たな施策を打っていますが、若干「迷走」しているように感じてしまうのは僕だけでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TCA11月 ドコモ純減(2012/12/09)

2012年11月の携帯各社契約数では、ドコモが5年ぶりに純減を記録しました。

iPhone5の影響が大きいようで、2社へ流出する格好となっています。
決定的な打開策が見いだせない中で、また冬モデルの投入タイミングもあってか、11月は4万800件と過去最大の純減を記録しました。
対照的なのはiPhoneを投入している2社。ソフトバンクモバイルが30万1900件、KDDIが22万8800件と大幅に契約数を伸ばしています。

いよいよ、ドコモiPhone投入となるのか。
アップルからの要求に対して相容れない部分があるため、現時点では投入には積極的な姿勢は見せていない。このままの状態が続けば、方針転換せざるを得なくなってくるのではないだろうかと推測します。しかし、莫大な契約者数を抱えるガリバーが、多様な端末を販売する中で、iPhoneの販売数を稼ぐことができるのかどうかは少し疑問が残るところですね。先行している2社は専用プランを用意するなど、他の端末よりも優遇して拡販施策を取っていることからみても、現状で端末だけを取り扱うのはドコモといえど難しいのではないかと感じています。

さて、12月はボーナス商戦であり、年度末に続いて契約数が伸びる月でもあります。結果は如何に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

AQUOS PHONE ZETA SH-09D(2012/07/05)

先週、ようやくスマートフォンデビューしました。

12070502_2

購入したのは「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」です。
ARROWSと迷いましたが、必要な機能はほぼ搭載されており、端末デザインと長年使ってきたシャープ製端末への信頼から、こちらの機種にしました。
今回もビッ○カメラで購入。一括支払いで10%のポイントがつくので、分割にするよりかなりおトクです。月々サポートの割引が24カ月続くので、当面の間は月々の支払いも安くなり、精神的にも良いですね。
店頭でのオプション加入割引と、24か月分の割引を加味した端末の実質価格は約12000円でした。継続10年以上の方は月々サポートの上乗せがあるようですので、これよりさらに下がるでしょう。


さてさて、フィーチャーフォンからの機種変更ということで、料金プランから何からガラっと変わり、操作性を含めてまだまだ戸惑っているところです。

ドコモのLTEサービス「Xi」に対応しているのですが、いかんせん、サービスエリアが気になるところ。お世辞にも都会と呼べるところには住んでいないので、今年当初の予定では、今頃でも自宅付近がエリアに入っていませんでした。
ところが、エリア拡大が前倒しになったのか、現在はLTEで接続ができています

↓LTEで接続中
12070501


使い方にもよると思いますが、スマホにしてみて思ったのは多機能故に動作が若干遅く、究極のサクサク操作を求めた場合はフィーチャーフォンに軍配が上がりますね。特にメールの確認、返信などのやりとりするような状況だと、画面遷移でのもたつき感が否めません。

ただ、その他のアプリケーションへのアクセスはアイコン式になっているのでストレスはないですね。また、マルチタスク機能が素晴らしいですね(…って当たり前か)。今までは最大3タスク(実質は2に近い)だったのでこれは雲泥の差です。

使い込んでいくうちに自分なりの使い方が確立されてくると思うので、気長に使っていきたいと思います。
…今回は落下させて防水機能を損なうことのないように、シリコンカバーを購入。ほどほどのホールド感ができて操作性は良くなりましたね。

あ、よく話題になる電池の減りですが、ディスプレイを表示させる時間で決まるような印象です。いじくり回すとあっという間に減っていきます。
逆に、全く端末の操作をしないときは4時間経っても数%しか減りません。追加の常駐アプリがほとんどなく、不要な通信機能は切っているのも影響としてあると思いますが、それを加味してもこれだけの違いが出るのは驚きました。
ということで、普段は電池切れに備えてドコモのポイントで購入した大容量のポケットチャージャーを持ち歩くようにしています。フィーチャーフォンの時もポケットチャージャー持っていましたが、スマホになると使用機会が増えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドコモXiパケット料金改定へ(2012/06/21)

ドコモXiのパケット料金プランに通信量上限を下げた、「Xiパケ・ホーダイ ライト」が登場。
9月から予約受付で、10月から開始となるようです。

現在、「Xiパケ・ホーダイ フラット」では上限7GBで月額5985円ですが、この「ライト」では上限3GBで月額4930円となります。「Xiパケ・ホーダイ フラット」は9月いっぱいまでは1050円引きの月額4930円で利用できるので、値引き終了後も通信量上限が半分以下になってしまいますが、同様の月額4930円で利用できるようになります。
なお、通信量上限に達した後は、通信速度が上り下りともに128kbpsに制限され、追加料金(2GBごとに2625円)の支払いにより制限が解除されるのは従来通りです。

「Xiパケ・ホーダイ ライト」の設定により、通信量が3GB以内のユーザーであれば、FOMAからの乗り換えの場合でも実質500円程度の上乗せでXiが利用できることになり、またXiはデザリングも料金に含まれるので、デザリングを使うユーザーにはメリットが大きいのではないでしょうか(通信量にもよりますが)。
コレ、1GBくらいに落としてさらに安い設定でできないかしら?
…と言っても、今はフィーチャーフォンのため月150MBくらいの通信量ですが、スマートフォンになるとわかりませんね。さすがに1GBだと上限突破してしまうかもしれません。


さてさて、話題は変わって、AQUOS PHONE ZETAが22日から予約受付を開始との発表もありました。

現時点では29日の発売ということになっているようですが、僕はこの端末を狙っていこうかと思います。


先日、2in1を解約し、約1年半ぶりに2台体制に戻りました。
Xi契約では2in1のオプション設定が無く、Bナンバーを強制的に分離することになるので、早めに手続きをしておきました。

Bナンバーは2in1にする前からバリュープラン適用だったので、再度バリュープランSSを選択。月額基本料980円で無料通信分1050円が付いてくるので、実質0円で維持できます。
2in1解約によりBナンバーのメールアドレスが無くなってしまったのが痛いですが、とりあえずはiモード不要で音声通話のみとしました。
さぁ、発売日を待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧